旅×自転車 記事

輪行のための車内設備を調べてみた vol.1【JR常磐線特急】

特急ひたち

今回のテーマは輪行です。

輪行・・・それは自転車の行動範囲を飛躍的に広げる方法ですね!

しかし、いざ輪行をしようとしても、本当に自転車が置けるか心配ですよね。

そこで、『輪行のための車内設備を調べてみた』シリーズと題して、記念すべき第一弾はJR常磐線特急について調べてみました!

JR常磐線特急の概要

常磐線特急は、都心から茨城県もしくは福島県をつなぐ特急列車で、「特急ひたち」と「特急ときわ」の2種類があります。

その違いは「停車駅」と「行き先」と「車内販売の有無」です。

  • 特急ひたち:品川駅(東京都)~いわき駅(福島県)、停車駅少、車内販売あり
  • 特急ときわ:品川駅(東京都)~勝田駅(茨城県)、停車駅多、車内販売なし、※一部いわき駅や高萩駅終点もあり

料金は距離制で、「特急ひたち」・「特急ときわ」とも同じです。特急料金は距離に応じて、750円~2,500円となっています(車内料金は260円増、チケットレスは100円引です)。特急料金のほかに乗車券の料金が必要です。
全席指定で、乗車には乗車券+指定席特急券もしくは座席未指定券が必要となります。
例えば、特急ひたちであれば、東京~水戸まで1時間10分程度でアクセスが出来ます。

水戸駅▲特急ひたちなら、東京から水戸駅まで1時間とちょっとで行ける

輪行という視点からの車内設備

さて、続いて輪行の視点から車内設備をご紹介します。

特急ひたちの車内
▲車内の様子

なお、特急ひたち、特急ときわとも車内設備は一緒です。

自転車を置くスペース

まず、輪行袋に入れた自転車を置いておくのにベストな、座席最後列の後ろのスペースがこちらです。

特急ひたち 座席の後ろ
▲座席最後列の後ろのスペース
特急ひたち 座席後ろのスペース
▲座席が倒れているとややキツいかも

スペースの横幅は、およそiphone8が9個分でした。すなわち、138.4mm×9=約1.25mです。

両輪を外すタイプの輪行袋では、通常横幅が110m程度ですので、座席最後列のスペースには置けそうです。

ちなみに、最後列に置けない場合は連結部に置くことになりますが、一番前の車両もしくは一番後ろの車両のスペースがこちら。

特急ひたち デッキ
▲連結部のスペース
特急ひたち デッキスペース
▲連結部のスペースはあまり広くない

ここに置く場合は、ちゃんと持ち主は自転車の側に待機し、くれぐれも通る人の邪魔にならないようにしましょう。

トイレ&洗面台

そして輪行袋を抱えていると意外と困難なのがトイレですね。

特急ひたち、特急ときわともトイレがありますのでご安心ください。

特急ひたち トイレ
▲トイレは清潔できれいです

また、自転車の分解・組立で手が汚れることが多いですよね。この点についても、洗面台があるので助かります。

特急ひたち 洗面台
▲洗面台もきれいです

コンセント

自転車を置き手をきれいにした後は、目的の駅に到着するまで、スマホで色々と調べものをするのではないでしょうか。

そんな時、スマホの電池がなくて困った・・・なんてあるあるですよね。

でも大丈夫です。わかりにくいですが、座席のひじ掛けの先端にコンセントが付いていますよ。

特急ひたち コンセント
▲コンセントはひじ掛けに、座席に一つ付いています

インターネット接続サービス

車内ではインターネット接続サービスが利用できます。ただし、WiMAXまたは公衆無線LANサービス(UQ WiMAX、UQ Wi-FiまたはBBモバイルポイント対応のプロバイダ)を契約している人に限られます。

特急ひたち インターネット
▲インターネット接続サービスはWiMAXまたは公衆無線LANサービスに限定

車内販売

これまた輪行袋を抱えていると、ちょっとした食べ物を購入するのも大変です。

特急ひたちでは、車内販売が行われます(※時間帯や区間によって販売されない場合もあり)。

特急ときわでは、車内販売はありませんのでご注意ください。

座席指定

特急ひたち 座席ランプ特急ひたち、特急ときわとも、座席指定をしなくても乗車可能です(座席未指定券)。この場合、座席の上に点灯しているランプによって、座れる座席を判別できます。

  • 赤色ランプ:空席(座れる)
  • 黄色ランプ:もうすぐ来る(指定の席の人が来るので、席の移動が必要)
  • 緑ランプ:発券済み(座れない)

とっても分かりやすいですね。

以上、いかがでしたでしょうか?

常磐線特急に乗れば、首都圏から北関東や福島県への移動がグッと楽になります。これからのシーズン、北関東や福島県でのサイクリングを楽しんでみましょう!

ただし、輪行はルール・マナーを守って行いましょう。

(掲載時点の情報ですので、最新情報は各施設へお問い合わせください)

関連記事・関連ページ

【周辺のサイクリングマップはこちらから】

茨城県のサイクリングマップ一覧|TABIRIN

【関連するサイクリング記事はこちらから】

【輪行のための車内設備を調べてみたシリーズはこちらから】

 

(執筆:t.k)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー