旅×自転車 記事

【2021年最新版】今年トレンドのおすすめミニベロ22選をご紹介!

※この記事は2020年10月7日に公開されたものを2021年8月に更新したものです。

街中のサイクリングで活躍してくれる、車輪の小さな自転車、ミニベロ。

漕ぎやすく、その車輪のサイズや折り畳み可能なものなど、持ち運びにも向いています。

今回は多種多様なミニベロの中から22台をご紹介します。

是非お気に入りの1台を見つけてくださいね。

ミニベロとは?

ミニベロ(小径車)とは、車輪の小さな小径車輪の自転車のことを総称して指します。

ミニベロのベロ(velo)はフランス語で自転車のことを指しており、英仏混合の名前ということになりますね。

その姿から可愛らしいイメージを受けるミニベロですが、機能的には小さい車輪のおかげで漕ぎ出しが楽な点や小回りがききやすいという特徴があります。

街中では頻繁に止まらなければなりませんが、その都度スムーズに走り出してくれます。脚力の弱い方でも気軽にサイクリングを楽しめますよ。

またミニベロはそのコンパクトさから折り畳み自転車(フォールディングバイ)の機能を兼ね備えているものもあります。

最新の折りたたみ自転車はこちらの記事からご覧ください。

またミニベロ含む、自転車の種類ごとの速さについては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ミニベロのメリット

まずは以下でミニベロの具体的なメリットについて紹介します。

ミニベロのメリット1:漕ぎ出しが軽い

ミニベロはタイヤが小さい分、タイヤを一回転させるために必要な力が少なく済みます。漕ぐと直ぐにスピードが出ることもあり、その漕ぎ出しの軽さも魅力です。

ミニベロのメリット2:小回りが効く

シティサイクルやスポーツタイプの自転車に比べると、そのタイヤの小ささからハンドルの操縦性(ハンドリング)が高いこともポイントです。細かな方向転換が可能なため、狭い路地などでも楽に走行できます。

ミニベロのメリット3:車種が幅広く展開されており、デザイン面で選択肢が多い

ミニベロは様々なメーカーから幅広いデザインが展開されています。シンプルなワンカラーで仕上げたモデルやタイヤまでカラーリングされたモデルなど、デザインは多種多様。気に入った一台を見つけやすいことも特徴です。

ミニベロのメリット4:収納がしやすい

小さめのタイヤに低い車体で全体的にコンパクトなため、室内への収納が容易にできます。部屋に置いても圧迫感がない上、ミニベロ独自のデザイン性の高さをインテリアとして活かすのもおすすめです。

ミニベロのデメリット

デメリットについても紹介していきます。

ミニベロのデメリット1:スピードの維持が難しい

タイヤが小さいため足の回転がすぐに伝わりスムーズな加速が可能ですが、足の動きを止めると減速までが早いのが特徴です。速い走行スピードを維持するためには、常に漕ぎ続ける必要があり、相応の脚力が必要になります。またスピードを維持しやすい重いギヤが装備されたミニベロを選ぶこともオススメです。

ミニベロのデメリット2:段差に弱い

通常の大きさの自転車と比べてタイヤが小さい分、車道と歩道の間の段差などの高低差の衝撃を大きく受けます。衝撃の反動で転倒の危険性も。段差に対して斜めの角度からではなく、なるべく正面から、スピードを落として上がるのがより安全です。

2021年最新版トレンドのおすすめミニベロ22台をご紹介!

ミニベロに興味がある方は、どのような使い方を目的にしているでしょうか?ちょっとした街乗りでしょうか、それともキャンプに持っていくことでしょうか。また、選ぶ基準は何でしょう。デザイン性でしょうか、機能でしょうか。以下からは多用な目的に合わせた、最新ミニベロをご案内します。

ANIMATO (アニマト)

大阪の自転車メーカー、ANIMATO (アニマト)はロードバイクやクロスバイクなど、様々な自転車を販売しています。ミニベロも販売されており、『SURFARAMA』『DAISY』などがラインナップされています。

SURFARAMA

商品名 SURFARAMA
メーカー ANIMATO (アニマト)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 46,800円
カラーバリエーション マットブラック/ホワイト/レッド/マットカーキ/ダークベージュ/セラドングリーン
特徴 変速はシマノの外装7段を採用、クイックリリースハブと呼ばれるもので前輪を容易に外すことができます。またカラーバリエーションは6色から選択可能な点など、好きなカラーを豊富に選べるのも嬉しいポイントですね。
商品リンク amazon
楽天市場
DAISY

商品名 DAISY
メーカー ANIMATO (アニマト)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 51,800円
カラーバリエーション マットブラック/ホワイト/マットカーキ/クロムシルバー
特徴 ロードバイクのようなドロップハンドルが特徴的なのがこちらの『DAISY』です。シマノ14段変速外装、エクステンションブレーキレバー標準装備となっており、本格的なサイクリングが楽しめるモデルとなっています。上でご紹介したSURFARAMAと同様、工具なしで前輪を外すことができます。
商品リンク amazon
楽天市場

DAHON (ダホン)

DAHON (ダホン) は折りたたみ式自転車のブランドで、本社はカリフォルニア州にあります。日本では、株式会社アキボウがライセンス契約をしています。

Route (ルート)

商品名 Route (ルート)
メーカー DAHON (ダホン)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 55,000円
カラーバリエーション マットブラック/クラウドホワイト/ルビーレッド/コバルトブルー/ピュアシルバー/フォレストグリーン
特徴 DAHONのベーシックモデル、Route(ルート)はDAHONの中でももっとも廉価なモデルです。「サドルを下げる」「ハンドルをたたむ」「前部をたたむ」の3つの動作で折りたたみが可能となっています。フレームは車体の下部にあるため、乗り降りの動作も楽です。またフレームに描かれた、『Route』のロゴがより車体のデザインを引き立たせてくれていますね。
商品リンク Amazon
楽天市場
Boardwalk D7 (ボードウォーク D7)

商品名 Boardwalk D7 (ボードウォークD7)
メーカー DAHON (ダホン)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 66,000円
カラーバリエーション マスタード/グリーンティー/ブリリアントシルバー/ナイトブラック/ボルドー/ミストブルー
特徴 2020年モデルの『BoardwalkD7 (ボードウォーク D7)』は780mm×650mmに折り畳み可能なコンパクトな小径自転車です。ポスト高も変更することができるため、身長や体格に応じて細かい調整が可能となっています。
商品リンク amazon
楽天市場

Tyrell (タイレル)

タイレルは香川県にある自転車メーカーです。スポーツバイクを中心に、ミニベロや折り畳み自転車なども取り扱っています。

IVE
画像出典元:Tyrell (タイレル)公式サイトより
商品名 IVE
メーカー Tyrell (タイレル)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 公式サイトより見積もり
カラーバリエーション 標準カラー:レッド、ブラック ※カスタムカラーオーダーあり、詳細はHPより
特徴 こちらの『IVE』は「いつでもどこでも。 楽しくて小さな相棒」をコンセプトにした折り畳み自転車でもあるミニベロです。折り畳み自転車といってもEN規格の耐久テストをクリアした丈夫な作りになっています。オプションでリアキャリアも取り付けることが可能になっているため、ツーリング等も快適に行うことができます。
商品リンク 公式サイトより見積もり
FX
画像出典元:Tyrell (タイレル)公式サイトより
商品名 FX
メーカー Tyrell (タイレル)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 公式サイトより見積もり
カラーバリエーション 標準カラー:レッド、ブラック ※カスタムカラーオーダーあり、詳細はHPより
特徴 こちらのTyrell (タイレル)の『FX』はオーダーメイドで作成することのできるミニベロです。ドロップハンドル幅、ハンドル形状、バーテープカラーなど、細かくカスタマイズすることが可能のため、自分の体格や好みにあったミニベロにすることができます。
商品リンク 公式サイトより見積もり

こちらのミニベロはTABIRINのスタッフも使用しています。その際のレポートはこちらからご覧ください。

FUJI

FUJIは世界36ヶ国 (2005年)で発売されている世界的な自転車メーカーです。様々なロードレーサーやチームに機材供給を行なっています。

HELION

商品名 HELION
メーカー FUJI
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 72,600円
カラーバリエーション Navy/Brilliant Red/Dark Silver
特徴 フラットタイプのハンドルやより車体を軽くしてくれるバテッドクロモリフレームなど、街乗りで漕ぎやすい仕様となっています。ハンドル部分とフレームの色分けが目を引きますね。
商品リンク Amazon
HELION R
画像出典元:FUJI BIKE公式サイトより
商品名 HELION R
メーカー FUJI
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 97,900円
カラーバリエーション Matte Black/Chrome
特徴 ハンドルはドロップハンドル、シマノCLARISを採用しており、メーカーの推し出している通り、”ロードバイクさながら”のミニベロです。フレームのサイズも3つ(44cm, 50cm, 55cm)の中から選ぶことができるので、ご自身の身長や体格に合ったものを選んでみてくださいね。
商品リンク 楽天市場

BRIDGESTONE (ブリヂストン)

国産自転車メーカー、BRIDGESTONE (ブリヂストン)。ブリヂストンからはグリーンレーベルというブランドから、CHERO(クエロ)シリーズ、シルヴァ、ベガスなどのミニベロが出ています。

CHERO 20F (クエロ)
画像出典元:BRIDGESTONE (ブリヂストン)公式サイトより
商品名 CHERO 20F (クエロ)
メーカー BRIDGESTONE (ブリヂストン)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 61,380円
カラーバリエーション E.Xコバルトグリーン/E.XHブルーグレー/E.Xビターブラウン
特徴 ブリヂストンのグリーンレーベル、クロモリ&ホリゾンタルフレームのブランドがCHERO(クエロ)です。このブランドは、クラシカルテイストで統一されているのが特徴で、『20F』というミニベロが出ています。センタースタンドやバスケットが取り付け可能な点など、街やちょい乗りで活躍してくれそうな機能が備わっています。
商品リンク 楽天市場
CYLVA F8F (シルヴァ)
画像出典元:BRIDGESTONE (ブリヂストン)公式サイトより
商品名 CYLVA F8F (シルヴァ)
メーカー BRIDGESTONE (ブリヂストン)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 65,780円
カラーバリエーション マット&グロスブラック/EXミストグリーン
特徴 『CYLVA F8F』は折りたたみタイプの自転車です。ハンドルも折りたためることができるため、より持ち運びしやすくなっているのが特徴的です。手や足になじみやすいように開発された『エルゴノミックハンドル』、や『エルゴノミックペダル』なども備わっており、操作性にも一層気が配られている一台となっています。
商品リンク 楽天市場
ベガス
画像出典元:BRIDGESTONE (ブリヂストン)公式サイトより
商品名 VEGAS
メーカー BRIDGESTONE (ブリヂストン)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 39,380円~
カラーバリエーション E.Xアメリカンブルー/T.Xクロツヤケシ(ツヤ消しカラー)/E.Xモダンレッド/E.Xクリ-ムアイボリー/T.XHカーキ(ツヤ消しカラー)/E.Xコバルトグリーン
特徴 VEGAS(ベガス)には標準装備で前かごがついており、カラーバリエーションも豊富。2速時にはひと漕ぎ4.6mと、買い物や通勤、通学にも乗りやすいでしょう。
商品リンク 楽天市場

GIANT (ジャイアント)

GIANTは1972年に設立された、台湾の自転車メーカーです。

TEN (テン)
画像出典元:GIANT (ジャイアント)公式サイトより
商品名 TEN (テン)
メーカー GIANT (ジャイアント)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 53,900円
カラーバリエーション ホワイト/マットブラック
特徴 『TEN (テン)』のフレームにはGIANTの軽量アルミフレーム『ALUXX』が採用されており、その他水や泥が跳ね返らないためのフルフェンダー、ズボンの裾やスカートなどが巻き込まれないようにするため、内外両面式チェーンガードが装備されています。
商品リンク お近くのジャイアントストアより問い合わせください。
IDIOM 2 (イディオム)
画像出典元:GIANT (ジャイアント)公式サイトより
商品名 IDIOM 2 (イディオム)
メーカー GIANT (ジャイアント)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 71,500円
カラーバリエーション ブラック/イエロー
特徴 GIANTミニベロの上級バージョン、IDIOMシリーズの、最廉価モデルが『IDIOM 2』です。軽量サドルのSPORT LITE SADDLEや28mm幅のタイヤKENDA 28C TIREなどを装備しており、まさにGIANTの公式HPに記載されている通り、『小径ロードバイク』となっています。またアルミフレームとなっているため、車体の重さも9.5kgと軽量化も実現しています。
商品リンク お近くのジャイアントストアより問い合わせください。

Bianchi (ビアンキ)

『Bianchi (ビアンキ)』はイタリアの自転車メーカー。チェレステ(イタリア語で碧空)という、水色系の伝統カラーを街中で見かけたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Lecco (レッコ)
画像出典元:Bianchi公式HPより
商品名 2020 Lecco (レッコ)
メーカー Bianchi (ビアンキ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 75,900円
カラーバリエーション CK16/Black/White/Black/Pink
特徴 丸みを帯びたフレームが特徴的なのが2020年モデルのLecco(レッコ)です。フレームはアルミを採用し、軽量化が図られています。カラーバリエーションの5色中4色はチェレステカラーが使用されています。
商品リンク 楽天市場

ミモザ

自転車通販サイトのcyma(サイマ)が作ったのが、mimosa(ミモザ)です。様々な色を組み合わせて作ったデザインが特徴的です。

mimosa
画像出典元:cyma (サイマ)公式サイトより
商品名 mimosa
メーカー cyma (サイマ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 47,707円
カラーバリエーション ディープブルー/ジェードグリーン/ゼラニウムレッド/カーキ
特徴 スカートを履いていても乗り降りしやすいように設計されているフレーム、力をあまり必要としないサドルの調整部分など、女性に嬉しい設計になっているのがこちらのmimosa(ミモザ)です。デザインはハンドル、サドル、そしてタイヤがアイボリー色で統一されており、ボディカラーは4色から選択することが可能です。
商品リンク cyma公式HP
michikusa
画像出典元:cyma楽天市場店より
商品名 michikusa
メーカー cyma (サイマ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 30,980円
カラーバリエーション グリーン/ブラック/ホワイト
特徴 細身のフレームと落ち着いた配色の、クラシカルなデザインが魅力なのがこちらのmichikusa(ミチクサ)です。Vブレーキや6段シフターなど、スポーツバイク並のスペックの高さで街乗りを快適にしてくれます。
商品リンク 楽天市場

RENAULT (ルノー)

自動車メーカーとしても知られているRENAULT (ルノー)は、コンパクトなミニベロも販売しています。

ULTRA LIGHT7 NEXT

商品名 ULTRA LIGHT7 NEXT
メーカー RENAULT (ルノー)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 71,500円
カラーバリエーション ブラック/ホワイト
特徴 こちらの『ULTRA LIGHT7 NEXT』は折りたたみ式のミニベロで、タイヤは14インチと小さめ、重量はわずか7.5kgとなっており、普段のチョイ乗りやお買い物などのお供としておすすめです。
商品リンク Amazon
楽天市場
MAGNESIUM 8

商品名 MAGNESIUM 8
メーカー RENAULT (ルノー)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 74,800円
カラーバリエーション シルバー
特徴 クロスバイクのような形状をしているスポーツ型のミニベロの『MAGNESIUM 8』。『軽さに特化した』とメーカーが推し出しているように、フレーム材質にはマグネシウムを使用し、これによって8.7kgという軽量化を実現しています。色は金属色のシルバーですが、パーツ部分に入る赤のカラーが良いアクセントになってくれていますね。
商品リンク Amazon
楽天市場

BRUNO (ブルーノ)

シクロクロスの選手でもあったブルーノ・ダルシーとダイアテック株式会社の共同開発で生まれたのが『BRUNO (ブルーノ) 』です。様々なミニベロが販売されています。

SKIPPER
画像出典元:BRUNO公式HPより
商品名 SKIPPER
メーカー BRUNO (ブルーノ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 65,780円
カラーバリエーション ROSSO/MARINA/PISTACHIO
特徴 ダイヤモンド型の細身のフレームがよりシンプルさを際立たせている『SKIPPER』。オプションとして木目のバスケットなども販売されているため、用途やデザインに応じて組み合わせて自分だけの『SKIPPER』にしてみてはいかがでしょうか?
商品リンク 楽天市場
MIXTE F
画像出典元:BRUNO (ブルーノ)公式サイトより
商品名 MIXTE F
メーカー BRUNO (ブルーノ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 65,780円
カラーバリエーション MIDORI/BLACK/WHITE/RED
特徴 シティサイクル (ママチャリ)などと同じく、グリップを回して変速を行うグリップシフトが採用されており、シティサイクルからミニベロに切り替えようと検討されている方でも安心ですね。またコルク風のデザインとなっている点も注目したいポイントです。
商品リンク 楽天市場

birdy (バーディ)

birdy (バーディ)はドイツ生まれのミニベロ (折りたたみ式自転車)を中心に販売するメーカーです。日本の販売代理店は『Pacific Cycles Japan』が担当しています。

birdy Classic
画像出典元:birdy (バーディ)公式サイトより
商品名 birdy Classic
メーカー birdy (バーディ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 159,500円
カラーバリエーション セミマットブラックメタリック/サンセットオレンジメタリック/フォギーブルーメタリック/スコッチブライト
特徴 「古くて新しいこと」をコンセプトに推し出し、初代birdy(バーディ)のようなストレートフレームなどを採用した、birdy(バーディ)の伝統のデザインになっているのが『birdy Classic』です。重量は10.9kg、折りたたみ寸法は620mm×720mmとなっています。サドルも座面面積が広く、街乗りでもストレスを感じにくい設計になっています。
商品リンク 楽天市場
birdy GT
画像引用元:birdy (バーディ)公式サイトより
商品名 birdy Classic
メーカー birdy (バーディ)
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 258,000円
カラーバリエーション デザートイエロー/グロスレッド&マットブラック
特徴 birdy GT(グランド・ツアラー)は、タフなサイクリングにぴったりのミニベロです。MTBのような太めのブロックタイヤのためオフロードでも操作性が良いのも特徴。高性能ながら10.3kgの軽量で、キャンプなどの際の持ち運びにも便利です。
商品リンク 楽天市場

ミニベロ (小径車) で街に繰り出そう!

今回は人気のミニベロ (小径車) 22台をご紹介しました。

ライフスタイルと趣味に合わせ、最適の1台を見つけてくださいね。なお、これから自転車通勤を考えられている方など、購入の前にはTABIRINの以下の記事も参考にしてみてください。

ミニベロでのサイクリングレポートはこちらからどうぞ。



  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー