旅×自転車 記事

【新連載】アラフィフ会社員のシューペル・ランドヌールへの道のり#1

ブルベライダーの背中

みなさんは「ブルベ」ってご存知でしょうか?

「自転車でみんなで何百キロも走るヤツでしょ?」

「夜通し自転車で走り続けるヤツでしょ?」

「決められたルートで、決められたチェックポイントを時間内に通過するオリエンテーリングみたいなヤツでしょ?」

どれも当たっているような、でも、それだけじゃないような感じですね。実は私も、1年前まではよく知りませんでした。

そんなアラフィフで会社員の私が、ブルベ一流の称号”シューペル・ランドヌール”を目指す新シリーズ、

「アラフィフ会社員のシューペル・ランドヌールへの道のり」

をお届けします。

 

ブルベを目指したきっかけ。

「ブルベ」……聞いたことはありましたが、私の予備知識では、「何百キロという超長距離を走るイベントで、何年かに一度、フランスで、パリから大西洋までを往復するイベントが開かれている」くらいの認識でしかありませんでした。

海の向こうの話だし、冒険とか探検とか、別世界の人たちがやるものだと思っていて、とても私のような普通(?)の人間が参加するものではないと思っていました。

そんな私がブルベに興味を持つようになったきっかけは、たまたま眺めていた本に載っていた「ブルベ」に関する記事でした。

自転車と本

その記事によれば、参加者は普通のサイクリストが多く、「長い距離を走るために必要なのは必ずしも脚力ではなく、課題は自分の工夫と準備で全て解決できる」とのこと。

もちろん、自転車乗りというのは、どちらかというと話を過小に話す傾向があるので、彼らが「大したことないよ」とか「すぐそこだよ」とか言っても、決して信用してはいけないのですが、思っていたよりもハードルは低いようでした。

それから単なる興味本位でブルベについて調べているうちに、気づけばブルベに挑戦することになったのです。

 

ブルベとは。その発祥をひもとく。

パリブレストパリ

ブルベ体験談に入る前に、ブルベとはなんぞや、その発祥をご紹介します。

まず、ブルベとは「ノーサポート・自己責任で、タイムや順位にはこだわらず制限時間内での完走を目指す長距離サイクリングイベント」のことです。

そのブルベの発祥をひもとくと、なかなか興味深いことがわかりました。

今からおよそ130年前の1891年にフランスで始まったものらしく、それこそが最古で、かつ世界で最も有名なブルベの「パリ~ブレスト~パリ(PBP)」なのだそうです。

これは、パリ郊外から大西洋の町ブレストまでの往復約1200キロを自転車で走るという、常人には理解しがたいイベントです。

ブレストの町並み
▲美しい大西洋の町ブレスト(Brest)

当初はレース形式で始まったようなのですが、そのうちに、自己責任の長距離サイクルイベントとして定着していったそうです。

▲4年に一度のパリ・ブレスト・パリ2019のコース

その後、ブルベは、欧米を中心に世界中で開かれるようになっていったのですが、日本にはなかなか上陸しませんでした。日本のブルベの歴史は、本国フランスでの発祥から約1世紀を経た1990年代まで待つことになったようです。

 

ところが、「レースではないが気楽なサイクリングでもなく、努力は要するもののきちんと準備すれば脚力がない人でもちゃんと完走できる」という性質が日本人の性に合っていたのか、今では、国内で年間何百もの「ブルべ」が開催されています。

 

ブルベは大人の嗜み。「シューペル・ランドヌール」は粋な大人の称号。

ブルベはレースやセンチュリーライド等のイベントと違い、主催者はボランティアのようなものなのです。

ですから、サポートとかレスキューとかは一切ありません。参加資格は「二十歳以上で自己完結できるサイクリスト」とされていて、要は「大人の嗜み」なのです。

粋な自転車乗り

……で、その「大人の嗜み」に参加し、ちゃんと時間内に完走した人には、本国フランスの自転車クラブが「あなたは大した自転車乗りですよ」と認定してくれるのです。

そして、そのブルベで一流であることの称号が「Super Randonneur」=フランス語で「シューペル・ランドヌール」、英語読みは「スーパー・ランドナー」、すごい自転車乗りを意味する称号なわけです。

シューペル・ランドルーヌの称号メダル
▲真ん中がシューペル・ランドルーヌの称号メダル

これは、同一年内(1月~12月)に200km、300km、400km、600kmのブルベ完走という、普通の人には理解しがたい条件をクリアした人にだけ贈られる称号なのです。

「大人の嗜み」のその先端に与えられる「粋な大人の称号」なわけです。

ちなみに「ブルベ」(Brevet)という言葉自体も、フランス語で「認定」という意味だそうです。

なお、日本のブルベを統括している「オダックス・ジャパン(Audax Japan)」という組織は、フランスの2つのクラブから日本でのブルベ開催を委任されています。

「本国フランス」と表現しましたが、実は世界では、他にも多くの認定クラブがあるらしいです。そのあたりの細かい話については、Audax JapanのHPに詳しいので、よければそちらをご参照ください。

>>ブルベとは|Audax Japan 公式HP

 

おっと、時間になりましたので、今回はここまで。

次回はブルベの距離や制限時間、参加方法など、ブルベについてもう少し詳しくご説明しましょう。どうぞお楽しみに。

(執筆:t.k2)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー