旅×自転車 記事

JR総距離より長い総距離22,327km のサイクリングコース掲載!「TABIRIN」は2020年も様々な情報をお伝えします。

2020年を迎え、TABIRIN掲載サイクリングコースは598コース、総距離22,327kmとなりました。
JR6社の旅客営業総距離が19,950.9km。気づけばJRの総距離より長くなっていました。そこでTABIRIN掲載コースを、JRと比べて少しご紹介しましょう。

TABIRIN掲載最長サイクリングコース

TABIRINに掲載している中で、最長のサイクリングコースは、沖縄県の「本島一周コース」、沖縄本島をぐるっと回るコースは、352.8kmです。


JR在来線で最も長い路線は「山陰本線」。日本海へ沿うように鳥取駅、米子駅、松江駅、出雲市駅などを経由し、京都駅と幡生駅(山口県下関市)を結ぶ673.8km。
新幹線を含めると東京~新青森間、674.9kmの長さを持つ東北新幹線です。

TABIRIN掲載最短サイクリングコース

逆に一番短いコースは、奈良県の「補助幹線ルート」0.479km。


サイクリングコースでは、愛媛県の「関川サイクリングコース」0.6km。

どちらも1kmもないコースです。

JRで一番短い路線は宮崎県の田吉~宮崎空港を結ぶ「宮崎空港線」、営業キロはわずか1.4km。
ちなみに私鉄では、兵庫県の神戸市兵庫区、新開地~湊川間を結ぶ「神戸高速鉄道 南北線」0.4kmという路線もあります。

旅を楽しむサイクリストに役立つサイトを目指して

TABIRINは、2万キロを超えるサイクリングコースをご紹介していますが、まだまだ沢山のサイクリングコースが日本にはあります。
自転車旅を楽しむサイクリストのお役にたてるよう、2020年も様々な情報を発信して参ります。

2020年元旦
TABIRINスタッフ一同

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー