旅×自転車 記事

【千葉県】道の駅のレンタサイクルで、生産量全国一位の千葉県の梨を味わう!

梨 02

※この記事は2018年9月28日に公開されたものを2021年4月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN(たびりん)編集部です。

記録的な猛暑だった今年の夏も終わり、食欲の秋がやってきました。
秋の味覚といえば梨(日本なし)ですよね。

そこで今回は都心に一番近い「道の駅いちかわ」から、レンタサイクルで、生産全国一位の千葉県のおいしい梨を味わってきました。

千葉県は梨の生産量全国1位!

梨01
▲秋の味覚といえば・・・

千葉県は梨の日本一の産地で、梨狩りができるスポットもたくさんあることをご存知でしょうか?千葉県の梨のシーズンは、8月下旬~10月下旬くらい。

サイクリングに出かけて、体を動かした後、千葉の美味しい梨を食べるのもおすすめです。

平成29年産の日本なしの収穫量及び出荷量

都道府県 収穫量(t) 出荷量(t)
1 千葉県 32,000 31,300
2 茨城県 23,400 21,700
3 栃木県 19,000 17,500
4 福島県 18,900 17,500
5 鳥取県 18,400 16,700

【出典】農林水産省資料より 作成

大町梨街道沿いや周辺には50軒以上の梨農家が点在

千葉県市川市・松戸市を通る国道464号の一部に名づけられた大町梨街道は、街道沿いや周辺に50軒以上の梨農家が点在し、シーズンになると店頭で販売され、多くの客で賑わう梨の一大産地となっています。

梨街道の直売所の営業時間は、10時からが多いようですが、早い時間に完売する直売所もあるようですので、買うなら午前中をお勧めします。


千葉県の梨を味わうサイクリングレポスタート!

都心に一番近い道の駅いちかわ

道の駅いちかわ 外観
▲おしゃれな雰囲気です

今回のスタート地点は「道の駅いちかわ」。千葉県市川市にある千葉外環に隣接した都心に一番近い道の駅です。

道の駅 いちかわ駐車場
▲道の駅いちかわの外観、広い駐車場があります

市川市の特産品店、イタリア料理店、カフェなどがあり、駐車場はもちろん、駐輪場も充実しているので、安心して停めることができます。

道の駅いちかわ 自販機
▲さすが梨のまち千葉県市川市、自動販売機にも梨の絵が描かれています
道の駅いちかわ バイクスタンド
▲スポーツサイクル専用スタンドには、使い方の説明もあります

またスポーツサイクル専用スタンドも設置されています。当日はスポーツサイクルの利用はありませんでしたが、今後、サイクリストの憩いの場になるといいですね。

道の駅いちかわの詳しい施設情報については、以下もご覧ください。


レンタサイクル Let’s Bike

レンタサイクルLet`s Bike
▲レンタサイクルLet`s Bike

道の駅いちかわには、「レンタサイクル Let’s Bike」※があります。今回はこのLet’s Bikeを借りて、大町梨街道に向かいます。

レンタサイクルの使い方は以下の記事をご覧ください。

※「レンタサイクル Let’s Bike」は2021年3月時点でサービス終了となっています。

サイクリングで大町梨街道へ

国分川調整池の案内図
▲国分川調整池の案内図、道の駅いちかわに隣接している

道の駅いちかわでレンタサイクルを借り、観光スポットを巡りながら、大町梨街道に向かいます。

国分川調整池
▲生き物に触れ合えたり、自然に囲まれながら散策や休息ができる

まずは、道の駅に隣接している国分川調整池に立ち寄ります。国分川調整池は、生き物に触れ合えたり、自然に囲まれながら散策や休息ができます。

国分川調整池
▲自然や生き物を復元するエリアもある

次に、弁天池公園沿いを通ります。目的地までの中間地点です。ベンチもあり、休憩をとるには良い公園です。

弁天池
▲弁天池
弁天池の鳥居
▲弁天池の鳥居

大町梨街道へ

そして、いよいよ目的地の大町梨街道へ向かいます。道路は自動車の交通量が多く、道幅が狭いので十分注意して走りましょう。

大町梨街道
▲大町梨街道、沿道および周辺に50軒以上の梨園が並ぶ。自転車の姿も見られる

大町梨街道沿いには、梨園が多く、どの梨園にするか悩みますが、今回は大町梨街道とJR武蔵野線が交差するあたりにある甚左衛門梨園に伺いました。住所は千葉県松戸市になります。

甚左衛門梨園の入口
▲森に囲まれた甚左衛門梨園の入口

入口を進むと先が長く、少し不安になりますが、小さく梨即売所の看板が見えます。さらに進むと即売所があります。

風情のある建物が心を落ちつかせます。まわりは、森に囲まれています。

森の中に甚左衛門梨園がある
▲森の中に甚左衛門梨園があります。右側に梨園
甚左衛門梨園
▲入口を進みます。左が梨園、奥に梨即売中の看板が小さく見えます
梨即売所の看板
▲さらに進むと左側に即売所が見えてきます
梨即売所
▲即売所の外観、すだれの奥が即売所です

疲れた体に梨が合う!

梨即売所 店内
▲建物内の即売所の様子、すだれですこし暗いですが涼しいです

サイクリングで大汗をかいていたので、店の方のご好意で、即売している梨より少し小ぶりの梨を試食させていただきました。サイクリングのあとの梨は最高です!

試食の梨
▲試食の梨

店の方によると、最近は自転車で来る方が多いとのことでした。

少し休憩をさせて頂き、6個1,000円のあさづきを購入して梨園をあとにしました。

持って帰れるか少し心配でしたが、大きめのリュックがあれば、購入後のサイクリングもまったく問題ありませんでした。

そして、道の駅いちかわに戻ります。

即売所で購入した梨
▲大きめのリュックがあれば、なし6個購入しても持ち運びに問題なし。なしだけに

道の駅×レンタサイクルの情報もTABIRIN(たびりん)で!

今回は都心に一番近い。「道の駅いちかわ」を起点に、レンタサイクルで千葉県のおいしい梨を味わうサイクリングをしてきました。最近はレンタサイクルが設置されている道の駅が徐々に増えてきていますよね。当メディア・TABIRIN(たびりん)では以下の『旅×自転車情報』から全国のレンタサイクルがある道の駅を一覧で調べることができます!

また本記事のように、TABIRINでは実際にレンタサイクルがある道の駅を起点・通過点としたレポートも盛りだくさん!

以下の記事は千葉県のサイクルレポートです。千葉県をレンタサイクルで巡る際には是非参考にしてくださいね。

【千葉県】チーバくんのほっぺあたり・八千代市にある新川千本桜に行ってみた

【千葉県】徳川家の住まい!?戸定が丘公園へ梅を見に行ってみた

小江戸の風情溢れる町並み”水郷佐原”を自転車でゆったりポタリング

【本日のルート】

(文責:s.k2)

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー