旅×自転車 記事

【神奈川県】春を感じる鎌倉の梅めぐりと海沿いサイクリング

立春を過ぎればいよいよ春の足音が聞こえてきます。
鎌倉で梅の名所として知られる古刹をめぐり、江ノ島までの海沿いを走って春を感じることができた、2月の晴れた週末サイクリングをご紹介します。

JR戸塚駅から北鎌倉駅へ

JR戸塚駅から柏尾川沿いに大船方面へ、そして北鎌倉駅まで8km走ります。

北鎌倉駅を越えたら西へと走って「海蔵寺(かいぞうじ)」へ。

落ち着いたこのお寺は、四季の草花が絶えない花寺として人気があります。
境内には美しい紅梅や白梅が咲いています。

鶴岡八幡宮から金沢街道へ


鶴岡八幡宮前から横浜市金沢区の朝比奈までの県道204号は「金沢街道」と呼ばれ、かつて商人たちが塩や海産物を運んだ街道で、花の名所として知られる古刹が多いことでも知られています。

鶴岡八幡宮から東へ約250mで「宝戒寺」。枝垂れ梅をはじめ紅梅や白梅など、多くの梅が植えられています。
まだ咲き始めの梅が多い中、深紅の梅が特に印象的でした。

「宝戒寺」から金沢街道を走り少し北へ行けば「荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)」。

福岡県の太宰府天満宮、京都府の北野天満宮とともに、日本三古天神に数えられる古社(諸説あり)です。
咲き始めの淡い紅梅と、朱色に塗られた社殿は華やかです。

荏柄天神社から西へ約1km走れば鎌倉五山第五位の「浄妙寺」。

風格を感じる本堂と、白梅や紅梅の風景です。

山門をくぐり、境内を抜けて坂道を上がっていくと「石窯ガーデンテラス」があります。石窯で焼く手作りパンや、地元・鎌倉産を中心に集めた旬の食材を使った料理が楽しめます。

海沿いの風景へ

浄妙寺から金沢街道、小町大路を約4km走って国道134号に出れば由比ヶ浜。
ここには三浦半島一周サイクリングのマイルストーンがあります。

夏には由比ガ浜海水浴場が開かれ、家族連れも楽しめるファミリービーチとして賑わいを見せていることから「家族とビーチ」が記されています。

しばらく海沿いの国道134号をのんびりサイクリング。

国道134号沿い「Venus Cafe(ヴィーナス カフェ)」でランチタイム。


CLASSIC BURGER(クラシックバーガー)は、ビーフパティ、レタス、トマト、グリルオニオン、チェダーチーズ、厚切りベーコン色々なトッピングが入ったクラシカルなハンバーガーです。
セットにはスープ、ポテト、フルーツ、ドリンクが付いています。

江ノ島から極楽寺へ

Venus Caféから海沿いを進めば「稲村ケ崎」。ここから見える江ノ島まで約5km走ります。

国道134号から橋を渡って、江ノ島の湘南港北 緑地広場。

再び橋を渡って江ノ島水族館近く、片瀬漁港 東プロムナードから江ノ島を望む風景です。

国道134号を稲村ケ崎まで走って海とは反対側へ左折し、極楽寺方面へと走れば、江ノ電と並走できる場所があります。

その先にある極楽寺駅すぐ近くに「極楽寺」があります。門前には美しい白梅が咲いていました。

カフェと公園の梅

帰りは北鎌倉駅近くの「micoco café」で一休み。テラス席で暖かいカフェオレを飲んでコーヒーブレイク。

帰り道の途中立ち寄った、柏尾川沿い「金井公園」でも美しい梅が咲き始めていました。

JR戸塚駅へと戻ってサイクリング終了です。

コース紹介


距離:42.9 km、獲得標高:170 m

まとめ

良く晴れた週末の鎌倉は観光客も多く、鶴岡八幡宮や長谷寺など有名な寺社仏閣もありますが、サイクリングならではの、ちょっと穴場のお寺や神社をめぐってきました。
咲き始めの梅を見たあとは、江ノ島まで海沿いを走り、思いっきり春を感じることができました。
冬は少しサイクリングから遠ざかっていた方も、自転車で春を感じてみてください。

執筆:HANADA

関連記事


 

 

 

  • この記事がいいねと思ったら
    •  1
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • サイクリングレポート(記事下部)
    サイクリングレポート(記事下部)
    編集部おすすめ
    ランキング