旅×自転車 記事

【京都府】日本三景・天橋立と阿蘇海をめぐるサイクリング

日本三景のひとつとしてとても有名な「天橋立」は、関西圏からは比較的アクセスも便利。初心者でも楽しめる天橋立サイクリングをご紹介します。

日本の百選が多い天橋立

京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋立』は、陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景とされている特別名勝のひとつです。 幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂嘴(さし)でできた砂浜で、大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形で、その形が、天に架かる橋のように見えることから『天橋立』の名が付けられたそうです。
天橋立は、「日本の名松百選」「日本の名水百選」「日本の道百選」「日本の白砂青松百選」「日本の渚百選」「美しい日本の歴史的風土百選」「日本の歴史公園百選」「日本の地質百選」と、多くの日本百選に選ばれています。

阿蘇海と与謝海(宮津湾)

天橋立の西側(上の写真左側)の阿蘇海(あそかい、あそのうみ)は、天橋立によって日本海の宮津湾から仕切られてできた内海(海跡湖)。周囲は約16.4kmの汽水湖。

与謝海(よさのうみ)は、天橋立東側の宮津湾の名称です。2016年に京都宮津湾・伊根湾として世界で最も美しい湾クラブへの加盟が認められたそうです。

天橋立&阿蘇海一周サイクリング

阿蘇海沿いサイクリング

スタート地点は天橋立北側から。反時計回りに阿蘇海沿い(湖畔)を走ります。

国道178号線を3キロほど走って湖畔の方向に左折。歩道・自転車道・車道と別れた広い道を少し走ります。

国道178号線に戻り南側から湖畔沿いの遊歩道(のような道)を走ります。少し轍が気なりますが景色はご覧のとおり!

1.5kmほど走ればそのまま県道へ合流。そこから1kmほどの天橋立駅へ。

天橋立駅

京都丹後鉄道宮津線「天橋立駅」。2000年に、第1回近畿の駅百選にも選ばれているそうです。

駅前には天橋立温泉 「智恵の湯」があります。

美しい回旋橋の小天橋

駅をすぎてすぐ左折すれば美しい景色が現れます。目の前の「小天橋」を渡れば天橋立。土産もの屋さんが立ち並ぶ通りを抜けて向かいます。

橋を渡ろうとすると係りの人に止められました。全然知らなかったのですがこの橋は大型の船が通る時に回転する回旋橋だったのです!

橋が真横になったころ右手から船が見えてきました。
船が通り過ぎると、すぐ元の橋に戻りました。

ちなみに京都府の久美浜にも小天橋という景勝地があります。ここ天橋立と似ていることから名付けられたそうです。

松並木が美しい天橋立

小天橋を渡ればすぐに松が立ち並んでいます。
天橋立は宮津湾に面する海岸が海水浴場になっています。日本三景で海水浴場があるのはここだけだそうです。
数々のめずらしい松が立ち並び、日が沈みゆく左側は阿蘇海、右側は砂浜が美しい与謝海(宮津湾)を見ながら、約3.6kmの未舗装道をのんびりサイクリング。
北側へ出てゴールです。

レンタサイクル

「道の駅 海の京都 宮津」で自転車が借りられます。詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/16772

他にも天橋立の両側には沢山のレンタサイクル屋さんがあります。下記をご参照ください。
http://www.amanohashidate.jp/at_miyazu/

アクセス・周辺情報

下記の「伊根の舟屋サイクリング」記事をご覧ください。

まとめ

日本を代表する景勝地を含む約13kmの一周サイクリングは、ほぼ平坦で初心者の方にも十分楽しめるコースです。特に天橋立は早く走るなんて勿体ないくらい気持ちのいい道です。
先のご紹介した、「余呉湖(ヨゴイチ)」「三方五湖一周(ゴコイチ)」「伊根湾(舟屋めぐり)」と合わせれば、なんと!1泊2日で、7つの湖一周と1つの湾を巡ることができるのです。
ロングライドや坂が苦手、でも色々な景色を楽しみたい。という方にはとてもおすすめです!

執筆:YASU

関連記事・情報



  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー