旅×自転車 記事

【雪国第2弾】雪が残る山間の町、高山市の古い町並を気ままに走る!

たびりん自転車部のコぶたです。

寒さも徐々に和らぎ、春の足音が。。。

たびりんでも桜などの春らしい記事がアップされ出してますね!

しかーし!まだまだ雪国を紹介しますよ!笑

前回の白川郷に引き続き、岐阜県の高山市です。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに3つ星で紹介されている我が国屈指の観光資源の一つ「古い町並」があります。

高山駅は外国人でいっぱいになるほど、外国人にとても人気の観光スポットです。

高山までの交通手段ですが、

3大都市(東京、名古屋、大阪)からは高速バスがでておりますし、

鉄道の場合は、以下です。

東京—北陸新幹線—富山—JR(ワイドビューひだ)—高山⇒約1.6万円、4.0時間

あるいは

東京—東海道新幹線—名古屋—JR(ワイドビューひだ)—高山⇒約1.5万円、4.5時間

名古屋—JR(ワイドビューひだ)—高山⇒約0.6万円、2.5時間

大阪—JR(ワイドビューひだ)—富山⇒約0.8万円、4.5時間

「ワイドビューひだ」には初めて乗りました。雪が映えます。高山駅にて。

高山駅は平成28年に新駅舎が整備され、駅前広場がまだ整備中でした。

とりあえず中が綺麗でした。

こんなモニュメント?があります。

駅舎からの景色。雪国らしい景色。

新駅舎の外観。まだ、工事中なのが残念。とりあえず歩いて散策。

駅の目の前の景色。写真を撮っているときは気づきませんでしたが、左の銅像が気になる…

情緒ある風景。

古い町並!ここがメイン通り!人が多いので自転車の場合は押し歩きで。

観光案内所。

こんなお洒落な案内も町中に。

足元にも。

なんと!今回はレンタサイクルを借りれました!

初雪国ライドでテンションMAXです!

借りた場所は駅の北側にある「池畑商店 地酒十二蔵」

地酒のお店ですが、飲むのも買うのも乗った後で。

それではいざスタート!とりあえず中心部をぐるっと周ることに。

いきなり高山市役所。立派な建物です。

途中の歩道。すべて雪で覆われている歩道もあり、車道を走るしかない状況なので、

雪国では車道走行が見につくかもしれませんね。笑

こんな感じのところもありました。さすが雪国。

走行しているといい坂が!ただ、雪道に坂。。。なんとか登れました!

たまたま見つけた「大雄寺」。雪とのコラボ。

境内も雪でいっぱい。

風神・雷神的なもの。昔のヤンジャンの漫画を思い出しました。

雪国ならではの町づくり。

高山別院。外観だけ。

今回の一押し!こんなところにさるぼぼベンチ!

これは撮影するしかないです。探してみてください。

先ほどのメイン通りを外側から。

この橋からの景色がいい感じです♪

小腹が空いてたらルートの途中にみたらし団子を発見!「二四三屋」さん。

一本60円?80円?忘れましたが、醤油が香ばしく、しっかりとした味でサイクリングとの相性もばっちし!(写真映りが…)

走行中の雪の塊。このような車道の端にある雪には絶対に乗ってはいけません。間違いなくスリップします!

高山陣屋。楽しみにしていましたが、閉館していました…時間見とけばよかった…

最後に景色を。名残惜しみながら高山をあとに…

雪国でのサイクリングはスリップの心配で不安でしたが、なんとかなるもんですね。

歩道は危険ですが、車道なら普通に走れますね。自転車は原則車道だから問題ないか…

ただ、一部では車道に積もった雪を路肩に集めている場合があるので注意は必要です。

今度はマウンテンバイクで雪の上をがっつり走りたい!

【今回のサイクリングルート】

【雪国第1弾:3つ星の白川郷はこちら】

【雪国第1弾】訪日外国人の人気スポット!雪に覆われたユネスコの世界遺産「白川郷」を楽しむ!

 

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー