旅×自転車 記事

【茨城県】450万本の青い花畑「国営ひたち海浜公園」をサイクリングしよう!|2019年版

※本レポートは2019年4月20日 (土) の様子です。

ゴールデンウィークの時期にしか見れない絶景として世界からも注目を集めるのが、茨城県にある国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑です。

ネモフィラの青い花畑を見ることができる場所は全国にも数か所ありますが、ひたち海浜公園は面積、本数ともに日本一の規模を誇っています。

そんな絶景を見ようと、周辺の道路は大変混雑することでも有名です。しかも園内は広いので歩くと大変!

しかし、そんなときに活躍するのが自転車です。実はひたち海浜公園には知る人ぞ知る立派なサイクリングコースがあるのです。

今回は国営ひたち海浜公園をレンタサイクルでサイクリングしてきましたので青いネモフィラ畑の様子と共にレポートをお届けします。

国営ひたち海浜公園の概要

住所:〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
公式HP:国営ひたち海浜公園

「国営ひたち海浜公園」は、茨城県ひたちなか市の東海岸に位置する広さ約200haの広大な海浜公園です。

園内の各所に大規模な花畑があり、春はスイセン、チューリップ、初夏にはネモフィラ、バラ、夏にはジニア、秋にはコキア(ほうき草)やコスモスなどを年間を通じて楽しむことができます。

中でも超が付くほど人気なのが、約450万本の青い花「ネモフィラ畑」ですね。ピークは1週間から10日程度つづくようなので、ゴールデンウィーク終盤まで楽しめるそうです。

国内で人気に火がついたのは2012年頃からで、Facebookのコミュニティページにネモフィラ畑が掲載されたことがきっかけだったそうです。その後、2015年にCNNが選んだ日本の絶景31選の1つに選ばれたことで海外観光客からも人気が出て大ブレイク。

なんと、2015年4月~9月に茨城県内を周遊した海外からの団体ツアー客は、前年に比べ930%増加した、というから驚きです!

参考:ひたち海浜公園をキラーコンテンツとした茨城のインバウンド

ひたち海浜公園の詳細情報は下記よりご確認ください。

国営ひたち海浜公園をレンタサイクルで楽しむ!サイクリングレポート

今回のサイクリングコース

今回は水戸駅でレンタサイクルし、水戸駅~ひたち海浜公園と公園内のサイクリングを楽しむプランをたてました。

サイクリングコースの距離、所要時間は以下の通りです。

距離:約34km
コース:(水戸駅→ひたち海浜公園→公園内→水戸駅)
所要時間:5時間(休憩、食事、観光含み)

水戸駅とひたち海浜公園まで14kmほどあるため、長距離の自転車に慣れていない方は、ひたち海浜公園でもレンタサイクルをすることができます(予約は不可)。

Cycle Route 5682710 – via Bikemap.net Open Route in Bikemap App

①水戸駅でレンタサイクル

10:00
水戸駅北口でレンタサイクルを借りましょう

水戸駅でレンタサイクルを利用します。水戸駅周辺のレンタサイクルは以下の3か所です。

■北口側 水戸駅北口レンタサイクル
⇒電動アシスト付自転車(スポーツタイプもあり)
※北口レンタサイクルに必ず返却する必要あり

■南口側 千波湖・桜川レンタサイクル水戸駅南口レンタサイクル

⇒普通車・子供用自転車(千波湖・桜川にはタンデム車あり)
※千波湖・桜川、水戸駅南口どちらに返却してもOK

今回は北口のレンタサイクルを利用します。

水戸駅の改札を出たら北口方面へ向かい、バス乗り場への階段があるので1階へ降ります。

バスの3番乗り場方面へ進むと、左手に「レンタサイクル受付」の看板のある地下への階段があるので、そちらへ進みましょう。

しばらく歩くとレンタサイクルの貸出・返却場所に着きます。

今回借りた自転車はe-BIKEです。レンタサイクルの詳細はこちらのページをご覧ください。

一般社団法人水戸観光コンベンション協会

なおTABIRINでは以前、水戸駅で自転車をレンタルし、水戸偕楽園の梅まつりのサイクリングレポートも公開しています。是非水戸駅でのサイクリングに参考にしてみてくださいね。

②水戸駅から国営ひたち海浜公園へ

10:15出発
サイクリングスタート!国営ひたち海浜公園へ(所要時間1時間)

ひたち海浜公園を楽しむのにふさわしい、ネモフィラ畑への期待も膨らむブルーの自転車でいざ出発です!

水戸駅からひたち海浜公園までは約14km。レンタルしたe-BIKEの走行可能な距離は、標準的なアシスト出力のオートマチックモードで45kmでした。今回のサイクリングには十分です。

茨城県道232号に入り、那珂川にかかる水府橋をわたり北上していきます。水戸市内は道がせまかったり、クルマが多かったりするので注意して走りましょう。

ファミリーマートが目印の「卸売市場入口」交差点で右折します。国道6号の高架橋をくぐってまっすぐ進み、「勝倉宮脇」交差点で左折します。

すると、途端にあたりは田園風景に。このあたりはクルマも少なめなので走りやすいですよ。

「農耕車注意」の珍しい標識も見られます。ここから勝田駅までは県道283号をしばらくまっすぐ進みます。

こちらが勝田駅です。ここから、ひたち海浜公園までは残り約6kmの一本道です。

その最初の3分の1の区間には、歩道上にブルーのラインで自転車通行空間が用意されています。

次の3分の1の区間は、歩道・車道と完全に分離された自転車道。サイクリングには最適な道です。

残りの3分の1は車道となります。

意外と上り坂が続くので、電動アシスト車以外だと大変かもしれません。今回はe-BIKEなので楽々です。

その先の「海浜公園入口」交差点にはスタバもあるので、ここでひと休みしても良さそうですね。サイクルラックも置いてありました。

さらにまっすぐ行くと、ひたち海浜公園の西口・翼のゲートに到着します。ここまで1時間弱ですが、意外とあっという間でした。

ここで、ひたち海浜公園には次の4箇所のゲートがあります。

・中央ゲート
・西口・翼のゲート
・南口・赤のゲート
・海浜口・風のゲート

どのゲートからでも自転車の持ち込み、レンタサイクルともに可能ですが、一番おススメなのは南口・赤のゲートです

最も空いていて、かつ園内のサイクリングコースのすぐ近くまで自転車での乗り入れができるためです。

西口から南口へは、茨城県道247号を南東に1.6kmほど進んだ先にあります。

入口と園内のサイクリングコースは、公式ホームページにも詳しく載っているのでご覧ください。

サイクリング|国営ひたち海浜公園

③ひたち海浜公園 南口・赤のゲート

11:15ひたち海浜公園 南口・赤のゲートに到着
(ここまで約14km)

こちらが南口・赤のゲートです。レンガ調の赤いゲートです。

ゲート横の券売機で入園チケットを購入しましょう。大人(高校生以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、そして子ども(中学生以下)は無料です。

自転車持込であっても追加両金はかかりません。園内には自転車を押して入場しましょう。

ひたち海浜公園でレンタサイクルをする方も、チケットを購入して入場してください。

チケットを係りの人に渡して入園したら、すぐ右手にサイクルセンターとサイクリングコース入口があります。

レンタサイクルを借りたい方はここでレンタルすることができます。

他の3つのゲートから入場した場合でも、それぞれのゲートの先にサイクルセンターがあり、レンタサイクルを利用できます。

※南口だけは、土日祝のみの営業なのでご注意ください。

コインロッカーもありました。手ぶらでサイクリングを楽しむことができますね。

また、レンタサイクルの空き状況はこちらの看板で一目で確認できます。一番空いている南口でもタンデム車、アシスト車は人気のようで返却待ちでした。

ちなみにこちらは中央ゲートのサイクルセンターの空き状況です。大人用自転車も空きが無い状況でした。

レンタサイクルができる南口サイクルセンターには自転車がズラリ。

④ネモフィラ畑のある「みはらしの丘」

11:20出発
みはらしの丘へ(距離2km、所要時間約10分)

さっそくネモフィラ畑のある「みはらしの丘」を目指します。

ひたち海浜公園のサイクリングコースを簡単に説明すると、出入口はゲートと同様に4か所あり、全長11kmのコースとなっています。

道中にはゆるやかなアップダウンがあり、木々の間走ったりやひらけた平原を走ったりと、景観に変化があるため、初めての人でも楽します。

サイクリングコース内は横断帯を除いて歩行者立入禁止であるほか、カーブ注意などの注意喚起のサインがしっかり整備されているので、ファミリーでも安心してサイクリングを楽しめる環境になっています。

コース沿線の立寄拠点には、青色の看板が目立つ駐輪場が設置されていて、自転車を利用する人はここに駐輪して園内の散策を楽しめます。

駐輪場はP1~P21までナンバリングされているので、目的の駐輪場の番号を覚えておくと分かりやすいです。

また、コース内の分かれ道には様々な名称の「サークル」が設けられていて、行き先の看板が設置されています。

道路でいう環状交差点(ラウンドアバウト)ですね。最初は地図を見ながらでなければ道に迷うかもしれません。

さて、ネモフィラ畑のある「みはらしの丘」にサイクリングコースからアクセスするには、3つの駐輪場があります。いずれも南口から2~3kmです。

①P3駐輪場
②P20駐輪場
③P21駐輪場

以下ではそれぞれの駐輪場から「みはらしの丘」へのアクセスする場合の散策の様子をご紹介していきます。

P3駐輪場:「みはらしの丘」の正面玄関的な駐輪場

P3の駐輪場は、「みはらしの里サークル」を時計でいうと5時の方向に進んだすぐのところにあります。

サイクリングコースの木々の間を抜けると正面に黄色い菜の花と青色の丘が広がり、感動的です!

正面玄関的な駐輪場で、今の時期、菜の花の黄色とネモフィラの青を一度に楽しむことができます。人が最も多く、歩くのが大変でした。

このとき (2019年4月20日) のネモフィラは6分咲きほどでしたので、ここからさらに青の密度が高まります。

駐輪場のすぐそばには古民家や里の家があり、その軒先でいろいろな催しが行われていました。

食べ物やアイスのコンテナハウス、屋根のある休憩スペース、トイレなどもこの辺りにあります。

P20駐輪場:「みはらしの丘」のふもとにある駐輪場

P20の駐輪場は、「はまかぜサークル」を時計の11時の方向に進んだすぐのところにあります。自転車を利用する人は、この駐輪場を利用している人が多いようでした。

みはらしの丘のふもとにある駐輪場で、ネモフィラ畑の丘のすぐ正面まで自転車でアクセスできるので、とにかく近くまで自転車で行きたいという人におすすめ。

坂を上って曲がると目の前に「はまかぜ橋」とネモフィラ畑が突如現れるので、こちらも感動的です!

P21駐輪場:「みはらしの丘」の裏側の駐輪場

P21の駐輪場は、「みはらしの里サークル」を時計の2時の方向に進んだところにあります。

みはらしの丘の裏側にある駐輪場で、人が最も少ないです。歩いて丘の頂上まで直接アクセスできるので、丘の頂上から攻めたい人におすすめ。

また沢田湧水地という、希少な生態系を間近で観察することができる環境学習拠点の入り口に位置する駐輪場となっています。

ネイチャーハウスもあるので、お子さんの学習にもおススメです。訪れた時にはトイレも空いていました。

みはらしの丘へは、裏側から歩いて上っていきます。

坂を上ると頂上に直接アクセスできます。人ごみを避けたい方にはおススメのルートです。

頂上から眺めるネモフィラも絶景の一言でした。花をじっくり楽しむのは丘の上がきれいでおすすめです。

またみはらしの丘の上には「みはらしの鐘」があり、さわやかな鐘の音が鳴り響いていました。

ただし、頂上付近は風が吹き抜けるので、時期によっては肌寒いこともあります。簡単な上着があると良いかもしれません。

3つのどの駐輪場からでもみはらしの丘を散策できますので、お好きな駐輪場からアクセスしてみてください。

⑤スイセンガーデン

12:20
スイセンガーデン周辺を散策

さて、ひとしきりネモフィラを楽しんだら、西口サイクルセンターのすぐそばのスイセンガーデンに場所を移しましょう。ネモフィラ以外にも様々な花を楽しめることができます。上の画像のように、黄色くてかわいらしい花が一面に咲きほこっていました。

すぐそばにはレイクサイドカフェがあり、軽食や飲み物を購入することができます。また、座って休憩できるテラスハウスもあります。

しっかり食事を楽しめるレストランとして一番大きいのは、中央ゲート近くにある「ガーデンレストラン」になります。スイセンガーデンがある西口付近からは1kmほどの場所にあります。

その他の食事ができる施設は以下をご覧ください。

お食事ができる施設|国営ひたち海浜公園

⑥ひたち海浜公園を満喫したら水戸駅へ

14:00ひたち海浜公園を出発
水戸駅へ(所要時間1時間)
(ここまで約20km)

ひたち海浜公園をしっかり満喫したら、約14kmの来た道をもどって水戸駅へ帰りました。

帰り道は比較的下り基調なので、行きよりも楽でした。

⑦水戸駅北口でレンタサイクルを返却

15:00水戸駅に到着
北口でレンタサイクルを返却

返却手続きもあっという間に終わり、楽しい日帰りサイクリングとなりました。水戸市からひたち海浜公園は思ったほど遠くないので、ちょっとサイクリングで足をのばしてみたい方にもおすすめです。また、自転車に慣れていない方でも、今回のようにe-BIKEなら楽にサイクリングを楽しむことができますよ。

東京からひたち海浜公園にサイクリングに行くには

ここまでご紹介したように、東京方面からひたち海浜公園にサイクリングに行くには、水戸駅を起点とするのが良さそうです。ほどよい距離感もあり、レンタサイクルも利用できるので初心者でも気軽に楽しめます。

なお、東京から水戸までは国道6号線をひたすら北上して約100kmです。慣れている方は一日で往復できる距離ですが、国営ひたち海浜公園でそれなりに楽しむことを考えると日帰りは少々厳しいかもしれません。

そこで、自身の自転車を利用し、東京から日帰りするのであれば水戸駅までの輪行もおススメできます。特急を利用すれば、東京駅から水戸駅までは1時間ほどで到着します。常磐線特急を利用した輪行を計画する際には以下の記事も参考にしてください。

水戸駅以外で茨城県内のレンタサイクルを探すなら以下の記事も参考にしてください。水戸駅よりもひたち海浜公園に近い勝田駅からレンタサイクルで出発するのも良いかもしれません。

ひたち海浜公園の青いネモフィラ畑を楽しもう!

さて、ひたち海浜公園のサイクリングレポートをお届けしましたがいかがでしたでしょうか。今回ご紹介したように、ひたち海浜公園は美しい花々の景色を望みながらサイクリングを楽しめる公園となっていました。ゴールデンウィークは、自転車でひたち海浜公園を満喫してみてはいかがでしょうか。

ただし園内にはたくさんの歩行者が通っています。周りの方に気を配ることはもちろん、自転車はルール・マナーを守って正しく利用をしましょう。

そのほか、水戸市のサイクリングを楽しむなら以下の記事をご覧ください。


(執筆:t.k)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー