旅×自転車 記事

【わたしのまちの自転車屋】新潟県・燕市 おすすめサイクリングコース&日帰り温泉施設を自転車店店主が伝授『バイクランドやまぐち』

新潟県燕市にある『バイクランドやまぐち』は「自転車もオートバイもどちらも大好きなんです」と話す店主の山口茂(やまぐちしげる)さんが営む、自転車とオートバイの併売店です。

「専門店に比べると力量不足を感じますが…」と控えめに話す山口さんですが、取り扱う自転車の種類だけでもスポーツサイクルにシティサイクル、電動アシスト自転車、折り畳み自転車…と実に豊富。加えて自転車部品やアクセサリーも販売しています。

お店の近くを流れる信濃川や、その支流の中ノ口(なかのくち)川の土手の自転車専用道路、日本海を眺められる海岸線道路などがお気に入りのサイクリングコースだと話す山口さん。
「川の流れや海を見ながら走ると落ち着くんです」と普段からよくサイクリングに出かけているそう。

新潟の自然を堪能できるおすすめサイクリングコース&日帰り温泉施設3選

 「サイクリングで汗をかいたあとは、温泉で汗を流し、食堂で地元の食材が楽しむのが定番」という山口さんに『バイクランドやまぐち』発のおすすめサイクリングコースとセットで立ち寄りたい日帰り温泉施設を教えてもらいました。

まず一つ目は、国上山(くがみやま)中腹にある国上寺(こくじょうじ)まで走って『てまりの湯』に寄るコース。
国上寺は、江戸末期の禅僧・良寛(りょうかん)にゆかりのある越後最古の名刹。『バイクランドやまぐち』からは約18kmのところにあります。

国上寺に参拝したあとは、約4kmの国上山麓にある『てまりの湯』へ。
『道の駅国上』に併設している地域色豊かなこちらでは、2つの泉質の温泉を楽しむことができるのだとか。ちなみに『道の駅国上』は2022年7月1日にリニューアルオープンの予定で、新しくBBQスペースや足湯ゾーン、カフェなどが誕生するそうなので、ぜひこちらもチェックしておきたいですね。

2つ目に教えてくれたのが弥彦山(やひこやま)を目指して『さくらの湯』で疲れを癒すというコース。
弥彦山山頂までは約21kmと、1つ目のコースよりは少々長め。「脚力に自信がある人は、弥彦山の山頂まで行くと佐渡島を眺めることができますよ」と山口さん。さらに体力がある人は、下山して海側のシーサイドラインを走るのもおすすめなんだとか。

併せて立ち寄りたい『さくらの湯』は、源泉かけ流しの大露天風呂や岩盤浴、サウナなど、多様な温泉を満喫できる充実の温泉施設。食事処もあるので、温泉のあとにお腹を満たすのもよいですよね。

そして、最後にご紹介するのは山口さんが一番おすすめだという、角田山(かくだやま)を巡って『じょんのび館』に立ち寄るコース。
佐渡弥彦米山国定公園にある角田山は新潟県内に自生する草木の多くを見ることができるという山で、春は“花の山”とも呼ばれるほど多くの草花が山を美しく彩るのだそう。
特に新潟県の草花に指定されている雪割草は見事なんだとか。

角田山の麓にある『じょんのび館』は源泉100%の天然温泉で、露天風呂に内湯、ジェット風呂、ドライサウナ、スチームサウナなどを完備しており、特にサウナには定評があるそうです。

自転車は時代に即した乗り物である

「鉄道+自転車(輪行)または車に自転車を積んで、目的地を自転車で巡ることはよくやっていたのですが、今年はバイクに自転車を積んで島旅に出かけようと思っています」と山口さん。
続けて「自転車はコロナ禍に最適な乗り物であるとともに、ガソリンも使わないため、SDGsが叫ばれる今、時代にマッチしているということをアピールしていきたい」と話してくれました。

まとめ

今回教えてもらったように『バイクランドやまぐち』では、修理や販売だけでなく、サイクリングコースについての相談も受け付けています。
燕市周辺でのサイクリングを考えている方は、ぜひ一度お店に立ち寄ってみてくださいね。

――――――――――――――――――――――――――――

■バイクランドやまぐち 
住所:新潟県燕市松橋7-4
TEL:0256-62-6331
営業時間:9〜19時
定休日:日曜、祝日

■サイクルショップデータ

取り扱い製品 シティサイクル/電動アシスト自転車/折りたたみ自転車/スポーツサイクル
自転車部品/アクセサリー

修理・メンテナンス 可

レンタサイクル なし

 

執筆:高島夢子

関連記事




 

 

 

  • この記事がいいねと思ったら
    •  2
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング