旅×自転車 記事

【アルゼンチン】レンタサイクルで古都サン・カルロスと山羊のチーズ工場見学

こんにちは、Hiro です。自転車で世界を旅しています。

マウンテンバイクをレンタルして、アルゼンチンの古都「サン・カルロス」までサイクリングを楽しみました。

土のイメージの強いアルゼンチンですが、ダムや貯水池などの水の流れを感じられる場所やサン・カルロスの伝統工芸、チーズ工場のかわいいヤギたちの様子をご紹介いたします。

▲フラミンゴが生息する貯水池「サン・カルロスダム」

 

【Cafayate カファヤテの場所】

また、この記事の最後にサルタからカフェヤテまでの雄大な自然を感じながらの約200kmの自転車旅の様子を紹介しているのでそちらも読んでいただけると幸いです。

古都サンカルロスへサイクリング

サン・カルロスはカファヤテから、25km の距離にあります。カルチャキ渓谷に位置し、人口約7,000人(2010年統計)標高1,700mです。アルゼンチンで、最もツーリスティックな街道、国道40号線沿いにいあり、以前、訪れたカチ村とカファヤテの間にあります。

サン・カルロスは、アルゼンチンのサルタ州、最古の町で、サルタ州で最初に教会が建てられました。サルタ州の州都を決める投票では、1票差で現州都のサルタ市に破れ、サルタ州の州都になることはありませんでした。とても小さな町ですが歴史のある場所です。

今回は、カファヤテの中心部から、歩いて10分の場所にある、ルーラルバイク(Rural Bike RN 40)でマウンテンバイクをレンタルして、サン・カルロスへサイクリングしてきました。

店名 Rural Bike RN 40
住所 Bartolomé Mitre 258, A4427 Cafayate, Salta,Argentina
営業時間 月〜日: 9:00 ~ 21:00
website https://www.facebook.com/ruralbikern40/

レンタルバイク料金

1時間:200ペソ (約230円)

5時間:900ペソ (約1,100円)

24時間:1,800ペソ (約2,100円)

ガイド付きマウンテンバイクツアー

3時間:<ワイナリー 巡り>

1グループ(最高6人)/ 3,000ペソ (約3,500円) *別途、自転車レンタル要

時期と、グループにより、3箇所のワイナリーを巡ります。

6時間:<ケブラーダ・デ・ラス・コンチャス(Quebrada de las conchas)ツアー >

1グループ(最高6人)/ 5,000ペソ (約5,900円) *別途、自転車レンタル要

Garganta del Diablo(ガルガンタ・デル・ディアブロ:悪魔の喉笛) 〜 カファヤテ (約50km)

*料金は、2021 年10月時点でのもの。

今回は、ツアーに参加せず、マウンテンバイクのレンタルだけです。

出発

ルーラル・バイク・RN40
▲ルーラル・バイク・RN40。RN40とは、ルータ・ナショナル40 (国道40号)の意味です・
▲オーナーのアレさん。
▲今回レンタルしたマウンテンバイク、VENZO(ヴェンゾ) はアルゼンチンの国産メーカーです。
▲10:15出発!町を出て、サン・カルロス方面を目指します。
▲Ruta del vino ワインの道がこちらにも。
▲乾燥していて、砂漠地帯です。

アニマナ

▲1時間ほどで、アニマナの村に到着。教会で少し休憩。
▲11:30 サン・カルロスの町につきましたが、先に行っておきたい場所があるので、カチ 方面へさらに進みます。
▲さらに20分ほど進み、国道40号戦を進み、アスファルトが終わりました。
▲ここをまっすぐ進むと、150kmほどで、カチ村に着きます。

ラ・ダルセナ(La Dársena)

▲12:00 目指していた場所に到着。ラ・ダルセナ(La Dársena) という場所です。
▲サン・カルロスに行くなら行ってみたら?とお勧めされていました。浄水場のような場所で、処理された綺麗な水が噴水されています。
▲とても綺麗な水で、この水が、カファヤテやサン・カルロスに送られ、水道から出てきます。
▲泳ぎたくなるほど、澄んでいます。

サン・カルロスダム

▲水が噴射されていたところから、少し登ると、池が。
▲貯水池かダムのようです。
▲遠くに鳥がいます。
▲なんとフラミンゴでした。
ダムを一周

▲未舗装路もパンクに気をつけて進みます。

ダルセナを1周して、きた道を戻り、13:00 サン・カルロスへ戻ってきました。

サン・カルロス

サン・カルロス教会
▲サン・カルロス教会。サルタ州最古の教会です。
▲中は、そこまで広くなく、
▲シンプルな作りです。
▲人が、登って話をするところでしょうか。素敵な作りですね。
伝統工芸品市場(Mercado Artesanal)
▲伝統工芸品市場(Mercado Artesanal)
▲工芸品が売られています。
▲お皿や、
▲壺、楽器など。
▲日本でもみることができそうな、植物の葉で作られた、カゴなど。
▲この方が、この場所を管理し、工芸品も作っていました。
▲シエスタ時間のため、博物館と、インフォメーションセンターは、閉まっていました。
中央広場(Plaza)
▲中央広場(Plaza)のモニュメント。
▲中央広場は、広々としており、美しい緑でした。
▲中心部の町並み
お昼ご飯
▲お昼ごはんを食べにきました。伝統工芸品市場のおじさんに聞いた、民家の中にある、ローカルの食堂です。
▲写真を撮る前に、食べてしまっていましたが、じゃがいもにチーズを挟んで揚げたものと、ご飯。
▲スープ
▲伝統のデザート、アンチ。とうもろこし粉を水で溶いたもの。こちらは、オレンジのフレッシュ果汁がプラスられていました。爽やかな美味しさです。砂糖で、甘みを自分で調整します。

300ペソ(約320円)でしたが、味は正直、いまいちでした。デザートが一番美味しかったです。アルゼンチンは大抵の料理が、美味しいのですが、珍しくハズレでした。残念。

いまいちでは、ありましたが、新しいプロジェクトで、ショートムービーを作っているので、ご覧ください。

▲Familia Arjona, San Carlos, Salta, Argentina.

▲サン・カルロスを出発し、国道40号戦を戻ります。
▲いくつもの葡萄畑を過ぎます。
▲綺麗に整えられていますね。

カファヤテに到着

▲15:30 カファヤテに到着!

午後からは、ものすごい向かい風になるので、もう少し早く帰ってくる予定でしたが、遅くなり、向かい風の中、若干の上りの道だったので、なかなかハードでした。

 

山羊のチーズ工場見学

前回の記事で滝へのトレッキングを紹介しましたが、トレッキングの後に、山羊のチーズ工場へ見学に行っていたので、その様子をお伝えします。自転車は、イプナツーリズモでレンタルしていました。レンタル料金・ガイドツアー詳細は、前回記事をご覧ください。

【Ipuna turismo de altura】

▲イプナツーリズモ
店名 Ipuna turismo de altura
住所 San Martín 81, A4427 Cafayate, Salta, Argentina
営業時間 月〜土: 9:00 ~ 21:00
日      : 定休日
website https://www.instagram.com/ipunaturismodealtura/?fbclid=IwAR1tiHxZVine5eYYUUZ8ZEDhpPUcJg0s63-6jP2Cf6GoadGxFW-OV8DDTfA

 

【Cabras De Cafayate S.A.】

店名

Cabras De Cafayate S.A.

住所 Cafayate, Salta, Argentina
営業時間 月〜金:9:00-13:00, 14:30-18:30
土日  :9:00-13:00
website https://www.instagram.com/cabrasdecafayate/

 

出発

▲滝から、帰ってきたところから、昼ごはんを食べ、少し休憩の後、出発です。
▲カファヤテの町を抜けて、
▲砂道を進みます。
▲山羊のチーズ工場まで、後少し!
▲農場地帯をぬけ、
▲(Cabras de Cafayate) カブラスは、山羊の意味です。カファヤテの山羊。

カブラス・デ・カファヤテ (Cabras de Cafayate)

▲チーズ工場へ到着です。
▲小さな工場を見学させてもらいます。
▲閉店間近で、片付けをしていました。
▲クセのある人形たち。
▲チーズやワインが売られています。
▲レセプション
山羊牧場
▲工場から先へ進むと、たくさんの山羊!
▲子山羊たちが縦横無尽に駆け巡っています。
▲かわいいですね。
▲母山羊たちも。
▲山羊小屋にはかなりの山羊たち。
▲牛も
▲自由ですね。
▲至るところで、
▲遊んでいます。

山羊たち見た後は、カファヤテに戻ります。滝へのトレッキングの後だったので、なかなか頑張りましたね。

カファヤテに帰還

▲自転車を返却して、終了です。

まとめ

今回は、マウンテンバイクをレンタルして、カファヤテから、古都・サン・カルロスと、ラ・ダルセナ。別日程での山羊のチーズ工場見学の様子をお伝えしました。サンカルロスへの道は、道路の舗装状態もよく、所々にワイナリーが点在する、良いサイクリングコースでした。ダルセナの貯水池は他に人もおらず、のんびりでき、フラミンゴもみることができました。サン・カルロスの町も、伝統工芸や、中央広場も広々とし、緑豊かで、素敵なところでした。

チーズ工場は、町から近く、少し時間が空いた時にでも訪れることができ、かわいい山羊たちをみることができます。皆さんも、マウンテンバイクをレンタルして、カファヤテ周辺のサイクリングに出かけてみてはいかがでしょうか。

走行マップ

サン・カルロス / ラ・ダルセナ (約70km)

 

山羊のチーズ工場 (約10km)

▼カファヤテへの道のりの様子はこちら

 

▼Hiro インタビュー記事

*旅をサポート頂ける企業、または個人の方を募集中です。特にアウトドア・自転車・カメラメーカー等の企業の方、ご興味あれば、ご連絡ください。

Hiro(津田幸洋 ツダユキヒロ)
自転車旅人。2014 年に日本を立ち、自転車で旅を続けています。オーストラリア、ニュージーランドを経て、アメリカ大陸横断中、COVID-19による、世界パンデミックにより足止めとなり、2021年7月現在は、アルゼンチンに滞在しています。人との出会い、美しい自然、野生動物を探す旅を近日再開を予定しており、旅とともに、訪れた場所の都市情報、見どころ、自転車に関する情報、エッセイ等をTABIRINにて発信していきますので、よろしくお願いいたします。インスタグラム  https://www.instagram.com/yukihirotsuda/
津田幸洋

 

  • この記事がいいねと思ったら
    •  1
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー