旅×自転車 記事

【京都】ミニベロ(小径車)で人の少ない紅葉スポットめぐり女子サイクリング

※この記事は2020年12月4日に公開されたものを2021年3月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN (たびりん)編集部です。

紅葉が美しい季節には、ミニベロ(小径車)で京都のんびりサイクリングがおすすめです。

今回は以前もご紹介した、阪急「洛西口」をスタートして「浄住寺」、そして嵐山から「立本寺」をめぐる約28kmのルートを女性2人で回りましたので、その時のサイクリングをご紹介します。

今回のコースはこちら

おすすめのミニベロ・折りたたみ自転車についてはこちらをご覧ください。

京都のサイクリングではミニベロがおすすめ!

狭くて混雑も多い京都の道では、止まったり走り出したりを頻繁に繰り返す必要があります。車輪が小さくて漕ぎ出しがスムーズなミニベロは、そんな京都の道にぴったりの自転車です。重心が低く安定感があり、足が地面につきやすいため、知らない道でも安心して走ることができますよ。

京都の道は勾配が少なくて走りやすいですし、道が碁盤の目になっていて分かりやすいので、迷子になる心配も少ないです。ぜひミニベロで、快適な京都サイクリングを楽しんでみてください。

京都をミニベロで巡る旅スタート!

まずは穴場の「浄住寺」へ

洛西口から北西へ約4km進むと浄住寺に到着します。近くには苔寺や鈴虫寺などの有名なお寺もある中、比較的観光客の少ない穴場です。


近年では秋に特別公開も行われるようになり、紅葉スポットとして人気が高まってきています。

浄住寺(じょうじゅうじ)
住所 京都府京都市西京区山田開キ町9
電話 075-381-6029
時間 9:00~17:00(12~3月は16:00まで)
拝観料 無料
URL https://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0001298

桂川沿いの紅葉を楽しみながらの「桂川サイクリングロード」

桂川サイクリングロード(京都八幡木津自転車道) は、起点:木津(泉大橋)から終点:嵐山までの全長45㎞のサイクリングロード。

国道9号線あたりからこのサイクリングロードに入り嵐山まで桂川沿い約5kmを走ります。

大人気の「嵐山」は「渡月橋」から楽しむ

京都でも有数の紅葉スポットの嵐山。ただ平日にも関わらず人が多いので、「渡月橋」から遠目で紅葉を楽しみ、足早にこのエリアを通過します。

渡月橋(とげつきょう)
住所 京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
URL https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=8&tourism_id=2682

水面に映る紅葉が美しい「広沢池 (ひろさわのいけ)」

差し掛かったのは渡月橋から約2.5kmにある広沢池。

人も少なく、晴れた空と紅葉が映る広沢池は素敵な風景です。

広沢池(ひろさわのいけ)
住所 京都市右京区嵯峨広沢町
URL https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=10&tourism_id=172

静かに紅葉を満喫できる「立本寺」

広沢池から東へ約5kmで(少し前にご紹介した)立本寺。前回は紅葉前でしたが、カエデの木がきれいに色づき始めていました。

こちらも観光客がほとんどいないため、静かに紅葉を満喫できる穴場のスポットです。

立本寺(りゅうほんじ)
住所 京都市上京区七本松通仁和寺街道上ル一番町107
電話 075-461-6516
時間 9:00~16:30
拝観料 境内無料、本堂・庭園800円
URL https://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0000468

こだわりのコンフィチュールが魅力の「北野ラボ」で一休みして帰路へ

この近くにある「北野ラボ」でランチとスイーツを楽しみました。

パフェに使用しているコンフィチュールやシロップは、全国から厳選したフルーツから作っているそうです。お店の雰囲気も素敵でサイクリングの疲れが吹き飛びました!

北野ラボ
住所 京都市上京区御前通一条上馬喰町914番地
電話 075-496-8777
時間 12:00~18:00(カフェのラストオーダーは17:30)
URL https://kitano-lab.com/

ミニベロでの京都サイクリングまとめ

今年の初旬に取材同行させてもらった「浄住寺」。
そして10月の動画撮影に同行させてもらった「立本寺」。
どちらも紅葉がきれいだと思い、女性2人とミニベロでのんびり巡ってみました。

秋晴れのもと、裏路地やサイクリングロードをのんびり走りながら見渡す紅葉の風景は、とても美しかったです。

ただ「嵐山」周辺は平日にもかかわらずかなり人が多かったのを見て、自転車なら人の少ない場所へ行き、思いっきりのんびりできるのに…と感じました。

ぜひ自転車で、人の多いスポットから少し離れた、素晴らしい風景を楽しんでみてください。

撮影用自転車協力:
▲左 / Chalet-COZ https://www.caracle.co.jp/ch_cz00
▲右 / CARACLE-S https://www.caracle.co.jp/caracle-s

執筆:YASU



  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー