旅×自転車 記事

【京都府】レンタサイクル・シェアサイクルでも楽しめる京都市・祇園~哲学の道~宝ヶ池~鴨川紅葉サイクリング


秋と言えば「紅葉」、紅葉と言えば「京都」に行きたくなるこの季節。京都市内の東側へ紅葉を求めて日帰りサイクリングしてきたのでご紹介します。

祇園花見小路~古門前通

今回はクルマで京都七条まで行き、駐車場からスタートします。まずは四条まで上って「祇園花見小路」へ。白川を渡って東へ曲がると「古門通」です。

白川へ出ると京都っぽい雰囲気が残り、外国人や着物姿の観光客がたくさんいます。

ここでは鹿児島から来られていた着物の女性にご協力いただいて撮影させていただきました。

円山公園~知恩院

祇園からすぐの八坂神社横を通り「円山公園」へ。
そこからすぐ北側に行けば「知恩院」があります。
円山公園も知恩院も知名度が高いので人はとても多いです。

祇園白川のほとり

今回の目的地のひとつが、知恩院から坂を下った「白川」のほとり。以前から好きなスポットなのですが自転車で来たのは初めて!なので、のんびりゆっくり川のほとりを散策します。

まずすぐ目に入るのが、幅約60センチ、長さ約12メートルの小さい一本橋。この一本橋は、「行者橋」、「阿闍梨橋」とも言われています。ここでも観光に来られていた方に協力をいただいて撮影!
柳が立ち並ぶ雰囲気の良いこの400mほどの道を進んでまた反対側を走ってみます。

さっき前を通ったカフェが気になるので、少し立ち寄ることに。

お店の名前は「白川カフェ」
オススメの「ほうじ茶カフェラテ」でまったり

蹴上インクライン~南禅寺方面へ

白川カフェからすぐの二条通りを東へ進むと「蹴上インクライン」があります。

「蹴上インクライン」は、南禅寺の近くにあり、全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡で、高低差約36メートルの琵琶湖疏水の急斜面で、船を運航するために敷設された傾斜鉄道の跡地。桜で有名なこの場所ですが秋はこんな風景です。

ここから南禅寺方面へ向かいます。「南禅寺」やすぐ近くの「高台寺」は紅葉の名所としてとても有名。とても人が多いです!

今回2つ目の目的地がすぐ先なので、南禅寺は前で写真を撮るだけにします。

哲学の道

「哲学の道」永観堂付近にある熊野若王子神社前の冷泉通若王子橋を南端として始まり、東山山麓の琵琶湖疏水に沿って銀閣寺西の今出川通銀閣寺橋を北端として続く約1.5kmの散歩道。
川沿いは桜並木が続き、春はとても多くの人が訪れます。秋の季節は来たことがなかったので、ここに来るのが今回2つめの目的です。
未舗装ですが西側の道はきれいに整備されています。勿体ないので押し歩きでのんびり景色を楽しみます。

途中「哲学カフェ」というお店を見つけたので少し立ち寄ることに。

お店の正式な名前は「PHIROSOPHY CAFÉ」。雰囲気の良い欧米系の男性が出迎えてくれます。お客さんも欧米の方が多くとてもお洒落。
カプチーノとモンブランでまったりと、、、

再び北へ川沿いの移り変わる景色を楽しみながら進みます。

銀閣寺の入り口から西へ向かったところが、哲学の道の北端です。

クルマで来るとまた戻らないといけないですが、自転車だと次へ進めるので便利です!

北山・宝ヶ池へ

日没までまだ時間があるので、白川通りを北へ走って「宝ヶ池」へ向かうことに。
雰囲気の良い白川通りには、ラーメン「天下一品」の本店があります。

北山通りを西へ進み、坂を登って夕暮れの「宝ヶ池」へ。

この池の周遊道路も未舗装ですが、きれいに整備されていてとても良い雰囲気

北側には「国立京都国際会館」もあります。その近くにある公園の風景。

高野川~鴨川沿いへ

ここからは高野川沿いの川端通りを一気に南下します。

「出町柳駅」前あたりで「鴨川」に合流します。この川沿いも未舗装ですが、整備されていてとても良い気持ちです。

四条あたりまで来たところで、辺りはもうすっかり暗くなっていました。

さらに七条まで下って今日の旅は終了です。

まとめ

今回は京都市内の有名な寺院ではなく、自転車ならではの「道・路」をテーマに紅葉を求めてきました。ロードバイクで行ったのですが、、、である必要は全くありません。
少しタイヤが太めのクロスバイクや小径車でのんびりがおススメです。宝が池まで行かないならレンタサイクルやシェアサイクルでも十分楽しめます。
今回のコースはこちら

この日は11月11日。紅葉はまだ少し早かったですね。
見ごろは11月下旬~12月上旬だそうなので、自転車を使った京都・紅葉サイクリングを楽しんみてはいかがでしょうか。
関西からは十分日帰りできますし、関東や全国の方は1泊でレンタサイクル・シェアサイクルを使ったお手軽自転車旅がおススメです。

▼鴨川沿いの水たまりに空がきれいに映っていたので、ちょっと自転車を入れて撮ってみました。

執筆:YASU

関連記事・情報



  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー