旅×自転車 記事

【大阪府】大阪の坂シリーズ:葡萄坂に挑戦!!

こんにちは!たびりん編集部です。

さて、今回は大阪東部の坂、「葡萄坂(ぶどうざか)」のご紹介です。
関西ではヒルクライムのメッカとして知られる葡萄坂。その名のとおり、柏原市のぶどう畑が広がる峠を上るこのコースは大阪市内からもアクセスしやすく、週末にはサイクリストで賑わっています。
また、この葡萄坂からは十三峠や奈良方面、金剛山方面へも行きやすく、ここを起点としたサイクリングルートを色々チョイスしやすくなっています。

前回までの記事はこちら。

1. 大阪市内から信貴山へ

大阪市内からは、第二寝屋川を経由して福万寺町市民運動広場、恩智川治水緑地を通って、恩智川沿いを進みます。
前方に見えているのが今回登る信貴山です。気合が入ります!

恩智川は決してキレイな川ではありませんが、大きな鯉が何匹も泳いでいます。

そして途中にはこんな田園風景も広がっており、少し癒されつつポタリング気分を味わえます。

 

2. 葡萄坂を登る!

そして、葡萄坂のスタート地点が、ここ大県南交差点のセブンイレブンです。休日ともなると、サイクリストでごった返しています。
葡萄坂は全長3.8km で、平均斜度も8%前後と、初心者の方でも何とか登れます。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スタートすぐはこんな感じでゆっくり登るのですが、、、

しばらく行くと、この勾配です。いっきに登ります。

そして、沿線にはぶどう畑が広がっています。周辺にはぶどうの直売所もたくさんあるので、寄ってみてはいかがでしょうか。
観光ぶどうセンターやワイナリーもありますよ。

そして、しばらくはこんな坂が続きます。けっこう九十九折になってますね。

そして、ここ信貴変電所前がゴールです。お疲れ様~。

 

3. 信貴フラワーロードを経由して十三峠へ

ゴールから折り返すのもいいですが、今回は信貴山のどか村を経由して十三峠に向かいます。
のどか村では、味覚狩り、バーベキュー、レストラン、体験教室、アスレチック、グラススキーなど遊びがいっぱい!

そして、ここ信貴大橋では、開運バンジーなるものがあります。次回はチャレンジするかな。

しばらく進むと、信貴フラワーロードに合流します。クルマも少なくて、ほどよいアップダウンや景色が堪能できて、サイクリストにはたまらないコースとなっています。
ならクルのマップにもコースが掲載されています。

さて、信貴フラワーロードを抜けたら、裏十三峠を登ります。田園風景を進むのですが、これが意外とキツイんです。

さあ、十三峠の頂上です。この日は残念ながら曇っていて、見晴らしがよくありません。残念。

 

4. カフェでブランチ

十三峠を下れば、いつものカフェ「モンテローザ」です。
サイクルスタンドや工具もあって、サイクリストに優しいカフェになっております。ぜひ、立ち寄ってみてはいかがですか。

 

5. まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
大阪近郊には、サイクリストにはうれしい坂や、素敵なサイクリングコースがたくさんあります。これらをつなぎ合わせてお気に入りのサイクリングルートを探してみるのも楽しいですね。
ぜひ、自慢の自転車を整備して、仲間と一緒にサイクリングに出かけましょう!

【本日のサイクリングルートはこちらから】

Cycle Route 5682760 – via Bikemap.net Open Route in Bikemap App

 

関連記事




(執筆:n.k)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー