旅×自転車 記事

【滋賀県】プロがすすめる守山市発着 琵琶湖ルート!ビワイチ推奨コースマップの紹介

MORIYAMA CYCLING MAP(守山サイクリングマップ)

ビワイチ推奨コースマップは、守山市が作成したサイクリングマップです。
このマップの特徴は、

  • 琵琶湖の周辺を走る7つのルートを、日本体育協会公認スポーツ指導者の三船雅彦氏によるワンポイントアドバイスを添えて紹介
  • STRAVAやYouTubeでルートのチェックができるよう、QRコードを掲載

していることです。

マップPDFはこちら

ビワイチ推奨コースマップに掲載されている情報

サイクリングルート

ビワイチ推奨コースマップには、観光、グルメなどを楽しめるスポットが満載の7つのルートが掲載されています。
「ビワイチ」は気軽にショートカットして戻れないので、しっかり準備をして計画を立て、安全に走りきることが肝心です。

No. ルート名 特徴 距離
(km)
難易度
1 守山~近江八幡~彦根ルート びわ湖を眺めながら湖岸を走る散策ルート 97.3 初級
2 守山~旧東海道~水口・土山ルート 湖東歴史散策とダムの絶景巡りルート 104.6 中級
3 守山~琵琶湖大橋~朽木・高島ルート 鯖街道から湖西道路へ、琵琶湖を一望できるルート 93.3 上級
4 守山~東近江~日野ルート 奥永源寺の渓谷と日野商人の町を行く 109.0 上級
5 守山~瀬田・信楽・草津ルート 瀬田側から自然豊かな信楽を越え、美しい市街地へ 93.4 中級
6 京都山科・小関越え~守山ルート 山科発、小関越えで守山へ行こう! 43.5 初級
7 守山~琵琶湖一周(ビワイチ)ルート 無事に走り終えたときの感動と達成感が魅力 190.1 上級

コース一覧ページはこちら

 

拠点施設

ピエリ守山

無料駐車場が朝7時30分から利用でき、琵琶湖を眺めながらスイーツやグルメが楽しめる施設。サイクリングの発着地としてオススメです。

 

飲食店情報

茶丈藤村

石山寺の門前の和菓子店。工具一式常備しており、コースに詳しいスタッフがいるのも心強いです。輪行バッグの貸出もあります。

 

CAFE INTRO

琵琶湖に張り出した烏丸半島の中心に佇むカフェ。サイクルスタンドや基本工具を揃えていてサイクリストのサポートは万全です。

 

ゆうき茶屋(団喜)

幻と称される滋賀羽二重と香り高い小豆の大福餅は、ビワイチスイーツの定番。サイクリストにとってエネルギーチャージ&一日の癒しには最高の一品です。

 

madocafe

大きな窓からのレイクビューが人気のカフェ。ウッディーなインテリアがおしゃれで、ゆったりと琵琶湖を眺めながら、旬の地元野菜を使った週替わりのヘルシーランチをお楽しみいただけます。

 

近江牛レストラン岡崎

直営の岡﨑牧場でのみ肥育する近江牛の中でも最高級と評される近江日野牛が食べられる、落ち着いた雰囲気のレストラン。併設する精肉店でも近江牛をお買い求めいただけます。

 

立ち寄りスポット

彦根城・キャッスルロード

彦根城は国宝に指定されている天守をはじめ、重要文化財も多くきわめて保存状態のよい城跡。城下町の雰囲気が印象的な夢京橋キャッスルロードは地元名産のお土産やグルメが味わえます。

 

佐川美術館

比叡・比良山を仰ぐ、琵琶湖のほとりに佇む佐川美術館。建物を取り囲むように水庭を配置したその姿は「水に浮かぶ美術館」とも称されています。

 

青土ダム

ダム湖畔にある青土ダムエコーバレイでは、キャンプや釣り堀などで自然を満喫。ログハウス風のコテージでは喫茶・軽食で休憩もできます。ここから鮎河地区まで続く桜並木は壮観のひと言です。

 

日牟禮八幡宮

八幡山の南麓に鎮まる、千年以上の歴史を誇る厄除、開運の神社。近世は近江商人の信仰を集め、「左義長祭」や「八幡祭」は全国的にも有名です。

 

サイクルサポートステーション

滋賀県内のコンビニや道の駅、飲食店、ホテルなど県内100ヶ所以上で、トイレや空気ポンプなどの貸出をおこなうサイクリストのおもてなし拠点を整備しています。青いのぼりが目印。

 

琵琶湖サイクリストの聖地

守山市の第二なぎさ公園に設置されている、琵琶湖サイクリストの聖地碑。サイクリングの記念撮影スポットとして知られています。

 

マップの入手方法

以下の場所の他、守山市内の自転車販売店等で配布されています。

  • 守山市役所 総合政策部地域振興・交通政策課
    〒524-8585 滋賀県守山市吉身2-5-22
    電話 077-582-1165

※2019年9月現在、在庫少。リニューアル版が完成次第、増刷・配布予定とのことです。

 

実際のサイクリングレポートはこちら


  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー