旅×自転車 記事

小型電動アシスト自転車シェアリングサービス「LUUP」の借り方と乗り心地 in 大阪

※この記事は2021年6月18日に公開されたものを2021年10月に更新したものです。

「LUUP」は、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティで、現在は電動アシスト自転車と電動キックボードを用いたシェアリングサービスを展開しています。

今回はそのLUUPの電動アシスト自転車を使ってみましたので、借り方や乗り心地をご紹介します。

LUUPとは?

LUUPは、電動キックボードや電動アシスト自転車を東京、大阪で提供しているシェアリングサービスです。

エリア内に設置されているポートで、電動キックボードまたは電動アシスト自転車を借りることができます。エリア内でのポートは複数あるため、返却時には目的地から歩くことなく利用することもできます。

https://luup.sc/

なお、電動キックボードを利用する際には事前のアプリ登録が必要です。アプリ登録の際には、運転免許証の登録と、道路交通法に関する事前テストを受けます。電動キックボードを利用するには、このテストに全問正解しなければいけません。

LUUPを利用できるエリア

LUUPを利用できるエリアは東京と大阪です。(2021年10月現在)東京では、渋谷区/目黒区/港区/世田谷区/品川区/新宿区/中央区/千代田区で利用することができます。

なお、令和3年10月21日〜令和4年3月31日の期間では、みなとみらい21地区で実証実験が行われます。みなとみらいでお出かけする際は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

大阪では、キタ・ミナミエリアで利用できます。利用エリア外での走行は禁止となっており、原則として車道を走行しなければいけません。利用エリアであれば、自転車レーンとサイクリングロードを走行することが可能です。

LUUPの借り方

大阪・心斎橋にある私の事務所近くに、いつしかポートができていたLUUP。今回はLUUPの電動アシスト自転車を借りることにします。ちなみにLUUPの電動アシスト自転車は、キックボードと同じサイズで開発されたそう。

利用に際し、まずは事前にスマホにアプリをダウンロードします。そして手順にそってカード番号などを入力すれば、借りるための準備は完了。かなり簡単です。

ポートに着いたらアプリを立ち上げて自転車のQRコードを読み取ればロックが解除されます。これもまた非常に簡単。ポートにも説明が表示されているので安心です。思いのほか簡単に借りることができたので、早速乗ってみます。

LUUPの小型電動アシスト自転車の乗り心地

早速サイクリングスタート!身長に合わせて調整

今回のLUUPを使用したサイクリングでは心斎橋のポートから御堂筋を南下して難波方向へ、その後千日前通りから堺筋へ出て、中之島を目指すコースを走ります。

まずシートの高さを調整。私の身長は170cmですが、結構小型なのでシートはメモリいっぱいまで上げます。(175cm以上の人にはシートが低く感じると思います。)

ハンドルが近いので、ライディングポジションは、かなり垂直姿勢です。

自転車にはライトも装備されています。

また搭載されているブレーキはディスクブレーキ。街中でも問題なく効きました。

ペダルを踏むと、最初はちょっと”重い”感じがするのですが、すぐに電動アシストが効いてきます。走り始めるととにかくペダルを回さないと進まないです。タイヤが小さく、シングルギアなので仕方ないですね。

今までにないケイデンスでペダルを回しますが、間違いなく20km/hは出ていないです。軽い登りは、しっかり電動アシストしてくれるので全く問題ありません。

御堂筋や堺筋の車道を走るには、それなりにペダルを回さないといけないので、良い運動になります。

LUUPで公園散策

堺筋を北上し、中之島へ。

公園に入ると、そもそもスピードを出す場所ではないので、ここまでの「移動」とは違い、かなり快適です。


ちょうどバラが咲き誇っている時期だったので、この小さなモビリティはとても絵になります。写真映えするので、時間が経つのを忘れてしまいます。

中之島公園から西へ走り、御堂筋へと出て、大阪市役所のモニュメントをバックに写真!

御堂筋を南下して心斎橋へと戻ります。

LUUPの返却方法と料金

サイクリングも終了したところで、LUUPの返却を行います。これもまた非常に簡単。
LUUPの返却方法は自転車のロックをして、返却した写真を送信すれば完了します。

走った距離は、たった4.1kmですが、しっかり走った(回した?)感があります。中之島公園で写真を撮ったこともあり、1時間50分も使っていました。

今回かかった料金は1,760円。初乗り10分間110円(税込)、10分以降は1分あたり16.5円(税込)の計算です。

まとめ

シェアサイクルは事前の申込手続きなど面倒なイメージがありましたが、LUUPではとにかくその“手軽さ”に驚きました。また走り出してからの”アシスト感”もしっかり体験できました。

スポーツ自転車のように「早く走る」「遠くへ走る」目的ではなく、歩いて行くには遠い1~3km程度の移動にはとても便利なアイテムだと思います。

料金は1時間使えば935円です。タイムズカーシェアで自動車を借りたら1時間で880円。割高と感じる方はいると思います。しかし風を感じながら街を走り、写真を撮ってみたり、街中の風景を五感で楽しめるアイテムとしてなら、決して高いとは思いませんでした。

移動手段だけでなく、街の風景をのんびり楽しめるモビリティとして、このシェアサイクルサービスを使ってみてください。次は東京の街を「LUUP」で楽しんでみたいと思います。




この記事を見たあなたは要ダウンロード!TABIRINアプリ

2021年8月、ついに当メディアTABIRINのアプリがリリースされました!
そして10月にはバージョンアップ!

サイクリングマップが表示される「TABIRIN MAP」機能、自分だけのコースを反映することができる「オリジナルコース」機能、そしてバージョンアップでは走ったコースや立ち寄った施設などの旅の思い出をコレクションできるコレクション機能が搭載されました!

是非ダウンロードしてくださいね。

執筆:YASU

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー