旅×自転車 記事

【ヒルクライムレース】国内ヒルクライムのパイオニア!マウンテンサイクリング in 乗鞍2019

【ヒルクライムレース】マウンテンサイクリングin乗鞍2019

こんにちは!

2019年夏の話になりますが、「乗鞍(ノリクラ)」に参加してきました!今回はその様子を紹介したいと思います。
なお、公式サイトでは既に2020年の大会エントリーが始まっています。

“マウンテンサイクリング in 乗鞍2019” コース概要

正式名称は「全日本マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」。言わずと知れた、日本一有名な、そして日本で一番古い(?)ヒルクライムレースです。──通称「ノリクラ」。

今でこそ、ヒルクライムレースは日本全国で、それこそ一年中開催されていますが、昔はレースも限られていたことから、全国の「坂バカ」たちは、皆、「ノリクラ」を目指したものなのです。

数年前からは申込が先着順になりましたが、以前は抽選だったこともあり、毎年、3月頃に行われる「ノリクラ」の抽選結果に一喜一憂したものでした。今でいえば「東京マラソン」のようなものでしょうか――。

第一回大会が開かれた昭和61年(1986年)当時は、ロードレースは全くマイナーなスポーツで、一般の人が参加できる草レースはほとんどありませんでした。そんな中、「日本でも本格的なヒルクライムレースを!」という関係者のアツい想いもあって、全長20.5キロの「登りだけ」という、当時の日本の常識からすればおよそ考えられないコースが設定されました。

そうしてこの常識外れのレースには、それ以降、毎年全国の「坂バカ」が殺到することになるのです。

ちなみにゴール地点の標高2,716メートルは、日本の自転車レースでの最高地であり、日本では、これより高い場所でのレースは行われていません。文字通り、「最高峰」に登るレースなのです。

かく言う私は「坂バカ」という感じではないのですが、それでも日本一有名なヒルクライムレースでもありますし、15年くらい前からほぼ毎年(途中、歯抜けもありますが)参加しています。

最近は、タイムが落ちるばかりなので、レースそのものよりも、雰囲気を楽しみに参加しているような感じですが、それでも、毎年「ノリクラ」に行くと、テンションが上がります。

ということで、今回は、皆さんにその雰囲気を味わっていただきたく、動画と写真でお楽しみいただこうと思います。

ただし、私の貧足にお付き合いいただくと時間がかかり過ぎてしまいますので、レースの道中は10倍速処理をさせていただいています。その点あしからず……。

 

“マウンテンサイクリング in 乗鞍2019” 参加した様子のご紹介

おまたせいたしました。それでは、いよいよスタートです。
以下、動画と写真でお楽しみください!(写真は動画からの抜粋です)

おまけ

 

(執筆:t.Km)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー