旅×自転車 記事

2021年ナショナルサイクルルートの候補ルートと観光スポットをご紹介!

日本全国にはたくさんのサイクリングルートがあります。

その中から”日本を代表し、世界に誇りうる魅力的なサイクリングルート”として指定されるのが「ナショナルサイクルルート」です。

2019年に第1次ナショナルサイクルルートとして、つくば霞ヶ浦りんりんロード、ビワイチ、しまなみ海道サイクルルートが指定されました。

そして2021年1月、ナショナルサイクルルートの候補として新たに3ルートが選定されました。

この記事では、新しくナショナルサイクルルートの候補として選定された3ルートのルート概要や観光スポット、サイクリストを支える取り組みなどを紹介します。

ナショナルサイクルルートとは

画像出典元:ナショナルサイクルルート公式HPより

前述した通り、ナショナルサイクルルートとは日本を代表し世界に誇りうるサイクリングルートとして指定する制度のことです。

指定されるためには、ルート設定、走行環境、受入環境、情報発信、取組体制の5項目を満たしていることが指定要件となっています。

ルート設定
サイクルツーリズムの推進に資する魅力的で安全なルートであること

走行環境
誰もが安全・快適に走行できる環境を備えていること
誰もが迷わず安心して走行できる環境を備えていること

受入環境
多様な交通手段に対応したゲートウェイが整備されていること
いつでも休憩できる環境を備えていること
ルート沿いに自転車を運搬しながら移動可能な環境を備えていること
サイクリストが安心して宿泊可能な環境を備えていること
地域の魅力を満喫でき、地域振興にも寄与する環境を備えていること
自転車のトラブルに対応できる環境を備えていること
緊急時のサポートが得られる環境を備えていること

情報発信
誰もがどこでも容易に情報が得られる環境を備えていること

取組体制
官民連携によるサイクリング環境の水準維持等に必要な取組体制が確立されていること

出典:国土交通省『GOOD CYCLE JAPAN

 

ナショナルサイクルルートは、安全・快適な自転車通行空間の整備だけでなく、ルート周辺には自転車で立ち寄りが可能なサポート施設が点在しているため、サイクリストにとっては安心してサイクリングを楽しめるというメリットがありますが、地域にとっても、多くのサイクリストを迎えることで地域活性化につながるというメリットがあります。

※上記記述は以下のサイトを参考にしています。
国土交通省『GOOD CYCLE JAPAN
国土交通省PDF『ナショナルサイクルルートの候補ルートを選定しました

2019年のナショナルサイクルルートをおさらい

2019年に指定されたナショナルサイクルルートは「つくば霞ヶ浦りんりんロード」、「ビワイチ」、「しまなみ海道サイクルルート」の3つでした。

①つくば霞ヶ浦りんりんロード

つくば霞ヶ浦りんりんロードは、旧筑波鉄道の廃線敷と霞ヶ浦を周回する湖岸道路を合わせた全長約180kmのサイクリングルートです。

急なカーブやアップダウンがほとんどなく、また旧駅舎を活用した休憩所も多いため、初心者でも走りやすいのが特徴です。

②ビワイチ

滋賀県のビワイチは日本一広い湖、琵琶湖を周回する190kmほどのルートで、自転車ごと載せられる漁船タクシーも人気があります。

③しまなみ海道サイクルルート

しまなみ海道サイクルルートは、瀬戸内海の島々が織りなす絶景を望む、日本初の海峡を横断する自転車道として整備された70kmほどのサイクリングルートです。

瀬戸内海の島々を巡ることができ、島々を結ぶ一直線の橋や、その橋の上から望む島々は、海外メディアから世界7大サイクリングロードとして取り上げられた実績があります。

ナショナルサイクルルートについては下の記事もご覧ください。

2021年の候補ルートは?

2021年にナショナルサイクルルート候補に選定されたのは富山県の「富山湾岸サイクリングコース」、千葉県・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・和歌山県をつなげる「太平洋岸自転車道」、北海道の「トカプチ400」です。

3ルートとも、すでにナショナルサイクルルートに指定されているルートの魅力とはまた異なる魅力を持っています。

ここからはそれぞれのルート、ルート周辺の観光スポットやサイクリングをサポートする取り組み内容を詳しく見ていきます。

2021年1月の候補ルート1「富山湾岸サイクリングコース」

「富山湾岸サイクリングコース」は富山県氷見市から朝日町までを富山湾沿いに走る102kmほどのルートです。

古志の松原やヒスイ海岸など、富山県を代表する景観を楽しめるスポットのほか、冬に旬を迎えるブリや真っ黒のスープが特徴のラーメン富山ブラックなどのご当地グルメを楽しめるスポットもあるルートとなっています。

ルート概要

富山湾の景色を楽しみながら走れるように、海岸に沿って整備されたサイクリングルートとなっています。

ルートの中には8つのサイクルステーションがあり、飲料水の補給や工具の貸し出しなどサイクリングをサポート、氷見市漁業文化交流センター・海竜スポーツランド・ヒスイテラスの3施設では、シャワーの貸し出しもあります。

ナショナルサイクルルートには含まれていませんが、立山連峰の壮大なパノラマ風景や富山平野の景色を楽しめる132kmほどの「田園サイクリングコース」にも繋がっています。

観光スポット

富山湾は世界でも珍しい、蜃気楼を見れるスポットです。

海岸の向こうに側に見える建物が伸びるように見えたり、海を進む船が逆さまになって見えたりと、不思議な光景が見られます。

蜃気楼は、3月下旬から6月上旬の晴天で少し風が吹いていて、気温があがる日の11時~16時位に出現しやすいとされています。

また富山湾岸サイクリングコースのほぼ中央に位置する「帆船海王丸パーク」も観光におすすめ。

シンボルになっている帆船海王丸は昭和5年に進水した歴史のある船で海の貴婦人とも呼ばれています。

こうした富山湾の景観は国際的に高く評価され、「湾を活かした観光振興と資源保護、そこに暮らす人々の生活様式や伝統の継承、および景観保全」を目的として設立され、現在40か国以上が参加する「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められているほどです。

サイクリングをサポートする取り組み内容

画像出典元:富山県公式HPより

サイクリストがルートを見失わないための取り組みとして、富山湾岸サイクリングコースには、道路に進行方向を示すナビゲーターラインや、目的地までの距離を標示する距離標が一定間隔に整備されており、リアルタイムに走行距離が把握できます。

またルート上には貸し出し用の工具の用意/サイクルラックのあるサイクルカフェなどが点在しているため、突然のトラブルが起きても安心ですね。

ほかにも、各名所やサイクリングのサポートをしてくれる施設がまとめられたサイクリングマップの配布や、サイクリングをさらに楽しめるサイクルイベントの開催なども行われています。

日本海側で初のナショナルサイクルルートになりそうですね!

ちなみに富山県のサイクリング情報は以下の記事でも紹介しています。


※上記記述は以下のサイトを参考にしています。
富山県『とやまサイクリングマップ
富山県観光公式サイト『とやま観光ナビ
海王丸パーク公式サイト
富山県『サイクリングコースについて

2021年1月の候補ルート2:太平洋岸自転車道

2019年に自転車活用推進事業計画の一つとして整備が続けられてきたルートで、千葉県から和歌山県まで6つの県にまたがるルートの延長は1,487kmに及びます。

千葉県の九十九里浜や静岡県の富士山など、日本を代表するたくさんの名所や景観地を巡ることができるので、少しずつ制覇していくもよし、泊まりながら数日で走破するもよしのルートです。

ルート概要

画像出典元:銚子観光協会公式HPより

太平洋の海岸に沿って千葉県の銚子駅から鴨川を経由して浜金谷港まですすみ、東京湾フェリーで久里浜港へ渡ります。さらに、久里浜港から熱海、伊豆下田、駿河湾沿いを走り、三保の松原、浜岡砂丘を過ぎ愛知県へ。

恋路ヶ浜伊良湖畔からは再びフェリーに乗り、鳥羽に着いたら三重県に入ります。

ここでルートは伊勢神宮を経由する内陸側と大王崎のある海側に分かれます。

七里御浜を過ぎると、和歌山県に入り、恋人岬、南紀白浜を過ぎ、加太港が終点です。

現在、ルート上のサイクルステーションは、千葉県エリアに22か所、神奈川エリアに9か所、静岡エリアに29か所、愛知エリアに4か所、三重エリアに17か所、和歌山エリアに62か所あり、太平洋岸自転車道ナショナルサイクルルート指定推進協議会のホームページで確認ができます。

観光スポット

画像出典元:渥美半島観光ビューロー公式HPより

6県にまたがる太平洋岸自転車道にはたくさんの景勝地や観光スポットがあります。

すべてを紹介することができませんが、とくにおすすめのスポットを紹介します。

九十九里浜(千葉県)

日本最大級の砂浜海岸で、日本の白砂青松100選と日本の渚百選にも選ばれています。

近くには、日本で一番早く日の出が見られるスポットである犬吠埼や、屛風ヶ浦を一望できる地球の丸く見える丘展望館があります。

湘南海岸(神奈川県)

サーファーに大人気の湘南海岸は、映画やドラマにも度々登場するスポットです。

ルートを少しはずれれば江ノ島を散策できたり、新江ノ島水族館で海の生き物と触れ合えたりと、「見る」と「遊ぶ」の両方を楽しめます。

浜名湖(静岡県)

うなぎの養殖が盛んな浜名湖周辺には、うなぎ屋さんもたくさんあります。走行中のスタミナをつけるのにはうってつけですね!

ちなみにここで浜名湖を一周するルートもおすすめです。

浜名湖を一周するルートは下の記事をご覧ください。

伊勢志摩(三重)

伊勢神宮や鳥羽水族館がある伊勢志摩は、内陸側が伊勢エリアと海側が志摩エリア2つに分かれています。

ルートもここで2つにわかれ、内陸側は伊勢神宮をはじめとする伊勢エリアを代表する神社、海側は大王崎や五ヶ所湾などの景観地があります。

南紀白浜(和歌山)

恋人岬や千畳敷などの景勝地や、パンダが人気の南紀白浜アドベンチャーワールド、江戸時代の和歌にも登場する恋路ヶ浜などがあります。

サイクリングをサポートする取り組み内容

距離が長い分、サイクルステーションやサイクリングに来る人がルートにアクセスするためのゲートウェイが数多く整備されています。

また、自転車の建物内保管や手荷物の預かりなど、サイクリングをサポートする宿泊施設があるのもポイントです。

さらに、各県ごとにも独自にサイクリングイベントやサポート事業をおこなっているので、あわせてチェックするのをおすすめします。

太平洋岸自転車道についての情報は、下のリンクも参考にしてください。

※上記記述は以下のサイトを参考にしています。
太平洋岸自転車道ナショナルサイクルルート指定推進協議会公式HPより

2021年1月の候補ルート3:トカプチ400

日本の食を支える十勝の特徴は、広々とした大地とそこに広がる畑や酪農地、その先に広がる地平線と青い空です。

多くの人がイメージする「北海道らしい風景」を体感できるサイクリングルートが「トカプチ400」です。

ルート概要

画像出典元:おびひろ観光ナビ公式HPより

スタートとゴールは帯広市で、北は上士幌町、南は大樹町までを8の字に結んだルートになっており、延長403kmです。

北海道の大地はもちろん、市街地や森林地帯、海岸沿いなどさまざまな風景に出会えるのもおすすめのポイントです。

ルートの入口となるゲートウェイは、とかち帯広空港とJR帯広駅の2か所。

熟練度に合わせて3つのコースが準備されており、レンタサイクルを利用すれば、初心者でもチャレンジしやすい環境となっています。

観光スポット

ルートの南側には、まっすぐなダウンヒルで迫力満点な忠類坂や、十勝の名産ワインのブドウ畑のほか、豚丼などの名物グルメを楽しめる十勝市街地があります。

ルート北側には、広大な十勝平野を見渡せる十勝が丘展望台や、最近メディアでも取り上げられることが多いタウシュベツ川橋梁、三国峠の樹海にかかる巨大橋”松見大橋”に白樺並木など自然を満喫できるスポットが盛りだくさんです。

北側のルートは南側のルートに比べて起伏が大きくなります。

サイクリングをサポートする取り組み内容

画像出典元:上士幌町観光情報公式HPより

サイクリングに慣れている人だけでなく、サイクリング初心者にも自転車で走る楽しさを知ってもらえるようなサポートがあります。

その一環として、8か所の施設でレンタサイクルを利用することができ、自転車を持っていかなくてもサイクリングが楽しめます。

また、一部の施設では、レンタルの予約をした自転車をとかち帯広空港まで届けてもらうことができます。

さらに、多くの人にトカプチ400の魅力を知ってもらえるように、動画を使ったPR、走ることだけでなく「景観」「観光」「食」をメインにした初心者向けのルートのマップ制作や配布もしています。

北海道のサイクリングスポットは以下の記事でも紹介しています。


※上記の記述は下記の資料を参考にしています。
国土交通省北海道開発局 帯広開発建設部『十勝地域におけるサイクルツーリズム促進に向けた取り組みについて
十勝観光連盟公式サイト『とかち晴れ
上士幌町観光協会『かみしほろレンタサイクル

ナショナルサイクルルートの候補ルートを走りに行こう!

ナショナルサイクルルートの候補ルートはいかがでしたか。

どれも日本が世界に誇りうる景観やスポットを楽しむことができるものばかりです。

候補に挙げられたルートは、第三者委員会によって審査され、各ルートが正式に決定となります。

もちろん、審査の前であってもサイクリングルートとして整備されているので、すぐにでもサイクリングを楽しむことができます。

コロナが終息したら、ナショナルサイクルルートの候補ルートを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー