旅×自転車 記事

ロードバイクのハンドルの種類と選び方〜形状別ハンドルおすすめ8選も

ロードバイクではハンドルの位置や素材、形状次第でスピードや乗り心地が大きく変化します。

では、どのように自分にあったハンドルを選べばいいのでしょうか。

今回は、ハンドルをカスタマイズしてパフォーマンスを向上させたいと考えている方へ、ハンドル形状による性能の違いや、素材によって変わる特徴などを紹介します。

重要なパーツだからこそ、自分に合ったハンドルを見つけましょう!

ロードバイクのハンドルを形状別に紹介

ロードバイクにはドロップハンドルの中にも3種類、それ以外にもブルホーンなどのハンドルがあります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

シャロー(ドロップハンドル)

画像出典元:Amazon商品ページより

シャローは、下ハンドルにかけて深い曲線を描く形状になっているのが特徴で、別名『丸ハン』とも呼ばれています。

下ハンドル部分を握った時に、深い前傾姿勢で走行することが可能になるため、この姿勢によって、走行中の空気抵抗を抑えることができます。

スピード感を重視する人におすすめです。

アナトミック(ドロップハンドル)

画像出典元:Amazon商品ページより

アナトミックは、シャローとは反対にハンドルの形状が角ばっているのが特徴のドロップハンドルです。

下ハンドルの形状が真っ直ぐになっているため、力を入れて握りやすく、速いスピードでも安定して走行しやすくなります。

またシフトレバーとハンドルを繋ぐブラケットを、ハンドル部分と平行に取り付けられます。

これによってブラケットの位置がハンドルから一直線になり、握る幅が増え、体重がハンドル全体に分散されるので、楽な姿勢で走行できるようになります。

アナトミックシャロー(ドロップハンドル)

画像出典元:Amazon商品ページより

アナトミックシャローは、名前の通りアナトミックとシャローを合わせた形状をしているハンドルです。

下ハンドル部分は浅い曲線になっており、ブレーキレバーが近くなるため、手が小さい方や、ドロップハンドルに慣れていない初心者の方でも扱いやすい形状になっています。

ロングツーリングなどの長距離サイクリングを楽しみたい人におすすめです。

ブルホーン

画像出典元:Amazon商品ページより

ブルホーンは牛の角のような形をしているハンドルです。通常のドロップハンドルより、ポジションを高い姿勢に持ってくることが可能になります。

またドロップハンドルとは違い、ハンドル部分に肘を置くことができるため、腕・手首への負担を減らすことができます。

素材別ロードバイクのハンドル

ハンドルの素材には大きく分けて3つの種類があります。素材によって、重さや価格が大きく変わってくるので、要チェックです。

スチール

強度が高く、丈夫で長持ちするのが、スチール製のハンドルです。またスチール製のハンドルは値段も安く、購入しやすいのも魅力です。

ただし丈夫な分、3つの素材の中でも重いというデメリットがあります。

カーボン

軽く、走行性能が高いのがカーボン素材のハンドルです。耐久性や衝撃吸収性にも優れていて、山道や砂利道でも安定して走りやすいのが特徴です。

しかし、その機能性の高さゆえに、値段も高めというデメリットがあります。

アルミニウム

上記の素材2種類の軽さや丈夫さが合わさったような特徴を持っているのがアルミです。

多くのロードバイクのハンドルに使われている素材でもあります。

※上記は以下のサイトを参考にして記述しています。
VIKING the MAINTENANCE | ロードバイクのドロップハンドル 種類と正しい選び方を解説
SHIMANO | より良いライディングのためのハンドルポジションセッティング
BICI AMORE | エアロハンドルの選び方とおすすめモデル8選。高速域で圧倒的に差が出るエアロハンドル。
BICYCLE POST | ロードバイクのハンドルはカーボンが良い?

【形状別】ロードバイクにおすすめのハンドル8選

シャロー(ドロップハンドル)

CARBON DROP BAR
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 CARBON DROP BAR
メーカー・ブランド THOMSON(トムソン)
商品URL こちら
素材 カーボン
参考価格(税込) ¥33,000
特徴 振動性と吸収性に優れたシャロー形状のハンドルです。3つのカーボンが素材に使われており、強度と振動吸収性を兼ね備えた商品になっています。
商品リンク Amazon
SUPERLEGGERA LTD STEALTH
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 SUPERLEGGERA LTD STEALTH
メーカー・ブランド 3T(スリーティー)
商品URL こちら
素材 カーボン
参考価格(税込) ¥49,500
特徴 深曲げ形状のドロップを使用した超軽量ハンドルです。ハンドルの全体径が太く設計してあるので、握りやすく、スプリントにも耐えられる頑丈なつくりになっています。
商品リンク Amazon

アナトミック(ドロップハンドル)

M151AAF 128
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 M151AAF 128
メーカー・ブランド NITTO(日東)
商品URL こちら
素材 アルミ
参考価格(税込) ¥4,425
特徴 国産自転車部品メーカーの日東が手掛けるアナトミック形状のアルミハンドルです。錆を抑えるアルミ素材を使用し、明るいシルバーカラーを採用しています。ドロップ部分が小さめになっており、初心者でも扱いやすい設計になっています。
商品リンク Amazon
HB-03
画像出典元:BOMA公式HPより
商品名 HB-03
メーカー・ブランド BOMA
商品URL こちら
素材 カーボン
参考価格(税込) ¥27,500
特徴 カーボン商社を前身とする株式会社ASKTRADINGの自転車ブランドがBOMAです。そんなBOMAが開発したアナトミック型のハンドル『HP-03』は浅めのドロップになっており、初心者でも扱いやすい形状になっているのが特徴です。
商品リンク 楽天

アナトミックシャロー(ドロップハンドル)

LT コンパクトハンドルバー ※400mm
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 LT コンパクトハンドルバー
メーカー・ブランド SHIMANO(シマノ)
商品URL こちら
素材 アルミ
参考価格(税込) ¥4,192 ※400mm
特徴 初めてハンドル交換をする初心者におすすめの、シマノのスタンダードなハンドルです。フラット部分は長距離サイクリングなどでも手や肘を乗せやすい、平な形状になっています。
商品リンク Amazon
スーパーレジェラ RHM カーボンバー
画像出典元:Amazon商品ページより
商品名 スーパーレジェラ RHM カーボンバー
メーカー・ブランド DEDA(デダ)
商品URL こちら
素材 カーボン
参考価格(税込) ¥37,180
特徴 カーボンファイバーで作られたアナトミックシャロー形状のハンドルです。35mmと太いハンドルトップですが、コンパクトなカーボンプリプレグを採用しているため重さも軽くなっています。バーエンドが長く、より楽な姿勢を取りやすいのも特徴です。
商品リンク Amazon

ブルホーン

TNI TT(タイムトライアルバー)
画像出典元:ワールドサイクルより
商品名 T.T BAR
メーカー・ブランド TNI
商品URL こちら
素材 アルミ
参考価格(税込) ¥4,048
特徴 TNIは自転車関連の部品全般を取り扱うアメリカのメーカーです。こちらのT.T BARはより深い前傾姿勢が取れるような設計になっているので、ブルホーンの中でもよりスピード感を求めたい方におすすめです。ロードバイクはもちろん、ミニベロやピストバイクにも設置できます。
商品リンク ワールドサイクル
Amazon
MASH Bullhorn Bars
画像出典元:ParkSIDER Onlineより
商品名 MASH Bullhorn Bars
メーカー・ブランド Cinelli
商品URL こちら
素材 アルミ
参考価格(税込) ¥18,040
特徴 イタリアの有名自転車ブランド『Cinelli』とアメリカのピストバイククルー『MASH SF』がコラボして開発されたブルホーンです。ハンドル部分には『Cinelli』、側面には『MASH』のロゴがあしらわれ、とてもクールなデザインになっています。
商品リンク ParkSIDER Online

ハンドルをカスタマイズして自転車ライフを楽しもう!

今回はロードバイクのハンドルの素材、形状とおすすめの商品を紹介しました。

ハンドルは自転車の舵を取る大事なパーツです。

使用用途で使い分けることによって、安全かつ性能を発揮します。

日々の自転車ライフをより安全快適に送るためにも、是非今回の記事を参考に、自分にあったハンドルを見つけてみてください!

当メディア・TABIRIN(たびりん)では、これから自転車を始める方〜上級者の方までにおすすめなグッズや情報を発信しています。

愛車を、新しいハンドルに交換したら、長距離のサイクリングに出てみませんか?

以下の記事も合わせてご覧ください。

また、TABIRINの『都道府県検索』や『コースマップ検索』からは全国のサイクリングロードを検索することが可能です。

是非ハンドルを交換した愛車と共にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • サイクリングレポート(記事下部)
    サイクリングレポート(記事下部)
    編集部おすすめ
    ランキング