旅×自転車 記事

四国一周サイクリングに挑戦!第一弾:愛媛県~香川県編

自転車王国「台湾」と同じ1周1,000kmを味わえる島「四国」。四国4県のバラエティ豊かな景色/気候/文化を体感できる取り組みとして「CHALLENGE1,000Kmプロジェクト」がスタートしています。
一度に走破する必要はなく3年以内にチェックポイントを走破すれば「完走」できるこのプロジェクト。TABIRINスタッフとしても完走を目指しチャレンジすることにしました。

四国一周サイクリング「CHALLENGE1,000Kmプロジェクト」

1 日目:大阪南港から四国・東予港へ

大阪から愛媛へは「オレンジフェリー」を利用します。
22 時大阪南港出航し、朝6 時に東予港到着なので、仕事終わりに着替えて出発でき、現地での行動時間が多いのが魅力です。
自宅がある東大阪から、約20km自走でオレンジフェリー大阪南港のりばへ。
寒い夜道を走り、強風の中「新木津川大橋」を渡る時は、早速心が折れそうになりましたが、無事出発時間に余裕をもって到着。

乗船すれば船内はさながら動くホテル。デラックスシングルの部屋はそのまま自転車を持ち込めるのが魅力です。

1月のC期間なので、デラックスシングルは8,200円とマイバイクステイサービス(自転車持込)1,700円=9,900円。(輪行袋を使えばマイバイクサービス料は不要です)
船内では、お決まりのビールでホッと一息。そして部屋に戻り就寝zzz

2 日目:東予港から松山市へ

夜明け前の船内で起床。フェリー内でしっかり朝ご飯。

朝6 時に東予港到着!待合室にもサイクルラックがあります。


東予港オレンジフェリー新ターミナルから松山を目指し走り始めるも、辺りは雪模様。

安全第一ということで輪行にチェンジし、最寄りのJR伊予小松駅へ。

予讃線を各駅停車でのんびり2時間弱、JR松山駅に到着。

サイクルラックも完備されて、どこまでもサイクリストファースト。
ここから自転車で愛媛県庁にお邪魔し、お決まりのスタート記念撮影!

寒い中、スタート看板グッズをセッティングしていただきました。ありがとうございました。
そして松山城をバックにパチリ。いよいよ(やっと)スタート!

国道196号を北上し約20km、最初のスタンプラリーポイントの「風早の郷風和里」で遅めの昼食。

ここから今治市まで25kmをひとっ走り。今治城は水運を押さえるため海に面して築かれ、海水をお堀に用いてて、城マニアにも人気だそうです。

お城近くの今治港にある一風変わった建物は「みなと交流センター」。港からは「しまなみ海道」も見えます。

そして、今夜お世話になるのは「ホテル菊水今治」。部屋まで自転車を持ち込めます。快適快適。

3日目:今治市から観音寺市、善通寺市へ

寒波で朝はまだ雪が残っています。安全第一で慎重にライドします。

宿から出発し約10kmで、道の駅「今治湯ノ浦温泉」。地元の新鮮野菜が並んでいます。

ここから瀬戸内海沿いに、香川県観音寺市を目指します。40km少し走れば天満峠。なかなかの坂ですがこの景色が待っています。

峠を下って約23km、「道の駅とよはま」に到着し昼食。

「道の駅とよはま」は愛媛県と香川県の県境近くの「香川県観音寺市」。なので昼食は「讃岐うどん」と「海鮮丼」のセットです。

「道の駅とよはま」から瀬戸内海沿い北上すること約12km。道の駅「ことびき」では香川県観音寺市が舞台モデルのTVアニメ『結城友奈は勇者である』に遭遇。

そして琴引公園には人気観光スポット「銭形砂絵」があります。小高い丘に登ればこのような風景を見ることができます。

丘を下りて海沿いに出れば、上手く伝わらないかもしれませんが爆風状態です。海も荒々です。

ここからは、海岸沿いではなく予讃線に沿うように、15km先の三豊市の「道の駅 ふれあいパークみの」へ。あと1kmくらいから現れる坂!なかなか厳しい坂をのぼって到着。
そして約5km、今宵の宿は、香川県善通寺市の「遍路民宿鶴吉」。お爺さんが築いた古民家を再生して民宿を営んでいました。中庭の日本庭園が美しい宿です。

晩ご飯は、地元のお野菜とお魚と家庭料理がずらり。今日は約100km走行の疲れをビールと美味しい料理で癒しました。

4日目:善通寺市から徳島市へ

最終日の4日目は距離が少し長いためペース配分に気を配ります。まずは約35km先の五色台を経て約55km先の高松駅へ。海岸沿いの見晴らしは最高。瀬戸大橋がキレイに見渡せます。


朝日が海面に反射してキラキラしてます。旅の疲れも何のその。無心にライドしていたら、高松駅に到着。いいペースです。

高松駅から約23kmで香川県さぬき市の「津田の松原」にたどり着きます。ここまでの海岸線はほんとに気持ちいいです!

高校生の部活らしき人達に遭遇。青春ですね。

そして昼食。やはり香川県といえば「讃岐うどん」。うどん県とも言われるだけあって、うどん屋さんはたくさんあります。うどんと海の幸ということで今日は「生シラス丼」を発注。


ここまでいいペースで徳島市に予定より早く到着すると思っていたところ、何とメカニカルトラブル発生!リアの変速が使えなくなりました。。。
何とか走行はできるのですが、峠を越えるのは少し難しそうです。ここは安全第一で輪行に再びチェンジ。

徳島駅からは、だましだまし自転車を走らせ、何とか徳島港南海フェリー乗り場に到着。

”ほっと一息”ということでビールをいただきます。

徳島港から南海フェリーで和歌山港へ、そして和歌山港駅から南海電車に乗り継いでなんば駅まで2,200円!ってコスパ良すぎませんか?

フェリーに乗るころにはすっかり夕日でした。

まとめ

「四国一周への挑戦」の1回目、前半は寒波の影響で「雪」のスタート、そして後半はマシントラブルと、サバイバルのような旅程でしたが、それはそれで忘れられない旅になりました。
やはり自転車×旅は楽しいことがいっぱいあります。
愛媛県から瀬戸内海沿いに約250km走りましたが、まだ全1000kmの1/4。四国一周に向けた旅を続けていきたいと思います。

執筆:n.k

記事内情報






関連記事




  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー