旅×自転車 記事

しまなみ海道サイクリングガイド〜訪れたくなるスポット/施設をご紹介

広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道。

自転車道が併設されており、別名サイクリストの聖地とも呼ばれ、しまなみ海道目当てに訪れるサイクリストも多いことで有名です。

そこでこの記事ではしまなみ海道でのサイクリング情報、周辺のグルメや宿泊施設の情報をご紹介します。

しまなみ海道とは?

「瀬戸内しまなみ海道(正式名称:西瀬戸自動車道)」は広島県尾道市から愛媛県今治市までの距離を結ぶ、約60kmの道のことです。

広島県から愛媛県の島々が尾道大橋(おのみちおおはし)、因島大橋(いんのしまおおはし)、生口橋(いくちばし)、多々羅大橋(たたらおおはし)、伯方・大島大橋(はかた・おおしまおおはし)、大三島橋(おおみしまばし)、来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)の橋で結ばれており、瀬戸内海にかかる一直線の橋から望む風景はここでしか見れない圧巻の景色となっています。

しまなみ海道サイクリングロードは世界的に有名な「サイクリストの聖地」

▲しまなみ海道は「サイクリストの聖地」と言われるほどサイクリストに馴染み深い地域です。

そんなしまなみ海道には約70kmのサイクリングロードも整備されています。

実はしまなみ海道は別名「サイクリストの聖地」とも呼ばれ、アメリカCNNの「世界で最もすばらしい7大サイクリングコース」にも選ばれたことがあるほど、サイクリストにとっては憧れの場所なのです。

しまなみ海道 (西瀬戸自動車道)は当初、島に住む市民の生活道路としての期待が大きく、橋には車道とは別に原付・自転車・歩行者道が設けられることになりました。原付・自転車・歩行者道が整備されたといえ、当時はまだ現在のように「サイクリストの聖地」と呼ばれるほどの知名度には到達していない状況でした。

しかし市町村大合併によって、これまでの島ごと(もしくは複数)にあった自治体が、尾道市と今治市の2つの市に統合されたことによって、しまなみ海道を観光資源とする運動が盛り上がります。それからというもの、メーカーや県を巻き込み、様々な施策を打ち出し、その人気は定着し、今のような「サイクリストの聖地」が誕生したのです。

しまなみ海道は自治体、民間企業、メーカー、そして地元住民の方達の懸命な努力があってこそ完成した道とも言えるでしょう。

現在しまなみ海道では「サイクリングしまなみ」というイベントが毎年開催されています。(2020年の「サイクリングしまなみ2020」はコロナの影響で開催は中止)

過去のサイクリングしまなみ2018に関する体験レポートはありますので、以下の記事も参考にしてください。

上記記述は以下のサイトを参考にしています。
ひろしま観光ナビ:『瀬戸内しまなみ海道』
DIAMOND online:『しまなみ海道が「サイクリストの聖地」になった理由』
スポエンNavi:『世界が認めた「しまなみ海道」がサイクリストの聖地と呼ばれる5つの理由』

しまなみ海道はレンタサイクルの利用もおすすめ!

▲自転車はもちろん、ヘルメットの貸し出しも行っているスポットもありますよ。

ここまでお読みいただいた方の中で、「しまなみ海道でサイクリングをしたいけど少し距離が遠い…」といった悩みを抱えられている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、しまなみ海道は愛車を持ち込まずとも”レンタサイクル”が充実しているので心配ありません。

中でも自転車に乗るのが久しぶりの方や初心者の方は電動自転車を利用すれば、快適にしまなみ海道サイクリングロードを走れますよ。

当メディアTBIRIN(たびりん)編集部でも実際にレンタサイクルでしまなみ海道を走ってみました。

その時のレポートがこちらです。

また愛車と共にしまなみ海道を走りたい方は”輪行”という手段もあります。

以下の記事では飛行機での輪行の方法をご紹介しています。

しまなみ海道をサイクリングするときの適切な服装や装備は?

距離や季節、天気を想定して装備の用意が必要です。

しまなみ海道をサイクリングする際には、どれくらいの時間がかかりそうかをまず想定しておくのがおすすめです。

しまなみ海道のサイクリングロードは全長70kmほど。以前TABIRINで算出した距離(自転車の種類ごとの距離設定と旅行速度の目安|はじめてのサイクリング)を基にするとロードバイクでスピードを維持できる人であればおおよそ3時間程度で走行できることになります。

ただし初めての方やゆっくりと景色を楽しみながら走行したい方はこれの倍、6時間以上、ゆっくり楽しむなら10時間は所要時間として見込んでおくと余裕を持って楽しむことができますよ。

そしてこの距離を長時間走り続けるとなれば、夏や冬に関わらず汗もかきやすい状態になります。そのため汗をかいてもすぐに吸収して乾くサイクルウェアの着用をおすすめします。

サイクルウェアだけでなく、初心者の方がサイクリングを行う場合には、最低限用意すべきものがあります。

また夏/冬で共通して長距離サイクリングの際には必要装備を入れておけるコンパクトなバッグも持っておくと、よりしまなみ海道でのサイクリングが快適になります。

【夏】しまなみ海道をサイクリングするときにおすすめの服装

▲上は夏、とびしま海道を巡った際の画像です。

夏場は日差しを全身に浴びるため、熱中症の可能性も出てきます。

そこで通気性が抜群で、汗をすぐに吸収してくれるサイクルウェアの着用をおすすめします。

下に履くものは、アウトドア系のパンツでも大丈夫。男性はハーフパンツ、女性はレギンスの方が好ましいでしょう。

【冬】しまなみ海道をサイクリングするときにおすすめの服装

▲冬の始まり頃、しまなみ海道を巡った時の画像です。インナーの着用もおすすめですよ。

外気の冷たい冬場、自転車を走らせていると体が暑くなってきます。

しかしここで問題なのが体温調節です。

漕いでいると暑くなるからという理由で薄着をしていると休憩中に体が冷えてしまうことも。

そこで冬場に走る際にはウインドブレーカーでの体温調節を図ることがおすすめです。

なお冬用のサイクルウェアには保湿性や断熱性、防風性を備えたものがあるのでこれから本格的にサイクリングを行いたい方は是非以下の記事もチェックしてみてくださいね。

しまなみ海道に来たら訪れてみたい、絶景ポイント3選

亀老山展望台

亀老山展望台は石鎚山、来島海峡大橋、来島海峡、今治市街を眺められる展望台です。季節や時間によって様々な景色を望むことができ、「旅好きが選ぶ!日本の展望スポット ランキング 2017 (Trip Advisor)」では2位に選ばれています。

海・山の景色を一望できるので、写真を撮るのが好きな方は是非訪れておきたいスポットでもあります。

URL こちらから
料金 無料
住所 愛媛県今治市吉海町南浦487-4

村上海賊ミュージアム

画像出典元:村上海賊ミュージアムHPより

村上海賊ミュージアムは中世に活躍していた日本の海賊『村上海賊』を紹介している博物館です。

村上海賊達はどんな暮らしを送り、どんな活動をしていたのかなどを知ることができます。

実際に使われていた船や武具なども展示されているため、歴史好きの方におすすめのスポットです。

また施設内には展望室も設けられており、しまなみ海道を一望することもできます。

URL こちらから
料金 一般310円 ※高校生以下/シニア等の料金はこちら
住所 愛媛県今治市宮窪町宮窪1285

ところミュージアム大三島

画像出典元:ところミュージアムHPより

ところミュージアム大三島は2004年にオープンした現代美術館です。

ポップアーティスト・トム・ウェッセルマン、彫刻家・深井隆などの様々な人気アーティストの展示品が並んでいます。

オープンテラスからは今治の風を感じながら、瀬戸内海の美しい島々を眺めることができます。

URL こちらから
料金 一般310円 ※高校生以下/シニア等の料金はこちら
住所 愛媛県今治市大三島町浦戸2362-3

しまなみ海道にきたら1つは食べておきたい絶品グルメ3選

瀬戸内海を横断するしまなみ海道。その土地を生かしたグルメに注目しないわけにはいきません。以下ではしまなみ海道に訪れたら是非味わいたいグルメを3つご紹介します。

焼豚玉子飯

画像出典:今治焼豚玉子飯世界普及委員会公式HPより

道の駅「多々羅しまなみ公園」を始め、しまなみ海道の道の駅で売られている焼豚玉子飯は、ご飯の上に焼豚と玉子が乗っている今治市のソウルフードです。

目玉焼きは半熟、やわらかい焼豚に甘いしょうゆのタレがかかりご飯もすすみます。

料金 税込580円
アクセス 愛媛県今治市上浦町井口9180−2

伯方の塩ラーメンさんわ

画像出典:公益社団法人今治地方観光協会公式HPより

「伯方の塩ラーメンさんわ」は、伯方島と今治市にあるラーメン屋さんです。

このラーメン屋さんで販売されている全国的に有名な伯方の塩をメインにした「伯方の塩ラーメン」はしまなみ海道開通の前年に完成しました。

豚骨や煮干しなど様々なジャンルの素材を集めて煮出したスープに、引き立て役として伯方の塩を入れてスープの旨味を凝縮させます。

海の味、大人の味と称されるなど、瀬戸内海を詰め込んだラーメンと言えるでしょう。

URL こちらから
料金 伯方の塩ラーメン600円
※中盛100円増・大盛150円増・ハーフ100円引き
住所 愛媛県今治市伯方町木浦甲1650-1

お食事処 大漁の海鮮丼

画像出典:しまなみ海道今治探訪公式HPより

しまなみ海道を利用する人にとって知る人ぞ知る存在が、大三島にある「お食事処大漁」です。海の幸がふんだんに乗せられた「しまなみ丼」は、海の幸がふんだん使われているにも関わらず、ワンコインで食べられます。

小皿料理も豊富で、煮付けや天ぷらといった料理も並んでいます。しまなみ海道のサイクリングで立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

料金 ・しまなみ丼480円
・海鮮丼780円
・ウニ丼1,080円
住所 愛媛県今治市大三島町宮浦5507-1

しまなみ海道付近のサイクリストにおすすめな宿泊施設4選

しまなみ海道周辺にはサイクリストに優しい宿泊施設が多く点在しています。

以下ではしまなみ海道でおすすめの宿泊施設を4つご紹介します。

ONOMACHI U2

ONOMICHI U2
ONOMACHI U2は宿泊施設の他、サイクルショップや瀬戸内の食材を使用した料理なども味わえるレストラン、瀬戸内のお土産を購入できるお店なども併設された施設です。

レンタサイクルの貸し出し、自転車に乗ったままチェックイン可能、自転車の発送サービス、自転車のリペアスペース確保など、サイクリストにとっては嬉しいサービスや場所が用意されています。

名称 ONOMACHI U2
URL こちらから
料金 通常料金24,770円~ (スタンダードツイン)
住所 広島県尾道市西御所町5−11

尾道第一ホテル

画像出典:尾道第一ホテル公式HPより

尾道第一ホテルは、尾道駅から徒歩3分の場所に位置するホテルです。ホテルから歩いて30秒ほどのところにコンビニもあり、とても便利です。

ホテル内には自転車の保管場所として鍵がついた倉庫が用意されているほか、お風呂も時間外利用が可能とサイクリストに優しいです。

またサイクルステーションはホテルからわずか20秒のところにあり、まさにサイクリストに最適な宿泊施設と言えるでしょう。

名称 尾道第一ホテル
URL こちらから
料金 通常料金6,480円~
住所 広島県尾道市西御所町4-7

尾道やすらぎの宿 しーそー

画像出典:尾道やすらぎの宿 しーそー公式HPより

「尾道やすらぎの宿 しーそー」は、尾道駅から尾道渡船を使って対岸に渡ったところにあるホテルです。ロビーで自転車の保管ができるほか、自転車のメンテナンス用の工具の貸し出しも行っています。

宿主自らがサイクリストのため、サイクリストの観点から案内をしてもらえるのがポイントです。室内からは尾道の夜景を見ることができる素敵な宿となっています。

また、「尾道やすらぎの宿 しーそー」では2020年5月からはレンタサイクルを開始し、自転車のレンタルも可能です。11台あるレンタサイクルは、内10台がイタリア製のバイク、もう1台が電動自転車という構成になっています。

名称 尾道やすらぎの宿 しーそー
URL こちらから
料金 通常料金6,600円〜
住所 広島県尾道市向島町84−2

ナティーク城山

画像出典:しまなみ自転車旅の宿公式HPより

「ナティーク城山」は、瀬戸内海で活動していた村上水軍の拠点「長崎城」の城跡に建てられたホテルです。目の前には海が広がり、眺めは最高です。

自転車の保管場所として、ロビーや鍵付倉庫、従業員用通路などを確保しています。お風呂やシャワーは24時間利用でき、サイクリストに対する臨機応変な対応も見られます。

また、このホテルは料理にも力を入れており、瀬戸内の新鮮素材を和風や洋風それぞれの方法で調理して出してくれます。

名称 ナティーク城山
URL こちらから
料金 通常料金6,500円~
住所 広島県尾道市因島土生町2254-6

しまなみ海道のサイクリングマップはこちらから!

この記事では、しまなみ海道の概要からおすすめのグルメ・宿泊施設などをご紹介しました。

できれば何日間か時間に余裕を持って島を巡り、それぞれの良さを堪能できるような旅が理想ですね。しまなみ海道を走り切った時の達成感は相当なものです。

これを機会にお得にしまなみ海道を巡ってみてはいかがでしょうか?

TBIRINではしまなみ海道を初めてサイクリングする方にはもちろん、一度訪れた方にもおすすめなしまなみ海道を横断するサイクリングマップがあります。

尾道市から今治市まではかなりの距離がありますが、道中や付近の今治市にあるB級グルメも美味しく、楽しみに訪れるサイクリストも多いです。しまなみ海道を訪れた際には、ぜひサイクリングも楽しんでみてください!

TABIRINでは上記のしまなみ海道のルート・マップも掲載されている『コース・マップ検索』『都道府県検索』機能があります。また今回ご紹介したような、各地のレンタサイクル情報やサイクリストに優しい宿などの情報をまとめた『旅×自転車情報』もおすすめです。

しまなみ海道のサイクリングにはもちろん、他の地域をサイクリングする際には是非活用してみてくださいね。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー