旅×自転車 記事

絶景写真で選ぶ、一度は行ってみたいサイクリングコース6選(九州・沖縄編)

ようやく春になり、「さあ、今年はどこに行こうか」と考えている人も考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、TABIRIN(たびりん)に掲載されている500以上のコースの中から、九州・沖縄地方で絶景に出会えるサイクリングコースをご紹介します。

季節や天候、ルートによって、絶景に出会えない場合もありますので、下調べをしてからお出かけくださいね。

九州地方で絶景に出会えるサイクリングコース

まずは、九州の絶景写真から。

出水・阿久根・長島 北薩摩満喫コース

出水・阿久根・長島 北薩摩満喫コース

こちらは、鹿児島県の「出水・阿久根・長島 北薩摩満喫コース」、総距離は110kmです。

コース北側の針尾公園からは、眼下に伊唐島・諸浦島・獅子島、遠く天草・雲仙などを眺めることができ、雲仙天草国立公園が視界いっぱいに広がります。

また、長島町と阿久根市の間にある「黒之瀬戸」は、日本三大急潮の一つに数えられるほど潮の流れが早く、満潮から引き潮へと変化する際には渦潮を見ることができます。

いろんな海の表情を見ることができるサイクリングコースですね。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

 

続いての絶景写真はこちら。

波野そばの花

熊本県の「波野ルート」、総距離は28kmです。

峠を越えたり、森を抜けたりと、風景がめまぐるしく変わるコースで、そば畑やキャベツ畑、牛の放牧など、季節ごとの“なりわい”の風景も大きな魅力だそうです。

こちらの写真は、9月に白い花が一面に咲き誇るそば畑。時期的にはだいぶ先ですが、高岳や根子岳を背景に印象的な風景が楽しめますよ。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

 

次の写真はこちら。

阿蘇五岳を望む道

熊本県の「一の宮ルート」、総距離は18kmの初級者向けコースです。

阿蘇五岳を正面に据え、「阿蘇の千枚田」と言われる広々とした田園地帯を一直線に走ることができるなど、四方を阿蘇五岳と外輪山に囲まれ、阿蘇の雄大な地形を体感しながら走ることができます。

他にも、湧水群や集落の風景、古墳群など、阿蘇の魅力を凝縮して楽しめるコースとなっています。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

沖縄地方で絶景に出会えるサイクリングコース

ここからは、沖縄の絶景写真です。

沖縄県_南部周遊コース

沖縄県_南部周遊コース

これらは、沖縄県の「南部周遊コース」で総距離は37km。

どちらの写真も沖縄では有名なスポットなので、ご存知の方も多いと思います。展望台から見るニライ橋・カナイ橋と、その先に広がる海は、まさに絶景ですね。

また、ニライ橋・カナイ橋の近くにある「カフェくるくま」も、サイクリングの途中で立ち寄り、のんびりと海を眺められる絶景スポットです。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

 

次の写真も、食事・休憩しながら絶景が眺められるスポット「美らテラス」。

美らテラス

沖縄本島の北部エリアを走る、総距離21kmの「羽地周遊コース」にあります。

「古宇利大橋」のたもとにある「美らテラス」には、4つの飲食店とお土産・雑貨屋があり、様々な沖縄フードを味わいながら、絶景を眺めることができますよ。

こちらのコースでは、他にも「ワルミ大橋」や「古宇利大橋」といった絶景ポイントもあります。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

 

最後の絶景写真はこちら。久米島のサイクリングコースです。

久米島_サイクリングコース

久米島は、那覇から飛行機で約30分の場所にあり、こちらのコースは、島の東側を走る総距離21kmのコースです。

ゆっくりと流れる島時間を感じながら、写真にあるような海辺の絶景をのんびりと走れますよ。

また、海岸まで迫る切り立った山や沖合いまで伸びるサンゴ礁など、忘れられない風景に出会えます。

(コースの詳細やマップについては、以下をご覧ください)

 

以上、「絶景写真で選ぶ、一度は行ってみたいサイクリングコース6選」でした。

写真を見ながらサイクリングの行き先を検討するというのも楽しいですね。今後は、他地域の絶景写真もご紹介しますので、お楽しみに。

(k.k)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー