旅×自転車 記事

ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉 サイクリングレポ Vol.18(所沢市、三芳町 ほか)

じてんしゃ王国 埼玉
自転車を通じて埼玉県の魅力を発信するプロジェクト!

「平成31年度ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」に参加された、サイクリストの方々が実際に埼玉県内の「自転車みどころスポットを巡るルート100」でサイクリングを楽しんだ経験をポタ日和のブログ記事として書かれたものをTABIRINでも紹介させていただいています。

————–

本日の執筆者 60代男性 / 自転車歴:7年
関連マップ No55 三富の歴史を感じるルート(所沢市、三芳町)
コース詳細 https://tabi-rin.com/archives/course/25348
コースの感想まとめ
  • ルート距離:34km / レベル:初級者 / おすすめの時期:通年
  • 日本の航空発祥の地!「所沢航空記念公園」で飛行機を満喫
  • 栗よりうまいさつまいも「いも街道」をゆく

武蔵野薫る三富新田とお菓子食べ歩き(工場直売所)【ルート17 走行時期:6月初旬 60代男性  自転車歴:7年】

【プロフィール】
2011年からクロスバイクに乗り始め、ロードバイク歴は5年。地方開催の走行イベントや競技にも参加して自転車ライフを楽しんでいます。
彩湖・荒川をホームに河川をつないだロングライドがメインです。

————–

三芳町の地域はお菓子の工場直売所が何店舗かあって、それ目当てに何度も自転車で巡っています。広大な畑と点在する雑木林、そして倉庫や工場が多く大型車両の交通量がとても多い印象があります。三芳PAのグルメや直売所以外を意識した事がなかったので、今回のポタリングでは何を発見できるでしょうか?

 

ルートマップでは国道463(浦和所沢バイパス)を走るように指示されています。

浦和所沢バイパスは日本一長いケヤキ並木の街道であり、二輪車レーン(今は廃止)がとれるほど路肩スペースには余裕があります。それでも、交通量が非常に多く、排気ガスや車の脅威を感じながら走るのには変わりがありません。なので所沢航空記念公園へ向かうのに、県道179(旧浦所バイパス)~東川桜通りを走って現地入りしました。

途中、空堀(からほり)跡がしっかり残る「滝の城址」に寄ったり、全長5Kmにも及ぶ桜並木を走り、所沢名物の「焼きだんご」を買い求めたりと、浦和所沢バイパスを走るよりも楽しいルートです。

 

施設名 いずみ屋
営業時間 7:30~17:00
住所 埼玉県所沢市東町6-8
TEL 042-939-7970

————–

施設名 滝の城跡
住所 埼玉県所沢市城537 ほか
URL https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/bunkakyoyo/bunkazai/kenshiteibunkazai/bunzai_20100126153048508.html


————–

購入した焼きだんごを携えて、三富歴史を感じるルートのスタート地点「所沢航空記念公園」へと移動してきました。公園周囲の道路には歩行者・自転車分離の歩道が整備されていて走り易くなっています。公園内も自転車の乗り入れが可能です。園内には人気のロウバイ園があり、その隣の茶室「彩翔亭(さいしょうてい)」では呈茶サービス(有料)が受けられます。

設置されているベンチに腰掛け、所沢焼きだんごを頂き休憩しました。ここは航空発祥の地で、公園内の「所沢航空発祥記念館」(有料)では、いろいろな飛行機の展示を見る事ができます。

所沢航空記念公園のシンボルC-46A。

施設名 所沢航空記念公園
住所 埼玉県所沢市並木1-13
TEL 04-2998-4388(8:30~17:00)
URL http://tokorozawa-kokuu.com/


————–

所沢航空記念公園を後にして、近くの西武新宿線「航空公園駅」へ行ってみましょう。
同駅東口駅前広場には戦後初の国産旅客機「YS-11」が展示されています。

航空公園駅東口駅前ロータリーと、そこから延びる並木通りには多様な「カラーマンホール」が設置されていますので、見て歩くのも面白いですよ。

施設名 航空公園駅
住所 埼玉県所沢市並木2

————–

三富地区へ向かう途中に寄った「中富民俗資料館」では、三富新田での暮らしぶりを展示品から知ることができます。昭和前半(戦後高度成長期含む)の生活道具や農機具などの資料・展示物が多いので、懐かしさを感じる世代のかたもおられるでしょう。開館日が月に4日しかなく、本日は開館日の第1土曜日でした。

施設名 中富民俗資料館
営業時間 9:00~16:30
入館料 無料
営業日 第1土曜日、第3日曜日、第2・第4金曜日のみ営業
住所 埼玉県所沢市中富1548-1
TEL 04-2942-4843(開館日のみ)
URL https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/shisetu/bunka/shiryokan/nakatomiminzokushiryokan.html
備考 天候等により、予告なく開館時間が変更または臨時休館となる場合があります

————–

三富の地割とは大雑把に記しますと「江戸時代の新田開発にあたり、道路に面した方から屋敷地、農地、平地林の短冊型に区画整理された地割」となります。今日までその形態を伝えている珍しい地域らしいのですが、この地に立ってみても全く実感出来ません。

ただただ広い畑と所々に茶畑。そして雑木林。短冊形の地割??わからんゾ。
グーグルマップの航空写真で見れば、その様子にうなずけもしますが・・・。

実感できない事はおいといて、三富総鎮守の「神明社(しんめいしゃ)」(通称いもの神社)と、牡丹が人気のお寺「多聞院(たもんいん)」を訪ねてみましょう。

施設名 富の神明社
住所 埼玉県所沢市中富1507
TEL 042-943-1709
URL http://www.shinmeisha.com/index.html

————–

多聞院は牡丹の花で知られています。境内は整然と多種多様な花木が植えられており、季節ごとにそれらの花々を楽しむ事ができます。クマガイソウも見られることを初めて知りました。毎年、五月一日には「寅まつり」がおこなわれるそうです。

施設名 多聞院
住所 埼玉県所沢市中富1501
URL https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/bunkakyoyo/bunkazai/shishiteibunkazai/kenzobutu/bunzai_2010060413043422.html

————–

いも街道の両サイドは、三富新田の地割でいうところの屋敷地が連なる場所です。
一区画が間口約72mの屋敷地に続き奥行き675mの短冊形の広大な耕地と雑木林を有します(地割当時)。いも街道を中心にうっそうとした屋敷林に囲まれた屋敷地は、武蔵野の面影を残していますね。今では沿道の農家さんが「さつまいも」を直販していたり、食事処なども提供しています。

旧島田家です。

施設名 旧島田家住宅
営業時間 9:00~16:00
入館料 無料
定休日 月曜日、国民の祝日、12/28〜1/5
住所 埼玉県入間郡三芳町上富1279-3
TEL 049-258-0220
URL https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/study/shakai/kyushimadake.html

————–

みよし花街道の「そば畑」と、そば畑越しに見る文化財の 有限会社船津倉庫の建物です。
船津倉庫は私有地につき立ち入りは出来ません。近くにあった三芳そばの里は無くなっていました。

関越自動車道の三芳PA(上り)には、一般道から人が出入りできるのをご存知な方も多いでしょう。サイクルラックのない駐輪場には困りものですが、ちょっとした休憩やレストラン&フードコートの飲食利用、お土産の購入などに重宝する場所です。

施設名 パサール三芳(三芳PA・上り)
営業時間 施設により異なる
住所 埼玉県入間郡三芳町大字上富2204
URL https://www.driveplaza.com/sapa/1800/1800011/1/

————–

さあ、ここからは工場直売所をまとめて案内しちゃいます。工場直売所は規格外のお買い得品狙いで、リュックを担いで回りましょう。要冷蔵品もあるので、簡易的な保冷バックがあると重宝しますよ。

【ねぼけ堂本社工場直売店】
かりんとうを始めとした焼き菓子の工場直売所です。

施設名 ねぼけ堂 本社工場直売店
営業時間 9:00~17:00
定休日 日・月曜日、祝日
住所 埼玉県ふじみ野市亀久保1857-1
TEL 049-262-0377
URL http://www.neboke-do.jp/index.html

————–

【十勝大福本舗の工場直売所】
大福など和菓子の工場直売所です。(要冷蔵品有り)

施設名 十勝大福本舗 工場直売所
営業時間 11:00~16:00
定休日 日曜日
住所 埼玉県入間郡三芳町大字北永井590-1

————–

【エーキドーパン三芳工場】
その名の通りパンの工場直売所です。食パンから菓子パンまでお安いですよ。

施設名 エーキドーパン三芳工場 直売所
営業時間 10:00~18:30(日曜は~18:00)
住所 埼玉県入間郡三芳町北永井265-1
TEL 049-258-2111

————–

【ヨネザワ製菓直売店】
かなり以前より工場直売をしています。正規品のみならず規格外品も数多くてお得感あります。ポタガールも訪れてブログにUPしていましたね。

■ポタガールブログ
県南西部の見どころを巡る自転車ツアー~地元地域の魅力発見!~
https://www.pref.saitama.lg.jp/potabiyori/potagirls/2018/kennnannseibujitenshatour.html

施設名 ヨネザワ製菓 直売店
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休
住所 埼玉県入間郡三芳町竹間沢349
TEL 0120-544-038
URL http://www.yonezawa-seika.co.jp/shop/

————–

番外編

この三富地区はまとまった土地が入手しやすく、物流拠点としてたくさんの倉庫や工場が立ち並んでいます。狭い道路に多くの大型車が行き交っていますので、その点は注意しながらポタリングを楽しんでください。日曜祝日なら多少は大型車が少なくなります。

今回は、歴史を訪ねたり直売所を巡ったりのポタとなりましたが、通り一遍ではなく、目的を絞って何度かに分けて訪れたい場所です。例えば、地域別に所沢市内と航空記念公園周辺で一括り。三富地区で一括り。とか、目的別にグルメ&カフェ巡り、歴史巡り、工場直売所巡りとか、分けて余裕を持って巡りたい地域です。

総走行距離:49km

ルートラボの走行記録:https://yahoo.jp/KoV31j

—————————-

提供:埼玉県 県民生活部 広聴広報課 魅力発信担当
制作:たびりん編集部

 

<<Vol.17(行田市、蓮田市 ほか) Vol.19(幸手市)へ>>
  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー