旅×自転車 記事

データでみる、旅×自転車⑥ 通勤・通学での自転車利用って、どれだけ増えてる?

データでみる旅×自転車⑥

今回は、通勤・通学で自転車利用が増えているか、データでご紹介します。

国内で自転車通勤・通学している人の割合

自転車のみで通勤・通学する人の割合(国勢調査より)

はじめに、国内で自転車で通勤・通学している人の割合を見てみましょう。
ややデータが古いのですが、1990年度~2010年度で比べてみると、残念ながら、自転車で通勤・通学する人の割合は徐々に減っています。
(駅までの自転車利用など、乗り継ぎは含みません)

地域別にみた、自転車通勤・通学割合の変化(1990年度と2010年度の比較)

順位 都道府県 変化量 順位 都道府県 変化量
13位 北海道 -1.2% 19位 滋賀県 -3.6%
30位 青森県 -4.9% 3位 京都府 2.1%
36位 岩手県 -5.8% 1位 大阪府 4.1%
16位 宮城県 -2.8% 7位 兵庫県 0.0%
47位 秋田県 -8.3% 4位 奈良県 0.9%
46位 山形県 -7.9% 25位 和歌山県 -4.2%
41位 福島県 -6.3% 37位 鳥取県 -6.0%
32位 茨城県 -5.2% 37位 島根県 -6.0%
45位 栃木県 -7.2% 21位 岡山県 -3.7%
39位 群馬県 -6.1% 11位 広島県 -0.9%
12位 埼玉県 -1.0% 24位 山口県 -4.1%
10位 千葉県 -0.8% 35位 徳島県 -5.4%
2位 東京都 2.5% 34位 香川県 -5.3%
4位 神奈川県 0.9% 18位 愛媛県 -3.3%
39位 新潟県 -6.1% 17位 高知県 -3.0%
44位 富山県 -7.1% 7位 福岡県 0.0%
31位 石川県 -5.0% 32位 佐賀県 -5.2%
43位 福井県 -6.8% 9位 長崎県 -0.5%
22位 山梨県 -3.9% 25位 熊本県 -4.2%
27位 長野県 -4.3% 19位 大分県 -3.6%
29位 岐阜県 -4.8% 42位 宮崎県 -6.6%
22位 静岡県 -3.9% 14位 鹿児島県 -2.3%
15位 愛知県 -2.6% 6位 沖縄県 0.6%
28位 三重県 -4.6%

(国勢調査より)

居住地域別でどうかというと、全ての都道府県で自転車通勤・通学割合が減っているわけではありません。

上の表をみると分かる通り、関西地方や関東地方の一部では、自転車通勤者が増えているんですね!
また、注目は沖縄県です。
気温や気候、坂道の多さなどから、自転車利用者が少ないと言われる沖縄県ですが、自転車通勤者は少しですが増えているんですね。

地域別にみた、自転車で通勤・通学する人の割合(2010年度)

順位 都道府県 2010年度 順位 都道府県 2010年度
35位 北海道 8.3% 20位 滋賀県 10.2%
23位 青森県 9.6% 3位 京都府 17.0%
29位 岩手県 8.7% 1位 大阪府 20.9%
24位 宮城県 9.5% 11位 兵庫県 12.3%
31位 秋田県 8.6% 40位 奈良県 7.8%
31位 山形県 8.6% 14位 和歌山県 11.3%
37位 福島県 8.0% 19位 鳥取県 10.4%
39位 茨城県 7.9% 25位 島根県 9.4%
26位 栃木県 9.2% 5位 岡山県 13.9%
28位 群馬県 8.9% 10位 広島県 12.8%
9位 埼玉県 13.4% 18位 山口県 10.5%
27位 千葉県 9.1% 7位 徳島県 13.7%
8位 東京都 13.5% 6位 香川県 13.8%
29位 神奈川県 8.7% 2位 愛媛県 17.6%
43位 新潟県 7.3% 4位 高知県 16.4%
44位 富山県 7.1% 17位 福岡県 10.7%
36位 石川県 8.2% 21位 佐賀県 10.1%
31位 福井県 8.6% 46位 長崎県 3.2%
37位 山梨県 8.0% 13位 熊本県 11.7%
42位 長野県 7.4% 22位 大分県 9.7%
34位 岐阜県 8.5% 14位 宮崎県 11.3%
16位 静岡県 10.8% 44位 鹿児島県 7.1%
12位 愛知県 11.9% 47位 沖縄県 2.8%
41位 三重県 7.7%

(国勢調査より)

2010年度の自転車通勤・通学割合のランキングは、1位が大阪府でなんと20.9%。2割を超えるとは驚きですね!
2位は愛媛県で17.6%、3位は京都府で17.0%、4位は高知県で16.4%、5位が岡山県で13.9%となっており、西日本が比較的高くなっています。

先進地域における、自転車通勤・通学の割合

調査年 国・都市 移動目的 自転車割合
2010年 デンマーク(コペンハーゲン) 通勤・通学 35%
2005年 オランダ 通勤 26%
2005年 オランダ 通学 48%

(国土交通省資料等より)

最後に、自転車利用が進んでいる国・都市の自転車通勤・通学割合を見てみると、3,4割くらいなんですね!

日本全体の平均が11.2%、1位の大阪府ですら20.9%ですので、まだまだ、先進地域とは開きがあるのですね。

まとめ

自転車で通勤・通学する人の割合が減少傾向にある我が国ですが、今後は、安全・快適に自転車で通勤・通学できる環境が、一層整っていくといいですね。

<執筆:k.k>

関連記事

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー