旅×自転車 記事

【山陰の自転車大国 島根】その③「出雲大社を目指して宍道湖沿いをひた走る!疲れたらサイクルトレインで楽々ライド!」

※この記事は2018年5月6日に公開されたものを2021年2月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN (たびりん)編集部です!

とうとう来ました!島根で初ライド!

新しい地域で初めて走るのってわくわくしませんか?

特に何回も行けないような地域なら尚更ですよね。

今回はそんな”わくわく”を胸に、島根を初ライドしていきます。

□前回までのレポートはこちらです。
【山陰の自転車大国 島根】その①「出雲大社に行くのに便利な出雲縁結び空港!」

【山陰の自転車大国 島根】その②「出雲大社に行くなら松江しんじ湖温泉からレンタサイクルで!」

今回は「松江しんじ湖温泉駅」から「出雲大社」まで約50km

今回は松江しんじ湖温泉駅にあるジャイアントストア松江でロードバイクを借りて、出雲大社を目指す、片道約50㎞のライドです。

宍道湖沿いを走り、出雲路自転車道を通って、出雲大社まで向かいます。

下の地図でもわかるように勾配はほとんどなく平坦なコースなので、50㎞と長いと思うかもしれませんが、初心者でも適度なコースだと思います。

Cycle Route 5680610 – via Bikemap.net Open Route in Bikemap App

自転車持ち込みOKの「一畑電車」と並走で安心

今回のコースが初心者にもおすすめな理由は、コースと並走するように、自転車持ち込みOKの「一畑電車(はたでん)」が走っているからです。

もう走れない!と思ったら一畑電車の駅を探し、自転車ごと乗ってしまえるので安心です。

一畑電車の北松江線から大社線に乗り換えれば、目的地の出雲大社前駅まで行くこともできますし、復路の心配もいりませんね。また、松江しんじ湖温泉駅、出雲大社前駅、雲州平田駅ではレンタサイクルも行っていますので、自転車と電車を自由に組み合わせた計画も立てられます。

自転車持ち込み料金は1台につき320円です。年末年始など持ち込みができない日もありますので、詳しい情報は公式サイトを確認してくださいね。

出雲大社に向けてサイクリングスタート!

宍道湖の北川沿いを走行

今回の島根ライドに際して、初めての地域ということもあり、Webでいろいろ調べました。
なので事前準備もばっちり!

最初は宍道湖の北側の国道431号を走行します。

宍道湖は全国で7番目に大きい湖で、わずかに塩分を含む汽水湖のため魚種が豊富。特にシジミ、白魚などの宍道湖七珍は松江を代表する味覚として有名だそうです。

ここは交通量もありちょっと走りにくいですが、宍道湖の大きさに圧倒されます。

4~5キロのライドで「松江イングリッシュガーデン駅」を通過

4~5キロ進むとPINARELLOをレンタルできる「タクワサイクル」が!

 

松江イングリッシュガーデン駅前近くにあるので、ここでレンタサイクルを借りてもいいですね。

一畑電車内への自転車持ち込みは、この店が交渉して実現したシステムのようです。

これはすごいですね!他の鉄道での実現の参考事例になりそうです。

松江イングリッシュガーデンに到着!

さらにちょっと行くと松江イングリッシュガーデンがあります。

イングリッシュガーデンは規模・内容ともに日本で初めての本格的な英国式庭園。

19世紀中頃から20世紀初めにかけての、代表的な英国の庭園様式で造られており、人工的なフォーマル(整形式)ガーデンと、自然の風景をそのまま活かすことを目的としたインフォーマル(非整形式)ガーデンの、異なった2つの区画からなっています。

バラや水連など、四季折々の花々が、宍道湖を背景とした豊かな自然の中に咲き誇ります。また、宍道湖を望む絶好のロケーションで食事を楽しめる、レストラン&カフェ ラウも人気です。

向かい風というハプニングに直面!

今回ロードバイクで走行しているのですが、何かおかしい…。

4~5キロ走っただけで結構疲れてますし、時間はもうすでに30分ぐらい経っています。

写真を撮りながらなので時間がかかるのは仕方がないのですが、明らかに時間がかかりすぎです!

走っているときは、最近さぼっていたせいだと思っていましたが、原因は明らかです。

今回のサイクリング、向かい風が強すぎます!

今までに経験したことがない向かい風です。

「えっ!?台風来てるんですか?」っていうくらい。
後で調べてみたら、台風ではなかったのですが、波浪警報が出てたみたいです…笑

「せっかくここまで来たから」「せっかくのチャンスだから」という想いからここは強行します!

とは言ってもやはり向かい風が強すぎる…

それでも負けじと走っていると、宍道湖沿いにさしかかったころ、風がましになってきました。

▼また宍道湖沿いに…

休憩所まではあと2㎞の看板が…!

やっと到着休憩所の道の駅「秋鹿(あいか)なぎさ公園」に到着。

時間があれば入るところですが、予定をかなりオーバーしているので、施設の中には入らずちょっとだけ休憩します。

宍道湖沿いを続けて走行…

まだまだ宍道湖沿いを走行します。

これ宍道湖ですよ!大袈裟に思えるかもしれませんが、風が強すぎて海と間違うくらい波打ってます!

分かりにくいかも知れませんが、奥の木がかなり揺らいでます。
10kmぐらいしか走っていないのに、既に1時間経過で、時速10㎞/hです。

ん?
待てよ。
時速10km/hって…ママチャリやないか!笑

それでも目的地まで走ります!
路面表示もあって助かります。

しばらく進むと松江フォーゲルパーク駅に!
雰囲気が良かったので撮影します。

線路がすぐ横にあるので、電車と自転車が一緒に撮れそう。と期待しましたが、時刻表を見ると次の電車が通るまで20分ぐらいありました。
今回は時間ないので断念します。

車を気にしなくていい「出雲路自転車道」で巻き返しを図る!

ここからは出雲路自転車道!
車を気にしなくていいので、巻き返しを図ります!

…と意気込んで進んだものの、さっきよりも風が強いのなんの!

それでも頑張って進みます!

道自体は景観も良く、とてもいい道です!

そして河川敷に出ました!

漕いでも漕いでも進まない…体力も限界が…

下の道路の方がましかも。と思って行ってみたものの、やっぱりこっちも進みません!

河川敷になってからの約4㎞走るのに約30分 (時速8㎞)

しかも写真撮影などはありません。

状況としては、今にも足がつりそうな感じがします。

ここで完全に心が折れたので、ルートを変えることに!

ということで右折して国道を走ることにしました。
それでも、ましになったとはいえ、相変わらず風は強い…。

これまでの経緯踏まえて、これは無理と判断。
今回はリタイアすることに…。

レッツサイクルトレイン!

しかしリタイヤとは言っても、自転車があります。
そんな時に助かるのが、サイクルトレインです!

今回は本当にサイクルトレインがあって良かったと思いました。
サイクルトレインの有難みが身にしみました!
早く全国でできるようになってほしいと切に願います。

近くの駅を調べて、「旅伏駅(たぶしえき)」へ向かうことに。

旅伏駅発見!
運よく風をしのげる小屋付きでした!
日頃の行いのおかげですね。笑

30分近く待たないといけませんが、これなら大丈夫です。回復も兼ねて気長に待つことに。

そうこうしているとアナウンスが鳴ってきました…

旅伏駅から初めてのサイクルトレインに乗車

とうとう来ました!待ちにまってました!

しまねっこも可愛く、女性は喜ぶラッピングですね。

とうとう初サイクルトレインに乗車!

乗車するときには整理券をとり、人の邪魔にならないところに座ります。

最初は乗客に見られて恥ずかしかったのですが、皆さん慣れているのか、じろじろ見られることはなく、それ以降は気兼ねなく満喫できました。

なお出雲大社に行く場合は、「川跡駅(かわとえき)」で乗換が必要ですが
スムーズに乗換できます。

こんなお洒落な車両もあります。

周りの人の迷惑にならないよう注意しつつ、今回なかなかできなかった写真撮影。

ハプニングを乗り越えて「出雲大社駅」に到着!

ようやく到着しました!
駅の表札と撮れる機会もめったにないので記念に撮影を行います。

「百聞は一見に如かず」というか、「現場百篇」というか、想定していた通りに行かずに変更に変更を重ねてやっと到着することができました!

雨にも負けず!風にも負けず!とはまさにこのことですね!
サイクルトレインを使ったから、負けたことになるのか?

このようにいろいろなハプニングがありながら目的地に向かうのもサイクリングの醍醐味ですね。今回のサイクリングで本当にサイクルトレインの有難み、必要性を身に染みて実感できました。皆さんもサイクルトレインの有難みがわかっていただけたかと思います。

鉄道事業者の方やが見ていましたらぜひとも実施していただきたいと思います!

島根県のサイクリング情報関連記事

今回のレポートでサイクルトレインの魅力を感じていただけたでしょうか。サイクルトレインを旅の計画に含めたい!と思ったら、全国のサイクルトレインはこちらからチェックしてくださいね。

サイクリングのスタート地点だった「松江しんじ湖温泉駅」は、広島の尾道につながる「やまなみ街道サイクリングロード」の起点でもあります。島根の魅力をもっと味わって、さらに足を伸ばしたい方はぜひご覧ください。

島根県のサイクリング情報はこちらから。

今回からビデオカメラや360度カメラを取り入れましたので、映像もそのうちアップしようと思います!

次回は、やっと辿りついた出雲大社を懲りずに自転車でぶらぶらします!
乞うご期待を!

<執筆:コぶた>

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー