旅×自転車 記事

【アルゼンチン】国内屈指のサイクリングコース!絶景ラス・コンチャス渓谷<カファヤテへの道 Part3>

こんにちは、Hiro です。自転車で世界を旅しています。

アルゼンチンの北部にあるサルタからアメリカ大陸最南端にあるフエゴ島に位置するウシュアイア(約3,956km)を目指す長い長い旅の第1歩目として「カファヤテ」へ向けて自転車旅をしています。

カリルの村からカファヤテまで200km程度の距離があり、3日間で走破することを目標にしていますが、この記事では残り約70km3日目の自転車旅の様子を紹介しています。【アルゼンチン】国内屈指のサイクリングコース!絶景ラス・コンチャス渓谷<カファヤテへの道 Part3>

今回は、アルゼンチンでも有数の観光ルートを旅しますが、日本語で「悪魔の喉」、「円形劇場」、「3つの十字架」と呼ばれる場所や「古代エジプト時代に建てられたオベリスク」など、雄大な自然を感じることができる自転車旅となっています。

また、カフェヤテまでの旅の1日目、2日目の様子も紹介していますのでこちらも見ていただけると幸いです。

▲カフェヤテまでの旅1日目の様子

▲カフェヤテまでの旅2日目の様子

起床

6:00起床。まだ外は暗いです。昨夜は全然寒くなく、薄着に寝袋をかけただけでよかったです。

7:30 片付け完了。

昨夜、ごはんやワインをご馳走になった、ファン一家に挨拶をします。

楽しい夜をありがとうございました。

キャンプ地を出発

▲キャンプ地を管理している、お店にも挨拶。まだ閉まっていましたが、お父さんが入り口近くで、寝ていて、お礼を言うと出てきてくレました。砂だらけのサングラスを洗うために水も分けてくれ、どこから来たのかと少し話をしました。
▲7:45 出発。今日の目的地、カファヤテまで、61kmの看板。
▲張り切っていきましょう。
▲10kmほどで、今日一つ目の見所、ガルガンタ・デ・ディアブロのはずです。
▲意外に上りが続くし、朝から結構大変。でも景色はきれいです。朝は空気が澄んでいて、車も少ないし好きです。

ガルガンタ・デ・ディアブロ(Garganta de Diablo)

▲15km進んだところで。ガルガンタ・デ・ディアブロに到着。
▲ガルガンタ・デ・ディアブロ(Garganta de Diablo)とは、”悪魔の喉”と言う意味。谷の奥に喉ような、崖があります。
▲崖を登るところがあって、ちょっと怖かったです。
▲写真だと遠近感が分かりづらいですが、奥に見えるのが、悪魔の喉

一通り見た後に、朝ごはん。昨日のご飯の残りを全部食べ、クッキーも食べます。

今日は4連休の2日目の土曜日。人がごった返しており、荷物を積んだ自転車を見て、いろいろな人が、話しかけてくれれます。アルゼンチン人は、フレンドリーで対応がいいです。

サルタからの観光ミニバスのガイドの人が、午後はかなり風が強くなるから、気をつけてね。と教えてくれました。あんまりのんびりしない方がいいかもです。どこまで、登り道が続くか尋ねると、この先のトレス・クルーセスが1番高い場所だとも教えてくれました。

▲出発して、200m先のアンフィティアトロ(Anfitiatro) へ。ルックアウトがあったのでここかと思いましたが違いました。

アンフィティアトロ(Anfitiatro)

谷の中に道がつながっていて、今度は、登らなくてもいいバージョンの場所でした。

▲アンフィティアトロ(Anfitiatro) とは、円形劇場という、意味。確かにそんな感じです。的確なネーミングだと感心。
▲さっきのガルガンタ・デ・ディアブロより、スケールは小さいですが、整っていて、素敵でした。
▲音楽をしている人も。反響して、本当にコンサートホールのようでした。
▲石のアクセサリーの売っていました。
▲カラフルな旗は、アンデス山脈の伝統民族の旗。伝統民族の人々やその昔ながらの生活を尊重するようというメッセージ。
▲先へ進みます。
▲ “2021 Argentina” 最近作られたようです。

そこから、なかなか登って、トレス・クルーセスに到着。

トレス・クルーセス(Tres Cruces)

▲階段を登ると、景色がよかったです。
▲トレス・クルーセス(Tres Cruces)とは、3つの十字架という意味。北部のフフイ(JUJUY)州にも同じ名前の場所があり、そちらも周辺で一番標高の高い場所でした。そういう意味もあるのでしょうか。
▲三つの十字架がどこかにあるのかと思いましたが、見つかりませんでした。フフイ(JUJUY)のトレス・クルーセスにはありました。
▲景色が引き続きいいですね。
▲干からびた川と、赤褐色の山々。
▲十字架

さらに進み、サンタ・バルバラの集落に到着。

サンタ・バルバラ(Santa Barbara)

▲サルタにいたときに、なんかのアートが、この村の学校の後ろにあるみたいなことを聞いていたので、探してみますが見つかりません。
▲民家に聞くと、カンペオン・ボカジュニアーズの横に小さな鳥の絵(右)がありました。これらしいです。僕の聞き方が悪かったのか。なんじゃそら。と笑ってしまいました。

また、民家にお願いして、飲み水を1L分けてもらいました。

▲日本では、見ることのできない景色。

エル・サポ(El Sapo)

▲エル・サポ。サポとは、カエルのこと。

看板に”立ち入り禁止”って書いてあるのに、子供に入らせて遊ばせている若い夫婦には驚きました。岩ではなく、ボロボロと崩れるような、材質でできているので、触ると、壊れるから、立ち入り禁止になっているのに。言い方が悪いですが、その辺がラテンの人々。いいところもたくさんあって、トータルでは、ラテンの人が大好きなんですけどね。

▲この景色。

エル・フライレ(El Fraile)

▲El Fraileに到着。車の人が、ケブラーダ・コンチャスはどこと聞いてきました。マップを見ると、少し先っぽかったので、教えてあげると、冷えた水をボトルに分けてくれました。500mlを一気に飲み干します。日差しが強く、気温も上がって、暑いです。
▲大自然。
▲数時間でも見ていられる景色です。

カーサ・デ・ロス・ロロス(Casa de Los Lolos)

▲カーサ・デ・ロス・ロロス。カーサ=家。ロロ=オウム。岩の中に、穴が開いていて、それが、”オウムの家”ということらしいです。

ラス・コンチャス渓谷(Quebrada de Las Conchas)

▲ラス・コンチャス渓谷を通過。眼前に立ちはだかる巨大な崖。今日一番好きな景色でした。
▲渓谷を抜けます。写真で見ると、なんでもないですが、実際は、岩がとても大きく迫力があり、岩肌の質感もとても美しいです。
▲きた道を振り返るとこんな感じ。
▲カブラーダ・デ・ラス・コンチャスの看板で、記念撮影。

ラ・ヤセラ (La Yasera)

▲風が無茶苦茶強くなってくる中、La Yasera に到着。

ロス・エストラトス(Los Estratos)

▲ロス・エストラトスへのカミナタ(トレッキングコース)がありましたが、30分歩かないといけないということだったのでやめました。
▲風がいよいよ強くなってきました。近くに、レストランもありました。
▲まだまだ、壮大な景色の中を進みます。
▲渓谷が終わり、平地に。

オベリスコという看板があったので、行ってみると、家があるだけで、何もなく、おばさんが出てきて、何があるのかと聞くと、何もないと。そして、凶暴な犬に吠えられて、噛まれそうになりました。

エル・オベリスコ (El Obelisco)

▲300mほど進むと、こっちが本当のオベリスコでした。オベリスコとは、古代エジプト時代に建てられた、記念碑(モニュメント)のこと。
▲看板で写真。
▲茶色い。

ラス・ベンタナス(Las Ventanas)

▲向こうに見える穴が、ラス・ベンタナス。ベンタナとは、”窓”のこと。
▲アメリカのアーチーズ・ナショナルパークを思い出しました。帰ってくると強風すぎて、自転車が豪快に倒れていて、ショック。
▲ベンタナからの景色。

ロス・カスティージョス (Los Castillos)

▲ロス・カスティージョスに到着。カスティージョとは、お城のこと。向こうに見える山が、お城のようだということ。

風が強すぎて、自転車が倒れそうになり、踏ん張っていないと、倒れそうになる程。もっと近くまで行ける、トレッキングルートがありそうでしたが、風が強すぎて危険なので今回はパスします。

▲カスティージョスを去った後、振り返ると、また違った雰囲気のカスティージョス。

ロス・コロラドス (Los Cororads)

▲ロス・コロラドス に到着。

もう見所は全て終わったと思っていましたが、すごい数の車が止まっており、何かあるのだろう、と覗いてみます。それにしても、ものすごい風でした。

歩いてみると、ただの平原のような感じです。何が見所なのか分からず、座っていたおばちゃんに、ここには、何があるのか、と聞くと、歩いてみて回るだけと教えてくれました。

▲崖の上に転がっている、丸い岩が落ちてこないのか、少し心配でした。
▲小さな洞窟があり、それだけ見て後にします。
▲安全にキャンプできそうな、洞窟。
▲後から、地図をみてみると、この先に30分くらいのトレッキングルートがあったみたいです。

これで、見所は全て見終わりました!後は、カファヤテの町を目指します。

時折、追い風に助けられながら進みますが、強すぎて危ない時もあります。

1つのボデガ(ワイナリー)も過ぎました。

▲道が、普通っぽくなってきました。もう少し!
▲街まで、残り5kmほどのところで、Nueva Cafayate(Cafayate の新興住宅地)を発見。数年後には、たくさんの家が立っていることでしょう。

バス停で休憩

▲目的地まで残り少しですが、バス停で休憩です。風が強すぎて、休憩できなかったので、栄養補給もできず、疲れました。

朝ごはんを食べてから、ろくに食べていないので、限界でした。目的地まで、残り5km ですが、ピーナッツを食べ、水に、ビタミンのラムネみたいなものを溶かし飲みます。30分休憩し、再度出発。

カファヤテ空港を通り過ぎ、

カファヤテに到着

▲ 17:30 カファヤテに到着。Bienvenidos=ようこそ。ものすごい車の量で、道の両サイド、車で埋め尽くされています。

セントロ(中心部)を通り、今日泊めてもらう予定のカウチサーフィンホスト、リチャードの家に到着。しかし、大体場所しかわからず、正確にどの家なのかがわかりません。

それから、近所の人が外に出ていたので、携帯のデータを分けてもらって連絡をしてみますが、返事がありません。あまりすぐに動く元気がないので、しばらく近所の人と、話をしていると、自転車に乗ったリチャードが、HIRO?と声をかけてくれ、向かいの白い家をノックしたらいいと教えてくれました。無事に目的地に到着です。

▲親切に助けてくれた、近所の家族。

家族は後で、メリエンダを食べにおいでと、招待してくれました。

現地の家族とメリエンダ(お茶)

▲マリータの家へ。左の女性がマリータ。普段は、サルタに住んでいるが、連休でカファヤテに帰省していました。

リチャードの家に荷物を置き、メリエンダをいただきに行きました。マテを飲みながら、話をして、パンや甘いお菓子を食べます。ありがとうございます!

19:30に 家に戻り、シャワーを浴びさせてもらい、少し休みました。

夜のカファヤテ・セントロ(中心部)

▲23:00散歩へ。歩いて10分でセントロ(中心部)に到着。バーやレストランでは、音楽が演奏されています。
▲どのレストランも超満員です。今日は、年に一度のフォルクロールのお祭り。フォルクロールは、アルゼンチン北部の伝統音楽です。
▲フォルクロールの生演奏。お祭りを見に、観光客が、集まっているので、小さなカファヤテの町がごった返しています。
▲プラザ(中央公園)を回り、1ブロック先のクラブ街へ。100人くらい待っています。

空き地で、フォルクロールのコンサートがあって、道にも人々は座り込んでお酒を飲んでいますが、今日は警察も注意しないようです。通常、道端でお酒を飲むのは違法です。

旅をしていて、少し驚いたのは、アジア以外では、路上でお酒を飲むのは違法の国がほとんどです。

また、この街は夜道でも、危険な雰囲気がありません。

▲道で、ロバがゴミを漁っていて驚きました。南米ならではの情景ですね。

24:00 歩き疲れ、帰宅。1:00 就寝。長い1日でした。

まとめ

カリル ~ カファヤテを3日間で204km を走り切り、無事に カファヤテ の町に到着しました。

見所が満載で、さすがアルゼンチンでも有数の観光ルートでした。

ガルガンタ・デ・ディアブロや、ラス・コンチャス渓谷の景色は、素晴らしかったです。

最終日後半は強風すぎて疲弊しましたが、数日間カファヤテで観光しながら休養し、次の走行に備えます。

では、次回、カファヤテの町を散策! お楽しみに!

本日の走行

2021 年10月9日

Puente Morales ~ Cafayate

合計 68 km

走行マップ

▲Hiro インタビュー記事

 

*旅をサポート頂ける企業、または個人の方を募集中です。特にアウトドア・自転車・カメラメーカー等の企業の方、ご興味あれば、ご連絡ください。

Hiro(津田幸洋 ツダユキヒロ)
自転車旅人。2014 年に日本を立ち、自転車で旅を続けています。オーストラリア、ニュージーランドを経て、アメリカ大陸横断中、COVID-19による、世界パンデミックにより足止めとなり、2021年7月現在は、アルゼンチンに滞在しています。人との出会い、美しい自然、野生動物を探す旅を近日再開を予定しており、旅とともに、訪れた場所の都市情報、見どころ、自転車に関する情報、エッセイ等をTABIRINにて発信していきますので、よろしくお願いいたします。インスタグラム  https://www.instagram.com/yukihirotsuda/
津田幸洋

 

  • この記事がいいねと思ったら
    •  2
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー