旅×自転車 記事

【高知県】輪行バッグの無料貸し出しサービスが画期的だった話|高知の自転車旅物語 最終話

高知の自転車旅物語 最終話です!

最終話では、土佐くろしお鉄道およびJR四国が行う輪行バッグ無料貸出サービスを利用し、東京へ帰る話をお届けします。

Part.1>>飛行機に乗り遅れた記事
Part.2>>高知空港の輪行環境の紹介記事
Part.3>>高知空港から宿毛市までのサイクリング記事
Part.4>>自転車旅人「西川昌徳さん」の講演会記事
Part.5>>西川さん&宿毛市の方々との交流記事

 

土佐佐賀から輪行バッグの貸し出しを行っている中村駅へ

さて、西川さんと土佐佐賀で別れ、13:30にサイクリングを再スタートです。

土佐湾
▲土佐湾を左手に望みながら走ります

来た道を1時間ほどかけて中村駅に戻ります。

なぜなら、ここで自転車向けの画期的サービスを行っているからです!

それは「輪行バッグの貸し出しサービス」です!これは素晴らしいサービスですよ!しかも無料!

要は手ぶらで自転車を鉄道に乗せられる訳です。スゴイ!

高知県内の主要な鉄道駅で利用できます。詳しくはコチラ↓

 

輪行バッグの貸し出しサービスを実際に利用してみた

中村駅
▲輪行バッグは中村駅でレンタルができます

ここで実際に輪行バッグの貸し出しサービスを利用してみたいと思います。

利用申込は中村駅の改札の窓口です。申込用紙に必要事項を記入するだけ。手続きはほんの5分で完了です。

利用申込書

コチラが無料でレンタルできる輪行バッグです。OSTRICH(オーストリッチ)の「ロード520」でしょうか?

OSTRICH(オーストリッチ)ロード520
▲輪行バッグはOSTRICH(オーストリッチ)製です

早速自転車を解体して輪行バッグにつめ込みます。エンド金具、ショルダーベルト、中締ベルトが付属しています。

自前の輪行バッグはショルダーベルトが無くなってしまっているので、とても助かります。

中村駅前にて
▲中村駅前で輪行バッグに詰め込む準備

つめ込みました。デザインは高知出身でアンパンマンの作者「やなせたかし」さんによるものです!これは目立つ!!

サイクリストが歩く広告塔になりそうですね。

梱包完了
▲やなせたかしさんデザインの輪行バッグです

そして、土佐くろしお鉄道といえば「アンパンマン列車」です!記念写真は外せない!

アンパンマン車両
▲子どもに人気のアンパンマン車両

内装もアンパンマン仕様です。

アンパンマン車両内内装
▲こちらはグリーン車両の内装

指定席もありますがこの日は空いていたので自由席で十分でした。料金は中村駅から高知駅まで4,140円です。

自転車はいつものように最後尾に置いておけばOK!

輪行
▲自転車は車両の最後尾に置くのがおススメ

15:10に中村駅を出発しました。高知までは1時間50分ほど。

車窓の眺めを楽しみながらのコーラは格別ですね。

高知の車窓から
▲高知の車窓からwithコーラ

高知駅での様子に続きます。

 

ー次ページに続きますー

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー