旅×自転車 記事

【大阪府】夜のサイクリング「御堂筋イルミネーション2018」を自転車で楽しむ


11月になれば大阪市のメインストリート「御堂筋」がイルミネーションで彩られます。
御堂筋は約4kmなので、歩くにはちょっと時間がかかりますし、クルマではあっという間に通り過ぎてしまいます。なので、自転車でゆっくり楽しむ「光の饗宴」をご紹介します。

「大阪・光の饗宴」御堂筋イルミネーション


「大阪・光の饗宴」とは、今回で6年目を迎える大阪の冬の風物詩。「御堂筋イルミネーション」と「OSAKA光のルネサンス」をメインイベントに、大阪がイルミネーションの美しい光に包まれています。
今年で10年目を迎える「御堂筋イルミネーション2018」では、御堂筋のイチョウ並木を中心にインパクトある光空間を創出しています。枝葉にもイルミネーションを施すことで、例年よりも光の演出をボリュームアップ。梅田から難波までの全長4kmもの区間を、光の川に見立てたイルミネーションで彩られています。
■御堂筋イルミネーション2018
開催期間:11月4日(日)〜12月31日(月)
開催場所:御堂筋 (阪神前交差点~難波西口交差点)
点灯時間:17:00頃〜23:00
https://www.hikari-kyoen.com/midosuji/

大阪・梅田の陸橋


まず梅田まで行って御堂筋を南下します(御堂筋は南行き一方通行です)。ただ梅田の交差点はとても複雑なので、陸橋を使って北東側へ行きます。
陸橋は自転車の通行もOKですが、自転車が乗れないエレベーターもあるので注意してください。

御堂筋のイルミネーション


御堂筋イルミネーションは、地下鉄駅で言うと「梅田」~「淀屋橋」~「本町」~「心斎橋」~「難波」の5駅間になります。
まずは梅田から淀屋橋へ

この間は右側に「青いイルミネーション」、左側は銀杏の木に「黄色いイルミネーション」が多いです。

続いて淀屋橋から本町方面へ。ここから御堂筋は4車線の左右に側道2車線の全6車線になります。自転車は一番左の側道車線を走ります。

オフィス街に「青いイルミネーション」がスタイリッシュに輝いています。
本町から心斎橋間は歩道の植え込みに「白いイルミネーションが眩いほど輝いています。

ここもオフィス街で、真ん中の木々は主に「青のイルミネーション」、両端は「黄色いイルミネーション」のようです。

心斎橋から難波の間はショッピングエリア。心斎橋は高級ブランドが立ち並び、難波に行けばご存知のネオンに彩られた景色がひろがります。

難波まで進み、高島屋が見えたら4kmサイクリングの終点です。

まとめ

今回ご紹介したのは大阪市ですが、これからの季節は全国各地で街が美しいイルミネーションに彩られてくると思います。日が落ちると少し肌寒くはなってきましたがまだ自転車で快適に走れる季節です。
そして、私はオフィスの自転車で楽しみましたが「シェアサイクル」がとても便利!
ぜひTABIRINでシェアサイクル検索して、皆さんの街で夜のイルミネーションサイクリングを楽しんでみてください!

執筆:YASU

関連情報

大阪市のシェアサイクル

全国シェアサイクル情報

鉄道駅に近いレンタサイクル情報

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー