旅×自転車 記事

【茨城県】サイクルステーション「りんりんスクエア土浦」の設備を徹底レポート

PLAYatre

※この記事は2018年4月4日に公開されたものを2021年10月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN(たびりん)編集部です。

3/29にオープンした「PLAYatre TSUCHIURA」に早速行ってきましたので、施設の詳細を写真で紹介いたします!

PLAYatre TSUCHIURAとは?

「PLAYatre TSUCHIURA」とは東京から約1時間の土浦駅直結という好立地に生まれた日本最大級のサイクリングリゾート。茨城県とアトレが官民一体となって取り組む地方創生の新しい取り組みです。

2019年秋頃グランドオープンにむけ、今回第1弾として1F・B1Fに「BIKE BASE りんりんスクエア土浦」がオープンしました。

りんりんスクエア土浦について

りんりんスクエア土浦は、茨城県が土浦市、JR東日本と連携して整備された施設です。サイクリスト向けのサービスを提供しており、何も持たず訪れても、気軽にサイクリングを楽しめる施設になっています。またJR土浦駅と直結しているため、アクセスは良好。以下からは、そんな魅力的なりんりんスクエア土浦の施設をご紹介します。

アクセス
首都圏からりんりんスクエア土浦へ行くには、常磐線特急が便利です。
東京駅⇔土浦駅は常磐線特急で53分です。

1Fフロア

le.cyc

le.cyc

ロードバイク、MTB、ミニベロ、折りたたみ自転車、クロスバイクの完成車約300台を取り揃えるサイクルショップです。完成車の他、シューズやウェア、アクセサリーの取り扱いもあります。

le.cyc

レンタサイクルもあり、スポーツタイプ電動アシスト自転車(3,500円)、ロードバイク(2,500円)、クロスバイク(2,000円)、シティサイクル(1,500円)が1日レンタルできます。ほかヘルメット、グローブもレンタルできますので手ぶらでサイクリングに行くことができます。

le.cyc

le.cyc

工具レンタル、リペアやメンテナンスも可能。

le.cyc

販売されている自転車の一部は駅前の土浦市役所周りで試乗可能。

TULLY’S COFFEE

PLAYatre TULLY’S COFFEE

PLAYatre TULLY’S COFFEE

続いてご紹介するのは「TULLY’S COFFEE」。
通常のTULLY’S COFFEEとは違い、あの自転車メーカー「Bianchi」とコラボレーションしたサイクルカフェです。

PLAYatre TULLY’S COFFEE

PLAYatre TULLY’S COFFEE

店内にチェレステカラーのバイクラックもあり、愛車の側でゆったりカフェタイムを楽しめます。そしてビアンキの旗つきの限定コラボメニューもあります。

1Fフロアにはコンビニのミニストップ、ドラッグストアのココカラファインが出店しています。

店内にブルーライン!で愛車とどこでもいっしょ

PLAYatre TULLY’S COFFEE店内のブルーライン

PLAYatre 施設内ブルーライン

店内にはブルーラインがひかれており、自転車と一緒に入ることができます。なんとエレベータにも一緒に乗れます!また自転車を押したまま入店、商品を購入後そのまま外へ出ることも可能です。

PLAYatre エレベーター前のブルーライン

PLAYatreミニストップ

コンビニからも愛車と一緒に入れます!

B1Fフロア

コインロッカー

りんりんスクエア土浦

入り口から手前にPUDOステーション(宅配便ロッカー)があり、その奥に小40台(300円)、大24台(600円)のロッカーがあります。荷物を預け、身軽になってサイクリングに出かけられますね。

更衣室

りんりんスクエア土浦 更衣室

コインロッカーは奥にあります。料金は無料。仕切り等は無く、1.5畳くらいの広さのものが1室。中から施錠できます。2名くらいだったら一緒に着替えが出来るかも?

シャワー

りんりんスクエア土浦 シャワー室

りんりんスクエア土浦 シャワー室

ロッカー5台、ドライヤー完備。

りんりんスクエア土浦 シャワー室

りんりんスクエア土浦 シャワー室

シャワーブースは3室。シャワーブース前に洗面あり。トイレも完備されています。

りんりんスクエア土浦 シャワー室

入り口脇にあるコイン投入口に入場コインを入れるとシャワー室のドアが開く仕組み。入場コインは現在1Fのle.cycで購入する必要があります。料金は1回300円となっています。

レンタルバイク「HELLO CYCLING」

りんりんスクエア土浦 レンタルバイク

そして施設内には「HELLO CYCLING」も設置されており、クロスバイク、ミニベロ、電動自転車がレンタルできます。料金は1日(24時間)2,500円です。

りんりんスクエア土浦 レンタルバイク

りんりんスクエア土浦 レンタルバイク

GIANTのクロスバイク、BIANCHIのミニベロ、電動シティサイクルがレンタルできます。
利用する場合は、HELLO CYCLINGのアプリダウンロード・会員登録が必要となります。

駐輪場

りんりんスクエア土浦 地下駐輪場

そしてこちらはなんと190台駐輪できる駐輪スペース。1時間まで無料で利用できます。

りんりんスクエア土浦 地下駐輪場

営業時間は5:00~翌1:00。

地下1階へは1階フロア内のエスカレーター、エレベーターほかle.cyc右側のスロープからアクセス可能です。

PLAYatre 地下1階

フロア内エスカレーターまたはエレベーターで降り、こちらのドアからシャワー、ロッカーなどがあるエリアに。

PLAYatre 地下入口

屋外からはle.cycの右側に入り口があります。
サイクリング帰り、1Fフロアを通らずにシャワー室へ直行できますよ。

PLAYatre 地下

駐輪場、ロッカー等があるエリア外にもバイクラックとベンチがあり、休憩できるスペースがありました。

今回の1F・B1Fのオープンは第1弾のため、今後続々とオープンしていくとのこと!どんどん魅力的になる土浦、これからの展開が楽しみです!

サイクリングリゾート|PLAYatre TSUCHIURA/プレイアトレ土浦

茨城県のレンタサイクル情報

魅力あふれる施設、「りんりんスクエア土浦」。こんなにサイクリストに「至れり尽くせり!」なサイクリングリゾートを見ると思わずサイクリングをしたくなりますよね。そこで以下からは「りんりんスクエア土浦」に立ち寄ったら行ってみたい、茨城のサイクリングスポットをご紹介します。

つくば霞ヶ浦りんりんロード

言わずと知れた有名なサイクリングロードです。土浦駅をスタートに、全長は約180km。距離的には長いですが、沿線にはレンタサイクルの施設や自転車屋さんなどのサポート施設も多いため、初めて長距離サイクリングに挑戦する方にもおすすめです。

また筑波山方面のコースでは、旧筑波鉄道廃線敷を走行することができ、車が走行しないため、安全にかつ走行を楽しむことができます。初心者に楽しめるコースとヒルクライムコースがあるため、様々な楽しみ方ができますよ。

笠間市で原風景を楽しむサイクリング

愛宕山(あたごさん)や乗越(のりこし)峠などのある、笠間市を巡るサイクリングです。道中には隠れカフェや展望台からの眺めが美しい愛宕神社など、笠間市ならではの風景や観光を楽しむことができます。2kmほどの坂が待ち受けていますが、傾斜もそこまでないため初心者にもおすすめです。

詳しいレポートはこちらからご覧ください。

「国営ひたち海浜公園」をサイクリング

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市の東海岸に位置する広さ約200haの広大な海浜公園です。春はスイセン、チューリップ、初夏にはネモフィラ、バラ、夏にはジニア、秋にはコキア(ほうき草)やコスモスなどを年間を通じて楽しむことができます。

国営ひたち海浜公園の中でも人気なのが、ゴールデンウィーク頃に咲く、約450万本の青い花「ネモフィラ畑」。一面に広がるネモフィラの風景は、ここでしか味わえません。広い駐輪場も設置されているので、シーズン中でも安心して訪問することができますよ。

詳しいレポートはこちらからご覧ください。

りんりんスクエアでレンタサイクル体験レポート!

実際にりんりんスクエアでレンタサイクルを体験してみました!

▼つくば霞ヶ浦りんりんロード、霞ヶ浦周辺のサイクリングコースはこちら

りんりんロードコース(約40km)

霞ヶ浦1周コース(約140km)

霞ヶ浦ショートコース(約90km)

武家屋敷と万葉の郷コース

寺社と花巡りコース

恋瀬川サイクリングロード(約15km)

伝承の街真壁散策コース

潮来市サイクリングロード(約7km)

国定公園と古墳巡りコース

山桜と石の街散策コース

水郷の古都散策コース

この記事を見たあなたは要ダウンロード!TABIRINアプリ

2021年8月、ついに当メディアTABIRINのアプリがリリースされました!
そして10月にはバージョンアップ!

サイクリングマップが表示される「TABIRIN MAP」機能、自分だけのコースを反映することができる「オリジナルコース」機能、そしてバージョンアップでは走ったコースや立ち寄った施設などの旅の思い出をコレクションできるコレクション機能が搭載されました!

是非ダウンロードしてくださいね。

<執筆:(い)>

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー