旅×自転車 記事

【島の数日本一の長崎】その①「長崎空港には何がある?行ってみよう長崎!」

サイクリングしよう!長崎県!

長崎県に行ったことってありますか?

九州で言えば福岡県に行ったことがある人は多いと思いますが、

なかなか行く機会のない県の一つが「長崎県」ではないでしょうか。

そこで、長崎県の魅力が少しでも伝わるようにシリーズで紹介していきます!

その①は長崎県への玄関口である「長崎空港」の紹介です!

長崎空港の位置

長崎空港は概ね長崎県の中心に位置しており周辺の観光地へはリムジンバス等を使って行くことができ、どこにでも行きやすいです。

長崎空港の国内線

以下の空港に長崎空港便があります。

・東京羽田(羽田発:19便、長崎発:19便)ANA、JAL、SKY等

・大阪伊丹(伊丹発:7便、長崎発:7便)ANA、JAL

・大阪関西(関空発:1便、長崎発:1便)APJ

・神戸(神戸発:3便、長崎発:3便)SKY

・名古屋中部(中部発:3便、長崎発:3便)ANA

・沖縄那覇(那覇発:1便、長崎発:1便)ANA

・五島福江(五島福江発:3便、長崎発:3便)ANA、ORC

・壱岐(壱岐発:3便、長崎発:3便)ANA、ORC

・対馬(津島発:6便、長崎発:6便)ANA、ORC

【フライト情報】

http://nagasaki-airport.jp/flight/timetable/

長崎空港からの交通手段

■バス

・長崎駅前行き(出島道路経由)約43分・片道900円

・長崎駅前行き(昭和町・住吉経由)約61分・片道900円

・長崎駅前行き(道の尾・住吉経由)約67分・片道900円

・諫早市内 約47分・片道630円・片道1,750円

・島原市内 約112分

・ハウステンボス 佐世保・佐々方面 約89分・片道1,250円

■船

・ハウステンボス 50分・1,960円

・時津 25分・片道1,400円

■その他

その他にもいろいろありますので、以下を参照ください。

【アクセスガイド】

http://nagasaki-airport.jp/access/guide.php

空港の取材

生憎の雨の中、ランディング…

長崎空港到着!

ちょうど長崎ランタンフェスティバルが開催中でした。

【2018長崎ランタンフェスティバル※終了

 

来年(2019年)も例年通りなら2月中旬~3月上旬で開催されるので、その時期に来るのがおすすめです。

異国の雰囲気があり良い感じです。

長崎空港は長崎県の中心部に位置しているので、ハウステンボスがある「佐世保市」や雲仙岳や島原城がある「島原市」等にリムジンバスが出ています。

2階に行くと多くの人だかりが。。。

どうやら「変面ショー」というものが始まるようです。

初めて聞くショーですね。何をするのかさっぱりですね。

開園まで30分以上あるのにこの人だかり。。。気になる。。。

とりあえず、変面ショーは後回し。

空港の駐車場は満員御礼です。

3階の展望デッキ前では歴代の飛行機のミニチュアが展示されています。

生憎の雨ですが、展望デッキに出てみました。

タイミングが悪く離発着は見れませんでした。。。

「きっずらんど」があります。

「幸せの鐘」というものがあり、

「鐘を鳴らすあなたと、あなたが思う大切な人に、幸せが来ますように願いを込めて鳴らしてください。」

一人で来た人にも親切な設定ですね。とりあえず鳴らしました。

その他にも子供が遊べる遊具があります。

「明治日本の産業革命遺産」に引き続き、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録を目指しているようです。

やってますよ!変面ショー!

かなり盛り上がってます。

確かに変面。曲芸をやってるのか?人が多すぎてちゃんと見れない。。。

しかたがないので、ランチにします。

とりあえずお昼は「レストランAirport」で。

http://nagasaki-airport.jp/shop/detail.php?id=3

長崎と言えば「ちゃんぽん」or「トルコライス」!

ということで、トルコライスを選択。ボリューミーで満足です。

空港でちゃんぽんを食べるなら「牡丹」がおすすめ。

【牡丹】http://nagasaki-airport.jp/shop/detail.php?id=2

個人的にはこの写真が長崎っぽくて好きです。

ハウステンボスの案内デスク。

ちょうど取材をしていたので少し見学。

リムジンバスの販売機。さ~て、長崎市内に行ってみますか!

ということで今回はここまで。

空港を紹介しただけで長崎の良さはまだ伝わっていないかもしれませんが、

その②では長崎市内を紹介しようと思いますのでこうご期待を!

<執筆:コぶた>

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー