旅×自転車 記事

【大阪府】自転車で街のウォールアート巡り(大阪市北加賀屋編)

大阪にはアメリカ村をはじめウォールアートが沢山あります。アート好きな私はウォールアートを探しながら街乗りを楽しんでいます。

ご紹介するのは大阪市住之江区北加賀屋(きたかがや)。この地域は街を挙げてアートを盛り上げています。

北加賀屋には府道29号を挟んで倉庫などが並ぶ工業地帯と、昔ながらの民家が並ぶ住宅地域があります。
ウォールアート巡りに便利なMAPまで用意されていて、 ネットからダウンロードできるので、この地図を頼りに走ってみます。

倉庫が多く並ぶ西側の地区

まず遠くからも目を引くカラフルなアルファベットが楽しい壁。イギリスのアーティスト、ベン・アイン氏の作品です。


▲MAP:U

なつかしのガッチャマン、倉庫の排水管からの水攻めに危機一髪!

▲MAP:T

メーテルの壁の近くには窓を客車に見立てた汽車のアート。

▲MAP:H


▲MAP:G

旧名村造船所の壁には子供たちがアーティストと一緒に描いた可愛い長~い絵、さらにステンシルのかっこいいアートも。

▲MAP:A

民家の壁に描かれた黄色い輪には緻密な北加賀屋の街の絵が描き込まれていてびっくり。

▲MAP:I

府道をはさんで住宅側の方へ

こちらは住宅街にひっそり隠れている作品が多いので探すのは少し難しいのですが、見つかった時の楽しさは倍増です。
ただし、民家が立ち並ぶ静かな地域なので、撮影が楽しいからと言って大声での会話は控えめに。

▲MAP:S

▲MAP:X

落書きするいたずらな女の子のアートはイギリスの人気作家ドットマスターズ氏のもの。

▲MAP:Q

駐車場の自動車で遊ぶ男の子。

▲MAP:Y

土管から飛び出すマリオ。

▲MAP:Z

エアコンの室外機にもこんな絵が。

▲MAP:O

絵本から出てきたような可愛い動物たち。

▲MAP:R

最近描かれたばかりのカラフルな絵。

北加賀屋の少し先には最近話題のバンクシー風のネズミとネズミ捕りも。

北加賀屋のウォールアートとは

北加賀屋のアートは「おおさか創造千島財団」が中心となって、地域とともに発信しています。

財団は大阪で行われる芸術・文化活動の支援と、創造活動拠点の提供を通じて、関西の芸術文化の発展に寄与するとともに、地域の新たな価値を創造し、創造的かつ文化的に多様な地域社会を創出することを目的として設立されました。

北加賀屋のイベントやアートマップは、アートマップ&イベントカレンダー「北加賀屋CHAOS 2021」をご覧ください。


※各写真下のアルファベットは、このアートマップ及び、下記のGoogleマップに記載されています。

まとめ

北加賀屋のウォールアートは、今も少しずつ作品が増えているので、行くたびに発見がありますよ。

大阪だけでなく全国的(世界的)に「ウォールアート」はたくさん街中にかくれています。
自転車でアートを探し、愛車と一緒に撮るのはとても楽しいので、ぜひ近くの街からでも「かくれたアート」を探してみて下さい!

執筆:Hama Chan

兵庫県出身・在住のママさんローディー。 大好きな季節の花やウォールアートの写真を撮りながら のんびりサイクリングを楽しんでいます。 輪行でもっといろんな街へ行くのが夢。 愛車はCINELLI VELTRIX

TABIRIN写真ギャラリー

写真から記事やスポットが検索できるギャラリーです。

関連記事



  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー