旅×自転車 記事

【沖縄県】快適レンタサイクル、みやこ下地島空港「しまそらポタリング」で島一周・美しい海を堪能サイクリング


旅先の移動に便利な「レンタサイクル」。空港で自転車を借りれば約3kmで美しい海が広がる沖縄県・下地島。
年末年始(2021~2022年)の休暇で訪れた宮古島で、このレンタサイクルを使った下地島一周サイクリングをご紹介。
自転車を持っていない人にもおすすめです。

みやこ下地島空港レンタサイクル「しまそらポタリング」

宮古列島のひとつ下地島は周囲約17.5km、美しい海に囲まれた島です。
かつてパイロット養成の訓練飛行場から、2019年3月新ターミナル完成と共に定期便が就航した「みやこ下地島空港」。2022年1月現在、ジェットスター(成田便)、スカイマーク(羽田・神戸・那覇便)が就航しています。※国際線は運行休止中。
その「みやこ下地島空港ターミナル」で借りられるのが、レンタサイクル「しまそらポタリング」。

料金は1,500円(2時間)と2,500円(1日)の2種類、自転車はミニベロ(小径車)。
受付カウンターで手続きをすればすぐ借りることができます。

手荷物預かりや、自転車に取り付けるバッグの貸し出しも可能です。
下地島と隣接する伊良部島の情報が載ったマップを受け取り、タイヤの空気をチェックしたらスタート。

下地島空港17END

まずは12:00ちょうど、那覇からのスカイマーク便が着陸するシーンを見るために、約3km走って島の北端、「ランウエイ17END」(ワンセブンエンド)と称される滑走路17の誘導灯が海に伸びる場所へ。

滑走路が見える区間は、2019年3月から自動車通行禁止区間となり、徒歩か自転車でしか行くことができません。
青い海の上のから向かってくる飛行機は、頭上を通って滑走路へ。

その後、近くの小さな砂浜で美しい海を堪能。

ここから時計回りにサイクリング再スタート。

佐和田の浜

まずは、数多くの巨岩が沖合に転がっている「佐和田の浜」。美しい遠浅の浜は1996年「日本の渚100選」に選ばれています。

ちなみのこの「佐和田の浜」は伊良部島に位置します。下地島と伊良部島は、狭い水路で隔たっていて6本の橋でつながっています。

伊良部島側の道を南下して、サーターアンダギーにブルーシールアイスを挟んだ「さたぱんびんアイス」を求めて「なかゆくい商店」へ。

残念ながら年末年始はお休みでした。

渡口浜/曲元浜

下地島側へと戻り、春を感じる花が咲く道を南下して、伊良部島の「渡口浜(とぐちのはま)」へ。

美しい「渡口浜」は人気観光スポット

向かいに見えるのは下地島「曲元浜(まぎもとのはま)」。
ここは砂浜を歩いていくために、人が少ない穴場スポットです。

宮古島まもる君とサトウキビ畑

曲元浜近くでは、「宮古島まもる君」が島の安全を見守っています。

宮古列島の道路などに設置されている警察官型人形は「宮古まもる君」の愛称で親しまれ、2022年現在20基が設置されていています。
全員が兄弟という設定で、ここ下地島の「宮古島まもる君」の名は「まさお君」です。

ここから「まさお君」が見つめる西へ向かって、サトウキビ畑に囲まれたまっすぐな約2.3kmの道を走ります。

海が見えて北上したら「中の島海岸」。シュノーケリングが人気のスポットです。

再び下地島空港17END

中の島海岸から北上すること約3kmで、再び滑走路と海に挟まれた道へ。


滑走沿いに17ENDを経て約5kmの道を走って「みやこ下地島空港」へ。

みやこ下地島空港ターミナル




自転車を返却したら、お洒落なターミナル内でスイーツタイム。


宮古島産ハイビスカスのソフトクリーム(590円)には、飛行機をかたどったホワイトチョコが乗っています。

コースと施設情報


コースは約18kmですが、最初に17ENDへ行ったので24km(約3時間)のサイクリングでした。
2時間あれば十分回れますが、飛行機の離発着を見たり、海でのんびりしたり、写真を撮ったりするなら、3時間はみておいた方がいいでしょう。
空港到着後や出発前に、17END往復(約6km)するだけでも、1時間あれば楽しめます。

▼みやこ下地島空港施設情報
https://shimojishima.jp/information/

▼みやこ下地島空港フライト情報
https://shimojishima.jp/domestic/

まとめ

「自転車を持って旅に出かける」ことも楽しいですが。「旅先でサイクリング」も手軽な自転車の楽しみ方です。
「みやこ下地島空港」でのレンタサイクルは、スポーツタイプの自転車ではないので、ロングライドには向きませんが、坂がほとんどない小さな島をのんびりサイクリングするには十分楽しめます。
冬は北や東からの風が強い日が多く(この日も風速6~8m)、向かい風は結構走りごたえがあります。
風のない季節には、伊良部大橋まで走ってみるのもおすすめです。
もちろん宮古島は「自転車を持って旅にでかける」こともおすすめです。下記の関連記事で紹介していますのでぜひご覧ください。
その他、石垣島での「ロードバイクのレンタサイクル」レポートや、他のTABIRINスタッフによる「宮古島レポート」も紹介しています。

執筆:YASU

関連記事



  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー