旅×自転車 記事

シェアサイクルで自転車通勤へGO エピソード1

シェアサイクルで自転車通勤es2前回の記事でシェアサイクルで自転車通勤を始めることにした筆者ですが、月が替わり晴れて月額会員となったため、いよいよシェアサイクルで自転車通勤の日々が始まることとなりました。

そんな、シェアサイクル通勤初日の出来事をご紹介します。

(1)そして僕は途方に暮れる...。

シェアサイクル通勤初日、若干手間取ったりする可能性もあるため、今まで家から自転車通勤していた時間よりも余裕を持って家を出ます。

自宅から最寄のシェアサイクルポートまで徒歩10分。いつもは通らない道のため、ただ歩いているだけですが、何かわくわくしてきます。

私の個人的な考えですが、シェアサイクルのような交通機関は、あまり予備知識がなくとも、現地に行けば使えることが必要だと思っています。地方に行った時にも、レンタサイクルを借りることがありますが、大体の位置だけ把握しておいて、現地に行きます。現地に行ってみると案内が見えづらい等、借りるまでに一苦労といった場合が、結構あります。

今回も、あまり事前の予習はせずに、とりあえずポートに向かいました。

ポートは幹線道路の裏道沿いの公園ありました。特に案内は近くに行くまで出てなく、分かりずらいです。(他のポートも幹線道路に面してない場合は、結構見えずらいところにあると感じました。他のポートも同じような場合が多いです。このあたり改善したほうがよいと思いました。)

到着すると、自転車が1台だけあります。

この時間でも、もう1台しかないのか、明日はもっと早く来よう等と思いながら、貸出手続きを始めます・・・。

 

「他者予約中」

01他者予約中

自転車の後部にある、操作パネルに表示されました。

...。 予約ってなんですか?予約なんてできるんですか。今までの一回会員の時は、こんな表示見たことありません。何度やっても同じ結果です。借りることができません。

仕方がありません。時間に余裕もあるし、反対方向にある駅に行くよりも、より会社に近い別のポートまで歩くことを選択します。

次のポートに到着。1台もありません。次行ってみよう。

次のポートに到着。3台あります。

「他者予約中」、「メンテナンス中」

いろんな表示があるんですね・・・。

 

「開錠」

02開錠

...。 ようやく借りることができました。

結局、通勤距離が全体で5kmちょっとのところ、2km程度歩いてしまいました。当然ながら、ちょっと遅刻です。

(2)帰宅は予約

会社で休み時間に調べてみると、どうやら、自転車の借り方には2種類の方法があるようです。

①Felicaカードを登録してそのカードをかざして借りる方法

②予約して1回ごとにパスコードを発行して借りる方法

■docomoシェアサイクルの借り方・返し方

予約する専用サイトを見てみると、各ポート毎に借りることができる台数が表示され、借りる自転車を選択できるようになっていて便利です。

 

早速、帰りは、スマホを使って予約しようとしますが、見てみると周辺のポートに見事に1台もありません。

範囲を拡大していくと、かなり離れた場所には借りられる自転車があります。

帰りは、時間に余裕があったので、予約した自転車があるポートまで歩き、自転車にのって帰りましたが、夜遅くて疲れているときは、少しつらいかなと感じました。

(3)予習は大事

何日か使って分かったのですが、自宅付近の住宅地のポートは、朝は通勤時間帯に自転車がなくなり、夜に大量に自転車が戻ってくるようです。

▲夜中は多くのシェアサイクルが停まっていますが・・・。
04ポート朝
▲朝は、8時頃にはガラガラです。

またオフィス近くの都心のポートでは、朝大量に自転車が集まるのですが、ポートにある自転車ラックからあふれるほどの自転車が置いてあるため、通勤時間帯が終わると、事業者のトラックが来て、自転車をどこかに持って行ってしまいます。そのため、帰宅時間帯には自転車が不足している状況にあるようです。

05ポート通勤時間
▲通勤時間帯には、ラックに収まりきらないシェアサイクルがあふれています。
シェアサイクル回収トラック
▲通勤時間帯が終わるころトラックが来て・・・。
07ポート通勤時間後
▲ラックの数と同数程度のシェアサイクルのみが残され、あとは撤去(他のポートへ移動?)されます。
08ポート夜
▲夜(早いと19~20時頃)になると1台もありません。

最初は途方にくれましたが、専用サイトの使い方やポートの特徴が分かると、面食らうことはなくなってきました。ただ、事前に利用可能自転車があるかを確認してからポートに行かないと、行っても借りられない場合が意外とあります。
シェアサイクルを利用した初めの段階でそれが続くと、使えないと思ってしまう方もいるかもしれません。利用可能自転車の有無は、専用サイトからしか分からないため、別サイトのポートマップ上にそれが出ると便利なんですけど・・・。

また、朝、シェアサイクルで走っていると、多くの利用者を見かけます。予想以上に通勤にシェアサイクルが使われていることが分かりました。夜もポートから1台もなくなってしまうくらい、利用されているし、まだまだ埋もれている需要はあるのではないでしょうか。

あと、使う際には、借り方とか、ちゃんと事前に勉強したほうがよいですね。

 

<執筆:u.t>

関連記事

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー