旅×自転車 記事

熱狂すること間違いなし!多様な自転車競技の世界をご紹介

自転車競技と聞くと、競輪やトライアスロンを思い浮かべる方もいるかもしれません。

実は、自転車競技はただ順位を競うだけでなく、選手同士の駆け引きやテクニック、チームプレイによって観客を白熱させるエンターテイメントでもあります。

本記事では自転車競技の熱狂をより味わえるように、さまざまな自転車競技の概要を紹介します。

自転車競技の王様「ロードレース」

ロードレースの概要

ロードレースは、ゴールの着順やタイムを競うレースです。競技に使用されるのはロードバイクで、マラソンなどと同じように通行止めが行われた公道が会場になることが多いです(自転車専用道や、自動車レース用のコースが使用されることもあります)。

基本的にはチーム戦となっており、そのなかでもエースと呼ばれる主力選手が中心となって戦います。エース以外の選手はアシストと呼ばれ、エースの風よけになったり、エースの自転車が故障すれば代わりに自分の自転車を差し出したり、ときにはエースを勝たせるために自分を犠牲にする場面もあります。

このように選手の役割も作戦も、種目によって異なるため、エースとアシストの協力体制やチーム同士の戦略上の駆け引きもロードレースの見どころの1つです。

ワンデーレースとステージレース

ロードレースにはいくつかの種類があり、代表的に挙げられるのが「ワンデーレース」と「ステージレース」です。ワンデーレースは、名前のとおり1日で完結する競技です。200km~300kmの走行距離が一般的で、1回の勝負で優勝が決まるため、レース開始から選手たちの凄まじいデッドヒートに目が離せません。

それに対してステージレースは、数日間~数週間に渡って開催されるレースです。期間中に開催される各レースでの成績の合計で順位が決まります。

ステージレースの中でも、3週間にわたり開催される「グランツール」はサイクリストでなくても知られている、名誉ある世界大会です。グランツールについては、こちらの記事からご覧ください。

タイムトライアル

タイムトライアルは一定の距離の中でタイムを競うレースです。数分ごとの時間差で選手がスタートし、1秒でも早くゴールできることを目指します。

ステージレースのなかに組み込まれていることも多く、グランツールでは必ずタイムトライアルが登場します。

屋内を駆け抜ける「トラックレース」

トラックレースの概要

トラックレースは上記のロードレースとは違い、トラック(走路)を周回するレースです。

競輪場や自転車競技場などで開催され、トラックは選手が全速力で走れるように角度がついています。

海外では1周250mのトラックが一般的ですが、日本では競輪の影響で400~500mが多いです。

コーナーの最大角度は45度あり、一斉に走る選手同士が接触するかしないかのスリリングな接戦が見ものです。

使用されるのはトラックレーサーもしくはピストバイクと呼ばれる自転車で、ブレーキとギヤの変速がついておらず、可能な限り車体が軽量化されているのが特徴です。

なお、このトラックレースにも複数種目があります。以下では代表的なものを紹介します。

タイムトライアル系の種目

トラックレースは「タイムトライアル」と「レース」に大きく分けられます。

タイムトライアルの代表種目は以下のとおりです。

  • 個人1㎞タイムトライアル
    1kmのタイムを競う個人競技です。ただ最速を出すことが求められ、一瞬の差で勝負が決まります。
  • チームスプリント
    3人1組で競うタイムトライアルです。1周ごとに選手が離脱していき、3人目の選手がフィニッシュしたタイムが計測されます。走者それぞれの役目が異なり、連携しなければなりません。
  • チームパシュート
    4人1組のチーム戦です。それぞれ両側に分かれてスタートし、3番目の選手のゴールを計測します。チーム内の走行順序は入れ替え可能で、選手の疲労度を考慮する戦略も勝利のカギです。

レース系の種目

レース系の種目は、ゴールの着順やポイント数によって順位が決まります。

  • ケイリン
    日本の競輪がルーツになっている競技で、250mのトラックを8周します。残り2.5周まではペースメーカーを担当する先頭誘導員がおり、追い抜くと失格となります。先頭誘導員が離脱したあとは、選手のラストスパートで勝敗が決まります。
  • スプリント
    2人でトラックを3周し、先着した方が勝ちます。常に先行していても、疲労蓄積が原因でラストスパートで追い抜かれることも。しかし、後れをとりすぎても逆転することが難しくなります。選手同士の駆け引きとゴール寸前の展開に、最後まで目を離すことはできません。
  • ポイントレース
    既定の周回ごとにポイントが設定されており、多くのポイントを獲得した選手が勝利です。ポイントが得られる周になるとスピードが上がり、激しい位置取り争いが繰り広げられます。
  • マディソン
    2人1組で行われるポイントレースです。ペアの2人は交代しながら走り、休んでいる選手はトラックの外側をゆっくりと走ります。交代する時は体の一部に触れる必要があり、スピードを維持しながらバトンタッチをするには、選手同士の息を合わせなければいけません。

自然との戦い!?「マウンテンバイク」

マウンテンバイクの概要

岩場や砂地、林道などでタイムや順位を競う競技です。

巧みなバイクコントロールとペダルを踏みこむ脚力、そして度胸が要求されます。

マウンテンバイク競技ではクロスカントリー、ダウンヒルの2つに分けられます。

クロスカントリー

クロスカントリーは、オフロードのトラックを周回して順位を争う競技です。大会によって走行距離は異なりますが、1周4~10㎞を約2時間走行するルールを設けられることが多いです。

悪路のため、長時間同じペースを維持するのは体力と気力、戦略も要求されます。能力の限界まで求められる過酷なレースで、最後まで走り切るだけでも難易度が高いレースです。

ダウンヒル

ダウンヒルは文字通り山の上から、一気に急坂を駆け降りるタイムトライアルです。

コースには階段や大きな岩が転がる急カーブなども含まれていますが、選手はひたすらスピードを求め、0.1秒を争いながら下っていく大変危険なレースです。

ライバルだけでなく自然の厳しさに立ち向かう選手たちの熱き戦いに、観客の胸は躍らずにいられません。

エンターテイメントな自転車競技「BMX」

BMXの概要

BMXとはバイシクルモトクロスの略です。種目は、順位を競うレースとアクロバティックな技を競うフリースタイルがあります。

外観の特徴は小さなフレームとタイヤで、タイヤの径は20インチと定められています。

低速のシングルギヤと逆三角の形をしたストリートハンドルがついており、海外では自転車競技の入門として子どもが乗っていることも多いようです。

BMXレース

1周400m程度のコースを一斉にスタートするレースです。

コースには豪快なジャンプができる起伏が存分に配置されており、抜きつ抜かれつのレースとともに、スリリングなジャンプも堪能できるのが特徴です。

BMXフリースタイル

BMXフリースタイルは、レースではなくBMXバイクを巧みに操る技を競うため、自転車のフィギュアスケートとも呼ばれています。

平坦な場所で技を披露するフラットランド、バンクが備えられているスケートボードの会場を使ったパーク、大ジャンプから回転やひねりなどの大技を決めるヴァートなど、技のバリエーションも豊富にあります。

その他の自転車競技

シクロクロス

シクロクロスは、ロードレース選手のオフシーズンのトレーニングから生まれた種目です。

欧米ではロードレースが休みに入る秋冬シーズンに開催され、大人気のスポーツとなっています。

砂地や山道、バイクを担いで登らなければならない階段や急坂など、トリッキーな周回コースを1時間程度走ります。

落車やマシントラブルも多く発生するため、一瞬の油断が命取りになるスリリングさと展開の早さが魅力です。

シクロクロスで使用される、シクロクロスバイクについてはこちらをご覧ください。

グラベルロード

グラベルロードは、オフロードコースを多く含む長距離レースです。

100マイル(約160㎞)、200マイル(約320㎞)など、距離によってカテゴリー分けされています。

途中での補給も自力で行わなければならないため、選手達はリュックサックを背負ったり、バイクにバッグを取り付けたりと、物資を抱えながら競います。

バイクの種類は自由に選べますが、主に使われるのはマウンテンバイクやがっしりとしたフレームと太いタイヤを合わせたグラベルロードバイクです。

グラベルロードバイクについてはこちらをご覧ください。

ブルベ

ブルべは順位やタイムにこだわらず、制限時間内に完走したことを認定されるロングライドの自転車イベント。フランス語でブルベ(Brevets)は認定の意味を指します。

距離は200㎞から1400㎞までさまざまで、途中に設置されているチェックポイントを通過しながらゴールを目指します。

制限時間内にゴールすると認定証がもらえますが、順位が公表されることはありません。

ときには夜にも走り続けることもあり、非日常を楽しむことができるサイクリングイベントといえるでしょう。

ますますホットな自転車競技に注目!

海外における自転車競技の人気は根強いものの、日本ではマイナースポーツというイメージが拭えませんでした。

しかし最近では自転車人気の高まりもあり、国内でも様々な自転車競技が行われるようになっています。

レースを観ているだけでも楽しいですが、自らレースやイベントに参戦してみると、より自転車競技の面白さを味わえるかもしれません。

サイクリングイベントに関してはこちらをご覧ください。

この記事を見たあなたは要ダウンロード!TABIRINアプリ

2021年8月、ついに当メディアTABIRINのアプリがリリースされました!
そして10月にはバージョンアップ!

サイクリングマップが表示される「TABIRIN MAP」機能、自分だけのコースを反映することができる「オリジナルコース」機能、そしてバージョンアップでは走ったコースや立ち寄った施設などの旅の思い出をコレクションできるコレクション機能が搭載されました!

是非ダウンロードしてくださいね。

本記事の記述は以下の記事を参考にしています。
日本自転車競技連盟ホームページ
BicycleClubホームページ

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー