旅×自転車 記事

【北海道】北の大地・網走で雪上サイクリング。ファットバイクで楽しむ冬ライド


一度は雪の上を自転車で走ってみたい!という思いを実現すべく、極寒の北海道、網走での雪上ファットバイク体験をしてきました。
北海道の大自然を満喫しながらのファットバイク体験、観光名所にも立ち寄るという、北の大地での充実した楽しいライドの様子をご紹介します。

関西国際空港発~女満別空港着

関西国際空港から女満別空港まで飛行機で約2時間。
雪で隠れてしまっていましたが、空港にはサイクルステーションがありました。

女満別空港から網走市街までは約20kmと近く、車で30分ほどでとても便利です。
空港近くでレンタカーを借りて網走の中心まで移動しました。

網走湖(あばしりこ)

冬の網走湖は広く美しい雪原になっています。

せっかくなので歩いてみることに。なかなかの雪深さでした。

白銀の世界とはまさにこういう景色ですよね。

とても幻想的でした。

ワカサギ釣りのテントがたくさん出ていました。
1月〜3月頃に訪れるとこのような風景に出会えますよ。

博物館網走監獄

網走といえば網走刑務所。実際に網走刑務所で使用されてきた建物を保存公開している「博物館網走監獄」を見学しました。

サイクリングスタート地点「道の駅流氷街道網走」

「道の駅流氷街道網走」は観光案内所や地域特産物販売コーナーがあり、流氷砕氷船「おーろら号」の発着場にもなっています。
風が強かったため「おーろら号」は運休になっていましたが、船の中を無料で見学することができました。

網走のクラフトビールも販売していました。

雪上ライドスタート

「道の駅流氷街道網走」から、JR釧網線(せんもうせん)北浜駅を目指して往復20kmほど走ってみることにしました。
知人が用意してくてたファットバイクを準備して、いよいよ念願の雪上ライドスタート。ファットバイクはタイヤが太く安定感があるマウンテンバイクタイプの自転車で、寒冷地や悪路を走行するための自転車としても適しているそうです。
(※通常であれば車道を走るのですが、この時の雪の状況で歩道を走ってくださいという指示があり歩道を走りました。)

走り出してまもなく海で白鳥達に出会いました!

こんなに寒い環境で生きている姿に感動。知床方面にずっと海沿いを進みます。
休憩するためにコンビニを探したのですが、あいにく見つからず、ガソリンスタンドで少し休憩させてもらいました。
北浜駅までもう一走りです。

北浜駅へ到着

北浜駅は、“流氷に一番近い駅”と言われているそうで、目の前はパノラマのオホーツク海。
流氷が来たら一面陸のように見えるそうです。

待合室には沢山の貼り紙があり、訪れた人たちの思い出が一杯です。

この小さな無人駅には、元駅長室を改装してつくられた喫茶「停車場」があります。
ここで昼食を食べて、残りのライドに向けエネルギーチャージです。

国鉄時代の列車の座席や網棚などもあり、映画のロケにもよく使われているそうです。

レトロな店内は落ち着いた雰囲気。

ハンバーグ定食と食後のドリンク。定食やラーメン、パフェなどメニューも豊富でした。

展望台で絶景を堪能

駅の隣にある展望台へ行くと、こんな絶景が。
空の青さと雪の白さのコントラストがすごく綺麗。快晴だともっと美しい景色に出会えそうです。

お天気に恵まれると知床連山も見えるようです。

海の色も澄んでいてとても綺麗でした。

電車の本数が少ないので、雄大な景色と電車を撮りたい方は必ず時刻表の確認をおすすめします。

北浜駅からスタート地点へ

いざ帰路へ。
北浜駅からスタート地点へと引き返します。
道中、向かい風が強くなることもあり、なかなかのトレーニングに、、、。
さすが北の大地ともなるとこんな風も吹くのかと思いながら走っていると、「この風は流氷を運んでくる風だよ。」と現地の方が教えてくれました。
流氷がきたら、流氷を見ながらのライドが楽しめます。

雪上ライドに適した服装

流氷が来るとぐっと気温が下がりマイナス20度になることもあるそうです。
この日はマイナス5度ほどでしたが、風が強く体感温度はさらに低かったように思います。
ただ、機能性の高いインナーや温かい服を重ね、手袋は2枚重ねていたので、走っていると全く寒さを感じませんでした。
もちろん、このような環境でのサイクリングには耳あては必須です。

ファットバイクで雪上ライドを体験した感想

雪の上を走るということ自体がとても新鮮で、20kmほどの距離ですが普段とは別世界でのライドができ、とっても良い経験になりました。
初めてのファットバイクは、タイヤが太く安定感があるため雪の上でも走りやすく、想像していたよりもすぐに乗りこなすことができ、魅力的な自転車だということを知りました。
マイファットバイクはないですが、凍結した網走湖の上でファットバイク体験ができるツアーや、流氷を見ながら走るツアーもあるので、また参加してみたいなと思っています。

夏はオホーツクサイクリングロードなどにも、またぜひ訪れたいです。

執筆:Sugar
石川県金沢市出身、大阪在住。
旅が大好きで、長年旅行会社で勤務。
しまなみ海道をレンタサイクルで走り、サイクリングの魅力に引き込まれました。
今は旅先を自分の自転車で走り、ゆっくりと観光したり、写真を撮ったりできる輪行旅に夢中です!

コース紹介

▼博物館網走監獄
https://www.kangoku.jp/

▼流氷観光砕氷船おーろら
https://www.ms-aurora.com/abashiri/

▼喫茶「停車場」
https://suzuki-syusaku.com/teishaba/

▼ファットバイクツアー情報
https://connectrip-okhotsk.com/
https://www.abakanko.jp/news/notice/fatbike-tour.html

関連記事


  • この記事がいいねと思ったら
    •  3
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • サイクリングレポート(記事下部)
    サイクリングレポート(記事下部)
    編集部おすすめ
    ランキング