旅×自転車 記事

自走でビワイチから帰阪してみました!【第3編】

自走でビワイチから帰阪してみました③_04

※この記事は2019年5月8日に公開されたものを2021年2月に更新したものです。

こんにちは!

TABIRIN (たびりん)編集部です。

1泊2日のビワイチ旅を3回に分けて掲載させていただきましたが、いよいよ最終回です。

初日は絶好の天気に恵まれましたが、2日目は昼から雨の予報…。

なるべく早めに起床してのサイクリングになりました。

前回までの記事はこちらから。


ビワイチ最終日スタート!

宿泊地の「エクシブ琵琶湖」から「琵琶湖大橋」へ

自走でビワイチから帰阪してみました③_01

眠い目をこすりながら、少し早めに起床&出発です。

せっかくなので宿の前で記念撮影。

少し肌寒いくらいなので、しっかり着込んでこの日のサイクリングにのぞみます。

写真撮影もそこそこに、昼からは雨の予報なので、今日は少し急ぎ足で進むことにしました。

まずは琵琶湖のすぐそばを通過していきます。湖周道路は交通量も多く大型車も多いため、できる限り旧道を使うのが安全ですし、気持ちが良いのでおススメです。

桜満開の「近江八幡キャンプ場」を通過して小休止

途中、休暇村近江八幡キャンプ場を通過しますが、まだまだ桜が満開です。

休暇村近江八幡キャンプ場の詳細情報はこちらから。

休暇村経由の気持ちいいワインディングを走り抜けた後は、しばしの小休止です。

この道は景色もいいし、程よいアップダウンもあるので、ビワイチの中でおススメのスポットのひとつです。

自走でビワイチから帰阪してみました③_02

ここからは、交通量も多いため、自転車道を進みます。あいにくの空模様で、自転車はあまり見かけませんでした。今にも降り出しそうなので先を急ぎます。

「琵琶湖大橋」に到着!自走組は大阪へサイクリング続行

自走でビワイチから帰阪してみました③_03

マイアミ浜あたりで、やはり雨がポツポツと降り出してしまいました。

小雨が降る中、琵琶湖大橋に到着!

ここで輪行組と別れ、自走組は大阪を目指します。雨も本降りになってきたので、雨対策&腹ごしらえです。

雨の日は、とにかく体を冷やさないようにすることが重要です。ウインドブレーカーと雨具&冬用装備で何とかしのぎました。

自走でビワイチから帰阪してみました③_04

ここからは雨なのであまり写真は撮れませんでしたが、いくつか峠を越えて、桜のキレイな川を見つけたので、記念に撮影しました。

天気がよければとってもキレイと思います。

ビワイチのおすすめ休憩スポット

雨のために完走することが最優先になってしまいましたが、ビワイチのルート上には魅力的な場所が他にもたくさんあります。

余裕あるサイクリングの際にはぜひ立ち寄りたい、おすすめのスポットを紹介しますので、旅の参考にしてください。

佐川美術館

今回のゴール地点になった琵琶湖大橋からすぐの場所にある、佐川急便の創業40周年記念にオープンした美術館です。

平山郁夫や佐藤忠良など、日本を代表する芸術家たちの作品を見ることができます。湖畔に浮かぶ建物自体も魅力的で、外から見るだけでも楽しめますよ。

住所 〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
開館時間 9:30~17:00
休館日 毎週月曜日・年末年始

道の駅草津

琵琶湖に向かって突き出した烏丸半島のそばにある道の駅です。

広大な芝生のスペースや展望台があって、自転車を停めてのんびり休憩するのにぴったりのスポットです。

地元の新鮮な野菜や近江米を使ったメニューで腹ごしらえすることもできます。

住所 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1436
営業時間 9:00〜18:00(7月〜8月は19:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)・12月31日〜1月2日 (7月〜8月は無休)

ビワイチは仲間との一体感が生まれ、最高の旅だった!

さて、いかがでしたでしょうか。

宿泊を含むサイクリングは、仲間との一体感も生まれますし、少し遠出も可能になります。

荷物は増えてしまいますが、工夫して自転車に積載すれば、支障なく走行することができます。

皆さんもぜひ宿泊してのサイクリングに出かけてみませんか?

当メディア・TABIRIN(たびりん)には、他にも宿泊を含むサイクリングレポートが多数あります。

その中でも湖畔を走るサイクリングを厳選しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。



【ビワイチの情報はこちらから】

【本日のサイクリングルートはこちらから】

Cycle Route 5682712 – via Bikemap.net Open Route in Bikemap App

(執筆:n.k)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー