旅×自転車 記事

【東京都】豊洲市場がオープンした豊洲は自転車にやさしいまちになっていた!

2018年10月11日、豊洲市場がついにオープンしました。

豊洲市場の周辺を江東区臨海部コミュニティサイクルで走ってみました。
レンタサイクルポートは、まちのあちらこちらに設置され、自転車道などの自転車走行空間も整備され、歩行者にも自転車にもやさしい街になっていました。

タワーマンションや話題のスポットも増え、銀座や東京オリンピック・パラリンピック会場からも近い、おしゃれなまちになった豊洲周辺をコミュニティサイクルで走ってみませんか。

(1)東京都江東区にある豊洲


東京都江東区にある豊洲は、銀座から約5km圏に位置します。
鉄道駅は、東京メトロ有楽町線、ゆりかもめの豊洲駅、ゆりかもめの新豊洲駅、市場前駅があります。
幹線道路は、晴海通りが通り、まもなく環状二号線の豊洲から築地までの区間について暫定的に開通する予定です。

近年、タワーマンションが林立し、キッザニア、バーベキュースペース、チームラボプラネッツなどの話題のスポットが増えているおしゃれなまちです。

(2)江東区臨海部コミュニティサイクル

スカイズタワー&ガーデン
▲タワーマンションのスカイズタワー&ガーデン

用事のあった芝浦工業大学付属高校に最も近い『H1-29.スカイズタワー&ガーデン』のポートで江東区臨海部コミュニティサイクルを借ります。

江東区臨海部コミュニティサイクル
▲H1-29.スカイズタワー&ガーデンのポート
奥にみえるのが正式なポート、手前はポートからあふれたコミュニティサイクル

スマホから会員登録を行い、1回会員を選択します。1回会員の料金は、基本料金0円、最初の30分が150円、以後30分毎に150円が加算されます。

借りたコミュニティサイクル
▲借りたコミュニティサイクル
タイヤの空気がはいってバッテリー充電も100%の自転車を選択

会員登録、借り方、返し方は、以下をご覧ください。

(3)豊洲周辺の話題のスポットを周りながら、様々な自転車走行空間を体験する

広い路肩にブルーの矢羽
▲広い路肩にブルーの矢羽(矢印)とラバーポールが設置されている

出発です。サイクルポートの目の前の道路は、広い路肩にブルーの矢羽(矢印)がペイントされ、ラバーポールも設置されています。交通量も少なくとても走りやすい。

きやり橋からみえる風景
▲きやり橋からみえる風景

正面に見えるきやり橋を渡ります。きやり橋からスカイズタワーや運河沿いの歩行者や自転車が通れる水辺の空間が見えます。

急ピッチで建設が進む有明アリーナ
▲急ピッチで建設が進む有明アリーナ

さらに進むと左前方に急ピッチで建設が進む有明アリーナが見えます。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、バレーボールや車いすバスケットが行われる会場です。あと2年を切った東京オリンピック・パラリンピックが待ち遠しいですね。

建設が進む有明体操競技場
▲こちらも急ピッチで建設が進む有明体操競技場

きりや橋を渡った後、引き返します。左側に有明体操競技場が見えます。

きりや橋の自転車走行空間01
▲きりや橋の自転車走行空間
歩道の色と白線で歩行者と自転車が分離されている

きりや橋の自転車走行空間は、白線と舗装の色とサインで歩行者と自転車が分離されています。いわゆる視覚的分離です。自転車走行空間には矢印とピクトで自転車の通行位置を明示されています。

きりや橋の自転車走行空間02
▲飛び出し注意の看板

カーブで先が見えない場所では、飛び出し注意の看板も設置されています。歩行者と自転車がしっかりとルールを守れば、交通量が少ない区間はこの手法もありですね。

豊洲市場
▲豊洲市場の外観
運河沿いに歩行者や自転車が通れる水辺の空間がある

右側には、10月11日にオープンした豊洲市場が見えます。これからどのように市場の歴史を築いていくのでしょうか。

豊洲市場の正門
▲豊洲市場の正門

豊洲市場は、一般利用者の自転車駐車場はないため、自転車を利用する場合は、コミュニティサイクルを利用して近くのポートに返却してから豊洲市場を見学することをお勧めします。
豊洲市場は、『H1-61.Brillia ランニングスタジアムマギーズ東京前』か『H1-44.テプコ豊洲ビル』へ返却して向かうのが便利です。

テプコ豊洲ビルのサイクルポート
▲豊洲市場から比較的近いH1-44.テプコ豊洲ビルのサイクルポート

 

豊洲市場の前の道路には、豊洲駅から新豊洲駅、市場前駅、有明テニスの森付近までの区間に一部工事区間がありますが、両側に連続して自転車道が整備されています。

新市場前駅から有明テニスの森へ向かう自転車道
▲新豊洲駅付近の自転車道
新市場前駅から有明テニスの森へ向かう自転車道
▲新市場前駅から有明テニスの森へ向かう自転車道

自転車道は、歩道と自転車道を柵で分離し、歩道と自転車道の色と材質を変えています。
また、中央に白線を引き、矢印とピクトを設置することで自転車走行位置を指定していました。

歩行者が多い区間がありますが、歩行者も自転車も概ねルールが守られている印象で、自転車にも歩行者にもやさしい道路になっていました。

ガスの科学館がすてなーに
▲ガスの科学館がすてなーに
科学と暮らしの視点からエネルギーと環境のはてなを学べる
豊洲公園のアーバンゲートブリッジ
▲豊洲公園のアーバンゲートブリッジ
ららぽーと豊洲と隣接している

そして、「がすてなーに」「豊洲公園」などの話題のスポットを周りながら、借りたサイクルポートと同じポートに返却しました。とても気持ちの良い約1時間のサイクリングでした。

運河沿いの歩行者と自転車の水辺空間
▲運河沿いの歩行者と自転車の水辺空間

豊洲は、コミュニティサイクルのポートが充実し、様々な自転車走行空間が整備され、気持ちよくサイクリングができる自転車にやさしい街になっていました。
暖かい日には、コミュニティサイクルを借りてぶらり豊洲周辺をサイクリングしてみませんか。

(文責:s.k2)

【本日のサイクリングルートはこちらから】

関連記事・関連ページ

東京都のサイクリング情報

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー