旅×自転車 記事

【大阪市】スマホをもって写真映えスポットを探し御堂筋約4kmサイクリング

以前ライトアップの御堂筋をご紹介しましたが、今回は「写真映えスポット」を探しながらの自転車散策。約4kmの御堂筋の下は地下鉄御堂筋線「梅田駅」~「難波駅」区間になり間に3つの駅があります。
御堂筋周辺で撮った風景を駅ごとにご紹介します。

TABIRINでは、コロナ禍におけるサイクリングを中心とした観光情報を発信する3つの意味を持って、情報をお届けしています。自転車を利用する場合は、最新の動向を踏まえ適切に行動するようにしましょう。
感染リスクがない環境での運動としてのサイクリングで徹底すべきこと
まん延防止のための自転車通勤で徹底すべきこと

梅田駅

JRは「大阪駅」と私鉄は「梅田駅」と呼ばれる高層ビルや商業ビルが立ち並ぶ大阪の玄関的なエリア。

ここでご紹介するのは通称「お初天神」。正式な名称は「露天神社(つゆのてんじんじゃ)」。都会の真ん中にこんな風景があります。

淀屋橋駅

梅田から南下して大江橋を渡ると中之島にあるのが大阪市役所。

そしてすぐの橋が「淀屋橋」

緑もあり都会のオアシスのような雰囲気です。1本道をそれると古き良き建物も残っています。

本町駅

オフィス街や問屋街の本町。セントレジスホテルやハードロックカフェもあります。

古くからシンボル的なのが船場センタービル。

大阪市内の中心を東西に走る中央大通りに面し高速道路の高架下を1~10号館に分かれています。御堂筋に面した東側は9号館。2013~2015年にかけて外壁が改修され、こんな写真が撮れるようになりました。

心斎橋駅

ファッションの中心エリア心斎橋は高級車のショールームも立ち並んでいます。

2019年9月にリニューアルされた大丸心斎橋店

その向かいにあるビブレの前ではこんな写真が撮れます。

難波駅

大阪一の繁華街「ミナミ」で知られる難波エリア。まずはオムライス発祥の「北極星」。

そしてその近くには何とも不思議な外観の「道頓堀ホテル」。

そして道頓堀を望むこの風景。

最後に「南海難波駅」が見えてきたら終点。

右手に見える「新歌舞伎座跡」は2019年12月に外観のイメージを継承した複合商業施設「ホテルロイヤルクラシック大阪」としてオープンしました。

まとめ

自転車はロードバイクじゃなくても、カメラは一眼レフでなくても、自転車とスマホがあれば色々な写真が撮れます。身近な街の風景を探しに自転車で出かけてみませんか。

執筆:YASU

関連記事



  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー