旅×自転車 記事

【千葉県】江戸川サイクリングロードを上空から見てみた。そして、河津桜を見に行ってみた。

サイクリングロードを上空から見たことがありますか。

東京湾から千葉、埼玉方面までの江戸川サイクリングロードを見渡すことができる千葉県市川市にあるJR総武本線市川駅に直結するアイ・リンクタウン展望施設に行ってみました。

1. 江戸川サイクリングロード

千葉県「江戸川左岸自転車道」や「江戸川自転車道」などのサイクリングロードは、一部のサイクリストの間で江戸川サイクリングロードと呼ばれています。

千葉県「江戸川左岸自転車道」は、千葉県松戸市と千葉県野田市を結ぶ江戸川沿いを走る全長約41kmのコースです。サイクリングコースの周辺には、戸定が丘歴史公園の他に、本土寺、柏の葉公園、関宿城博物館などのおすすめスポットがあります。

江戸川自転車道は、東京都江戸川区と千葉県松戸市を結ぶ江戸川沿いを走る全長約22kmのコースです。サイクリングコースの周辺には、戸定が丘歴史公園の他に、矢切りの渡し、野菊の墓文学碑、小岩菖蒲園、東京ディズニーリゾートなどのおすすめスポットがあります。

2. いちかわアイ・リンクタウン展望台

アイ・リンクタウン外観

「アイ・リンクタウンいちかわ」は、JR総武本線市川駅直結のザ タワーズ ウエストの45階にある無料の展望施設です。施設内には、眺望を楽しむことができる憩いと交流の場として、展望ロビー、交流ラウンジ、情報コーナー及び展望デッキなどがあります。

地下1階には駐輪場があり、2時間まで無料となっています。

アイ・リンクタウン地下駐輪場入り口
▲地下駐輪場入り口

アイ・リンクタウン地下駐輪場案内

早速、地下駐輪場に自転車を停めて、展望ロビーに行ってみました。

展望デッキでは、地上150メートルから360度の大パノラマが楽しめ、都心部から千葉方面までの壮大な景色を見渡すことができます。晴れた昼間には真下を通る江戸川サイクリングロード等の眺望を楽しむことができます。

展望デッキから東京湾方面

展望デッキから東京湾方面を眺めます。写真中央から左側に分流するのが江戸川、右側に分流するのが旧江戸川です。

展望デッキから東京都心方面

東京都心方面では、スカイツリーや都心のビル群が見えます。手前には満開に咲いた河津桜の並木がみえました。

展望デッキから東京都心方面2

こちらも東京都心方面。江戸川を跨ぐ総武本線の鉄橋、千葉街道、京成本線の鉄橋がみえます。

展望デッキから北側

こちらは北側の眺めです。
東京葛飾区や千葉県松戸市方面がみえます。サイクリングしていると分かりませんが、江戸川は蛇行しながら流れていることがわかります。

3. 市川の河津桜並木

江戸川さくら並木整備事業の看板
▲看板の上奥にみえるのが、先ほどまでいたアイ・リンクタウン展望施設

展望台から見えた満開の市川の河津桜並木に行ってみました。

江戸川さくら並木整備事業の看板によると「河津桜並木等は、市川市を代表する都市景観のひとつである江戸川と市内を流れる河川や公園を「さくら」で結ぶことにより、良好な水辺空間の創出と、思い出に残る郷土景観を形成することを目的として植樹された」そうです。

河津桜の並木

河津桜の並木

河津桜の並木

市川の河津桜は、延長約350mに42本の河津桜が植えられています。

河津桜
▲満開の河津桜
▲河津桜とスカイツリー

河津桜並木をみた後は、サイクリングで反対岸まで行って河津桜並木を眺めました。

反対岸からみた河津桜の並木
▲反対岸からみた河津桜の並木

 

サイクリングロードを上空から見て、上空から見えた場所に行ってみる!
そんなサイクリングもいいですね。

(文責:s.k2)

関連記事

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー