旅×自転車 記事

TABIRINは純温泉協会とタイアップ!

この度、TABIRINは純温泉協会とタイアップすることになりました。自転車を楽しんだ後に温泉で癒される。自転車を楽しんだ後に温泉宿でお泊り、なんていいですよね。

特に純温泉協会に所属する施設の温泉は“自然のままの温泉”だそうです。さらに昨今“自然のままの温泉”が徐々に無くなりつつあるようです。そんな貴重な純温泉で癒される自転車の旅へ、出かけてみませんか。

温泉宿で一泊することを目的にサイクリングしてみたり、日帰りの場合でも、鉄道駅に近い温泉もありますので、温泉を目指して、あるいは温泉を起点に周辺をサイクリングして、終わったら温泉に浸かり疲れを癒してから、輪行で帰るといった楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

あるいは、レンタサイクルでちょっとサイクリングしてみるのもいいですね。

純温泉協会について

純温泉協会は自然のままの温泉を守り、価値を高め、より多くの方々へ広く知らしめるために設立されました。

代表の山口さん曰く「温泉に行く目的は人それぞれ。雰囲気や眺望や施設の設えを重視される方が多いように感じますが、温泉とはお湯そのもの。湧き出した温泉そのものの魅力を感じて頂きたい」と。


↑代表の山口さん

純温泉認定書

“源泉かけ流し”という基準は実は明確な定義がなく曖昧らしいです。

そのような状況を鑑みて、新たに“純温泉”という言葉を作り、明確な基準(定義)を設けられ、その基準を満たす浴槽に対し、”純温泉認定書”を発行されています。


↑純温泉認定書

これからの温泉選びのひとつの基準にしてみては如何でしょうか。

純温泉協会のWEBサイト

純温泉に関する情報が盛りだくさんのサイトになっています!

協会の純温泉を一部抜粋してみました。素敵な温泉ですよね。


純温泉協会のサイトから一部抜粋 【純温泉】 長野県 戸倉上山田温泉「万葉超音波温泉」


純温泉協会のサイトから一部抜粋 【純温泉】 岡山県 湯原温泉「プチホテルゆばらリゾート」

上記以外にもこのように全国各地に純温泉は点在しています。ぜひ純温泉協会HPをご閲覧下さいませ。

 

 

まとめ

これからサイクリングの時に、最初に温泉、途中で温泉、最後に温泉という組み合わせも如何ですか?

特にサイクリング後に温泉に浸かって、その後にビールをグビッ。考えただけで、たまりませんよね。

さらにその温泉が純温泉なら、幸せ度数がアップするかもしれませんね。

サイクリング×温泉の関連記事

純温泉協会のHP

 

 

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー