旅×自転車 記事

自走でビワイチから帰阪してみました!【第3編/第3編】

こんにちは!たびりん編集部です。大型連休も終わりましたが、皆さん自転車でどこかに出かけましたか?後半は天気も良く暑いくらいの日差しでしたね。さて、1泊2日のビワイチ旅を3回に分けて掲載させていただきましたが、いよいよ最終回です。初日は絶好の天気に恵まれましたが、2日目は昼から雨の予報。。。なるべく早めに起床してのサイクリングになりました。前回の記事はこちらから。

1. エクシブ琵琶湖→近江八幡キャンプ場

眠い目をこすりながら、少し早めに起床&出発です。少し肌寒いくらいなので、皆さんしっかり着込んでいます。昼からは雨の予報なので、少し急ぎます。せっかくなので宿の前で記念撮影です。

自走でビワイチから帰阪してみました③_01

そして、琵琶湖のすぐそばを通過していきます。あいにくの曇り空ですが、それでも気持ちいいです。湖周道路は交通量も多く大型車も多いため、できる限り旧道を使うのが安全ですし、気持ちいいのでおススメです。

2. 近江八幡キャンプ場→琵琶湖大橋

途中、休暇村近江八幡キャンプ場を通過しますが、まだまだ桜が満開です。
休暇村近江八幡キャンプ場の詳細情報はこちらから。

休暇村経由の気持ちいいワインディングを走り抜けた後は、しばしの小休止です。この道は景色もいいし、程よいアップダウンもあるので、ビワイチの中でおススメのスポットのひとつです。

自走でビワイチから帰阪してみました③_02

ここからは、交通量も多いため、自転車道を進みます。あいにくの空模様で、自転車はあまり見かけませんでした。今にも降り出しそうなので先を急ぎます。

3. 琵琶湖大橋→大阪

マイアミ浜あたりで、やはり降り出してしまいました。小雨が降る中、琵琶湖大橋に到着です。ここで輪行組と別れ、自走組は大阪を目指します。雨も本降りになってきたので、雨対策&腹ごしらえです。雨の日は、とにかく体を冷やさないようにすることが重要です。ウインドブレーカーと雨具&冬用装備で何とかしのぎました。

自走でビワイチから帰阪してみました③_03

ここからは雨なのであまり写真は撮れませんでしたが、いくつか峠を越えて、桜のキレイな川を見つけたので、記念に撮影しました。天気がよければとってもキレイと思います。

自走でビワイチから帰阪してみました③_04

さて、いかがでしたでしょうか。宿泊を含むサイクリングは、仲間との一体感も生まれますし、少し遠出も可能になります。荷物は増えてしまいますが、工夫して自転車に積載すれば、支障なく走行することができます。皆さんもぜひ宿泊してのサイクリングに出かけてみませんか?

【ビワイチの情報はこちらから】

【本日のサイクリングルートはこちらから】

関連記事

(執筆:n.k)

 

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー