旅×自転車 記事

自転車乗りにおすすめのレインウェア12選!メンズ/レディース別に紹介

うららかな春の陽気に喜ぶのも束の間、やがて雨の季節がやって来ます。

雨天時の走行は危険も多く、自転車乗りにとってはまさに試練の時期。梅雨は思うように走れず、本当にストレスが溜まりますよね。

そんな梅雨の時期に必須の自転車アイテムが「レインウェア」です。

ただの雨ガッパとあなどるなかれ。自転車向けのレインウェアは驚くほど機能的で、デザイン性も高いものばかり。

今回は、自転車乗りにおすすめの12選のレインウェアをタイプ別に紹介します。

この記事を参考に、雨の日も安全で快適なライドを楽しみましょう。

自転車向きのレインウェアは2タイプ

サイクリングに用いられるレインウェアは、大きく分けて2種類あります。

手軽に羽織ることができる「ポンチョタイプ」と、ジャケットとパンツが別になった「セパレートタイプ」です。

それぞれ一長一短があるため、自身の用途に合ったタイプを選ぶ必要があります。次の項目で両者のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプのメリットは、着脱の容易さです。

走行中に雨が降ってきた場合でも、このポンチョタイプのレインウェアを携行していれば、さっと羽織るだけで身体を濡らさずに済みます。

また、バックパックの上から着用することで、大切な荷物を雨から守れる点も魅力です。通勤・通学やちょっとした買い物、子どもの送り迎えに手軽に活用でき、価格も比較的安いため気軽に購入できます。

ちなみに、以下の記事では自転車に適したバックパックを紹介しています。

一方、ポンチョタイプはゆったりとしたシルエットのため、風の影響を受け、ハンドルをとられやすいというデメリットがあります。

また、どうしても下半身が雨に濡れてしまいがちです。

強風の中を走る場合や、足元まで完全に雨を防ぎたい場合は、次に紹介するセパレートタイプを検討しましょう。

セパレートタイプ

セパレートタイプのメリットは、その動きやすさにあります。

身体にぴったり密着するため、クロスバイクやロードバイクのように前傾姿勢が必要となる場合も、足の動きを邪魔しません。

また、ポンチョタイプと違い、足元までしっかりと雨を防いでくれる点も特長です。

クロスバイクに適した雨具については、以下の記事も参考にしてみてください。

デメリットとしては、熱がレインウェアの内側にこもり、蒸れやすい点が挙げられます。

夏の暑い日に走行される方や、汗をかきやすい方は、できるだけ透湿性(生地が汗を外に逃がす度合いのこと)の高いレインウェアを選ぶようにしましょう。

おすすめレインウェア:メンズ編

ここからは、おすすめのレインウェアを紹介していきます。まずはメンズ向けの商品を見てみましょう。

ポンチョタイプ

ここでは主に機能性やデザインの観点から、イチオシのメンズ向けレインウェアをピックアップしました。

リンプロジェクト サイクルレインポンチョ
画像出典元:rin project公式HPより
商品名 サイクルレインポンチョ
メーカー リンプロジェクト
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 9,900円
カラーバリエーション オレンジ/カーキ
特徴 『サイクルレインポンチョ』は、自転車乗りのことを徹底的に考えたデザインが魅力です。たとえば、裾や背中に設けられたベンチレーションは、水滴の侵入を防ぎつつ、空気を取り入れることが可能。これによって、暑い日でも快適なライドが楽しめるでしょう。
商品リンク リンプロジェクト ウェブショップ
Amazon
Wpc. レインバイシクルポンチョ
画像出典元:楽天商品ページより
商品名 レインバイシクルポンチョ
メーカー Wpc.
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 5,940円
カラーバリエーション カーキ/ベージュ/ダブルカラーバイアス/クリスタル/スプラッシュオフ/ジオメトリー
特徴 カジュアルに着こなしたい方におすすめなのが、Wpc.の『レインバイシクルポンチョ』です。スポーツ自転車での使用が想定されたデザインとなっており、ポンチョ前面はちょうどハンドルバーにかけられるようになっています。また、背面にはバッグを背負うためのスペースもあります。
カラーバリエーションが豊富で、落ち着いた色のものが多いため性別や年代を問わず着こなせる商品です。
商品リンク 楽天市場
ZOZOTOWN
MARUTO 自転車屋さんのポンチョ
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 自転車屋さんのポンチョ
メーカー 大久保製作所
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 2,161円(Amazon)
カラーバリエーション ベージュ/グレー/グリーン/ピンク/ブルー/カーキ
特徴 『自転車屋さんのポンチョ』は、自転車走行専用に設計されたレインウェアです。自転車の前カゴにかけられるように、丈が長く、適度な重量感を持たせてあります。加えて、カゴにつける脱落防止クリップも付属しており、強風でポンチョがまくれ上がり、カゴの荷物が濡れることを防げます。
通常タイプのほか、袖に透明窓をつけることで、操作パネルを見やすくした電動アシスト車向けタイプも展開されています。
商品リンク Amazon
楽天市場

セパレートタイプ

続いて、セパレートタイプのレインウェアを紹介します。いずれも機能性が高く、長時間のサイクリングに向いています。

ミズノ ベルグテックEXストームセイバーⅥ レインスーツ
画像出典元:mizuno公式HPより
商品名 ベルグテックEXストームセイバーⅥ レインスーツ
メーカー ミズノ
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 15,950円
カラーバリエーション ブルー/ピスタチオ/アカシアイエロー/レッド/ドレスネイビー
特徴 『ベルグテックEXストームセイバーⅥ』は、ミズノ独自の3層構造により、撥水性・防水性・透湿性のすべてを高めたレインウェアです。
手頃な価格でありながら、機能的には申し分なく、本格的なライドでの使用にも充分に着用できます。また、洗濯を繰り返しても撥水効果が失われず、長期にわたり使用できるのも嬉しいポイントです。
商品リンク ミズノ公式オンラインショップ
ワークマン 透湿レインスーツSTRETCH
画像出典元:WORKMAN公式HPより
商品名 透湿レインスーツSTRETCH
メーカー ワークマン
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 4,900円
カラーバリエーション ダークチャコール/バーガンディレッド/ライムイエロー/ハンティンググリーン
特徴 ワークマンの『透湿レインスーツSTRETCH』は、累計販売95万着を誇る人気商品。防水生地には伸縮性の高い素材が用いられており、身体の動きを邪魔しません。
また、パンツの裾はボタンで留めてしぼれるため、自転車チェーンへの巻き込みを防げます。低価格でありながら、その性能は他ブランドに引けをとりません。
商品リンク ワークマン オンラインストア
モンベル サイクル レインジャケット
画像出典元:mont-bell公式HPより
商品名 サイクル レインジャケット
メーカー モンベル
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 25,300円
カラーバリエーション オレンジレッド/プライムグリーン
特徴 モンベルの『サイクルレインジャケット』には、防水・防湿素材の「ゴアテックス」が用いられています。この素材は極めて微細な穴が雨の侵入を防ぐと同時に、水蒸気を外に放出し、効率よく熱を逃がすというもの。アクティブに動いても汗で蒸れない、最上級のレインウェアといえるでしょう。
商品リンク モンベル オンラインショップ

おすすめレインウェア:レディース編

ここからはレディース向けの商品を見てみましょう。

ポンチョタイプ

ここでは主に機能性やデザインの観点から、イチオシのレディース向けレインウェアをピックアップしました。

SaphiRose 自転車レインポンチョ
画像出典元:SaphiRose公式HPより
商品名 自転車レインポンチョ
メーカー SaphiRose
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 2,680円(Amazon)
カラーバリエーション イエロ―/ブラック/カーキ/ディープブルー/ライトグリーン/ワイン
特徴 SaphiRoseの『自転車レインポンチョ』は、超軽量で小さく折りたためるのが魅力。付属の収納袋に入れておけば、バッグの中でも場所を取りません。カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの色を探してみましょう。
商品リンク Amazon
SUKIYO 魔法レインコート
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 魔法レインコート
メーカー SUKIYO
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 1,980円
カラーバリエーション イエロ―/ブラック/ブルー/ホワイト
特徴 自転車以外に徒歩での移動も多い方は、SUKIYOの『魔法レインコート』が便利です。背中や両脇のボタンを開けることで、歩行モードから自転車用モード、さらにバックパックを背負える登山モードへと変形します。これ一着で様々なシーンに対応できるため、普段あまり自転車に乗らない方でも、ひとまず持っておいて損はありません。
商品リンク Amazon
KiU ウォータープルーフ バイシクルポンチョ
画像出典元:KiU公式HPより
商品名 ウォータープルーフ バイシクルポンチョ
メーカー KiU
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 7,480円
カラーバリエーション ブラック/ベージュ/カーキ/ターコイズブルー/マスタードイエロー
特徴 KiUの『ウォータープルーフ バイシクルポンチョ』は、アウトドアをお洒落に楽しみたい方におすすめ。チェック柄のデザインは落ち着いた雰囲気で、私服とも合わせやすいでしょう。もちろん安全性も確保されており、めくれ上がり防止のベルトやクリップが付属しています。
商品リンク KiU公式オンラインショップ
ZOZOTOWN

セパレートタイプ

続いて、セパレートタイプのレインウェアを紹介します。アクティブな女性はこちらも要チェックです。

カナディアンイースト レディース レインウエア
画像出典元:Canadhian East公式HPより
商品名 レディース レインウエア
メーカー カナディアンイースト
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 10,890円
カラーバリエーション ライム×チャコール/パープル×チャコール/ルビー×チャコール/インディゴ×ネイビー/ゴールデンイエロー×ネイビー/ディープパープル×ネイビー/オレンジ×ネイビー
特徴 カナディアンイーストの『レディース レインウェア』は、機能性を重視する方も納得の品質。耐水圧 20,000mm/H2O(B法) 透湿性8,000g/m2・24hrs(B1法)というスペックは、大雨の中のアクティビティでも蒸れないことを示しています。また、上下でツートンカラーとなっている点も見逃せません。機能だけでなく、デザインにも妥協しない姿勢が見て取れます。
商品リンク ゼット公式オンラインショップ
SOMETHING EDWIN カジメイク レインウェア
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 カジメイク レインウェア
メーカー SOMETHING EDWIN
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 3,280円
カラーバリエーション ギンガム/デニムドット
特徴 EDWINが手がける『カジメイク レインウェア』は、一見すると雨具とは思えないデザインです。一般的なレインウェアはシルエットが気になるという方でも、これなら普段着の延長で着用できるはず。街乗りからアウトドアまで、幅広く対応できる便利なウェアです。
商品リンク Amazon
CAFÉ DU CYCLISTE ウィメンズ シュゼット
画像出典元:CAFÉ DU CYCLISTE公式HPより
商品名 ウィメンズ シュゼット
メーカー CAFÉ DU CYCLISTE
商品URL こちらから
参考価格 (税込) 31,020円
カラーバリエーション レモンクローム
特徴 本格派の女性サイクリストなら、CAFÉ DU CYCLISTEのレインジャケットも検討してみてください。防水性や通気性だけでなく、防風性にも優れており、厳しい環境下でのライドに最適です。ファスナーから袖口に至るまで、洗練されたデザインがサイクリスト仲間の目を引くこと間違いありません。
商品リンク CAFÉ DU CYCLISTE公式オンラインショップ

ぴったりのレインウェアで雨の日も快適なサイクリングを

自転車用のレインウェア12選、いかがでしたか?

気分がふさぐ雨の日も、アイテムの選び方ひとつで素敵な一日に変わります。

まだレインウェアを持っていない方は、この機会に購入して、雨天時のサイクリングに備えましょう。

ちなみに、雨天走行後の自転車メンテナンスについては、過去の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひご覧ください。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー