旅×自転車 記事

シェアサイクルで自転車通勤へGO エピソード3|もしもの時のために。自転車保険の話

シェアサイクルで自転車通勤へGO エピソード3

前回(エピソード2)の記事で、私の勤めている会社の自転車通勤制度をご紹介しましたが、その制度を活用するには自転車保険への加入が必須の条件となっています。
ただ、自転車保険と一言で言っても、いろいろな種類の保険があるようです。
今回は、私が自転車保険を選んだ際の話です。

1. 加害者として自転車事故を起こしたときの賠償

クルマを運転する方は、必ず自動車の保険に加入されていると思います。
一方、自転車に乗る際の保険に加入している方は、これまで少なかったのではないでしょうか。
しかしここ数年、事故を起こしてしまった時の備えとして、自転車保険への加入が重要視されています。

その理由の1つとして、11歳の小学生が歩行中の女性と正面衝突し、女性が意識不明の重体となった事故が報じられたことが大きいのではないでしょうか。
この事故について、裁判所は加害者に対し約9,500万円の支払いを命じています。そして、その損害賠償責任を負うのは小学生の母親です。

自転車が加害者になる交通事故が起きた際、このように多額の賠償が求められるケースが見られるようになってきました。自治体によっては、高額の賠償金に備え、条例により自転車保険への加入が義務化されているところもあります。

▼自転車の加害事故例

判決認容額(※) 事故の概要
9,521万円 男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
(神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)
9,266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。
(東京地方裁判所、平成20(2008)年6月5日判決)
6,779万円 男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成15(2003)年9月30日判決)
5,438万円 男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成19(2007)年4月11日判決)
4,746万円 男性が昼間、赤信号を無視して交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中の女性(75歳)に衝突。女性は脳挫傷等で5日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成26(2014)年1月28日判決)

(※)判決認容額とは、上記裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です(金額は概算額)。上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払う金額とは異なる可能性があります。【出典:一般社団法人 日本損害保険協会

2. 自転車保険の種類

個人向けの自転車保険の種類には、個人で加入する単体の自転車利用者向け保険や、自動車保険等の他の保険に付帯する特約、またTSマーク付帯保険のように自転車の車体に付帯している保険があります。

そのため、実は既に自転車保険に加入している場合や、加入済みの保険に簡単に特約を付けられる場合もありますので、自転車保険加入に当たっては、現在加入している保険や自転車の車体にすでに自転車保険が付帯していないか、確認することをお勧めします。

▼個人向けの自転車保険の種類

保険の種類 保険の概要
個人賠償
責任保険
自転車利用者向け保険 自転車事故に備えた保険
自動車保険の特約 自動車保険の特約で付帯した保険
火災保険の特約 火災保険の特約で付帯した保険
傷害保険等の特約 傷害保険等の特約で付帯した保険
団体保険 会社等の団体保険 団体の構成員向けの保険
PTAの保険 PTAや学校が窓口となる保険
共済 全労済、市民共済など
TSマーク付帯保険 自転車の車体に付帯した保険

出典:国土交通省 第1回自転車の運行による損害賠償保障制度のあり方等に関する検討会

3. 私はこうして自転車保険を選びました

前述のようにさまざまな自転車保険がありますが、私は次のような視点で自転車保険を選びました。

ーーーーーー

①加害者として事故を起こした場合の補償金額が1億円以上
会社の自転車通勤制度の条件となっているため、必須条件でした。

②家族全員が補償される
家族全員が自転車に乗るので、全員が補償されるものにしようと思いました。

③簡単に手続きできる
仕事の合間などに簡単に手続きできるようなものを探しました。

ーーーーーー

上記の条件のもと自転車保険を探した結果、自分が元々加入していた保険では、自転車の特約は付けらなかったため、条件に合致していたコンビニのコピー機で簡単に手続きできる保険に加入することにしました。

ただ、すべての自転車保険を調べてはいません。
私が加入した頃よりも、最近は自転車保険の数も増えているようです。自転車の保険を比較しているWEBサイト等もありますので、参考にしつつ、自分に合った自転車保険を選んでみるのがよろしいかと思います。

4. 最後に

自転車に乗った際に、事故を起こさないことが一番です。
とはいえ、いくら気をつけていても事故が起きることはあります。
今回、私は自転車通勤をきっかけに加入しましたが、普段自転車を利用される方も、補償が受けられる自転車保険に加入してはいかがでしょうか。

 

関連記事

 

<執筆:t.u>

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー