旅×自転車 記事

写真でサイクリングの魅力を発信! TABIRINインスタグラムの紹介と撮影裏話


TABIRINでサイクリングの取材をしていると、いろいろな風景に出会えます。それらをインスタグラムでも発信していますので、撮影の裏話を交えて少しご紹介します。

TABIRINインスタグラムアカウント

まずは、ぜひこちらをご覧ください。(ついでにフォローもお願いします)
インスタグラムは、主に写真で「自転車×旅」の魅力を発信できるSNSです。なので、長い文章はあまり使わず、海外の方にも見てもらえるよう主に英語のハッシュタグを使っています。

おかげさまでここ最近少しずつ、いいね!の数も増えてきました。その中からいくつか撮影時の裏話を交えてご紹介します。

京都 祇園と鴨川

京都祇園は、外国人のみならず観光客がとても多いスポットです。そんな場所で一人スマホで自転車を撮っていると、「写真撮ってもらえますか?」とよく声をかけらるのです。
そんな方々の中で「こちらからもひとつお願いしていいですか?」とお願いして撮らせてもらったのがこの写真。
後ろ姿で少し歩いてもらって撮影協力していただきました。綺麗な着物が京都らしさを引き立ててくれました。

この写真は、夕暮れの鴨川沿いを走っていると、少し先の水たまりに空や周りの風景がきれいに映っていました。そこで自転車もきれいに映るか試してみたところ、こんな写真が撮れました。

周りが暗いので分かりにくいのですが、自転車の左側に川沿いを歩く人が映っているんです。でもウユニ塩湖のような雰囲気で撮れました。

この時のサイクリング記事はこちら

福井 三方五湖の夕やけ

このコースはTABIRINのコース検索で知り、興味があったので行ってみた場所。
湖畔を周遊するコースなので東西南北いろいろな方向から湖の風景を楽しめます。日が沈んで夕やけになったら是非撮ってみよう!と方向を気にしながら走っていました。期待通り日が沈んだら空が赤くなってきたのでこの場所に戻ってきたのですが、背景のほとんどが山で綺麗に自転車と空が映える場所がなかなか無い、、、、と思っていたらちょうど山と山の境目がきれいな場所を見つけることができた一枚です。

この時のサイクリング記事はこちら

東京 代々木公園の壁画

代々木公園に行った時、陸橋下の橋脚にひときわ目立つ壁画(これは落書き?)を見つけたので撮ってみた一枚。

実はこの左側のもうひとつの橋脚には同様の「赤い絵」が描かれているんです。ただその時はその前でずっと写真を撮り続けている2人組がいたので、、、残念ながら諦めました。

この時のサイクリング記事はこちら

大阪 梅田の歩道橋

御堂筋のイルミネーションを自転車で見よう!と仕事の打ち合わせに自転車で行ってその帰り道にスタート地点の梅田に行った時の一枚。

梅田の交差点って複雑で自転車は渡りにくいのでどう渡ろうか?と思っていたら自転車で歩道橋のエレベータに乗り込む人がいたので上がってみました(初めて自転車でこの歩道橋を渡りました)。結構人は歩いていたのですが、たまたま人が少ない「間」が出来たので撮ってみたのがこの写真です。

このサイクリング記事はこちら

紅葉、お城を望む後ろ姿

サイクリングイベントの下見サイクリングに行った時、MCアケさんに後ろ姿の撮影をお願いした写真。

上は大阪府貝塚市の「道陸神社」、下は岸和田市の「岸和田城」

MCアケさんのインタビュー記事はこちら


そしてこのサイクリングイベントは11月25日に開催しましたので、後日またレポートいたします。

埼玉 夕暮れの沈下橋

この写真を撮った時の記事は書いていないのです。なのでインスタ限定の写真。
沈下橋と言えば四万十川が有名ですが、埼玉にもいくつかあることは知っていたので、川沿いを走って見つけた小さな橋。日が傾いてきていたのでちょうど自転車がシルエットになりました。
実はこの反対側から撮ると、周囲の建物や工事現場などがしっかり映って絵にならないのです。写真撮るなら「下流から限定」のポイントです。

まとめ

インスタグラムを始めたころは、この記事を書いた写真を投稿していました。しかし写真を撮って記事を書いて掲載までは数日かかるので、最近は記事より先に投稿することも時々あります。
インスタグラムで紹介した写真は後日、この記事で紹介する可能性が高いので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

基本的にほとんどの写真は機動力の高いスマホを使って撮影しています。最近はスマホの性能も上がっているので、皆さんもサイクリングの時に風景と自転車を一緒に撮ってみてください。
そしてインスタグラムに投稿する時はぜひ、#TABIRINのハッシュタグで投稿してみてください。

執筆:YASU

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー