旅×自転車 記事

レンタサイクルで巡る鎌倉の旅|観光名所・食事処・宿のおすすめ12選

武家の古都・鎌倉をレンタサイクルで巡ってみませんか?

神奈川県の鎌倉市は、多くの神社仏閣が集まる場所。源頼朝ゆかりの「鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)」や、迫力ある「高徳院(こうとくいん)」の大仏など、一度は訪れておきたいスポットが満載です。

鎌倉は入り組んだ道が多くて混雑しがち。小回りの利く自転車をレンタルすると、市内の移動がラクになりますよ。

そこで本記事では、鎌倉のレンタサイクル情報とあわせて、自転車で訪れたい名所を解説します。

定番の観光スポットや食事処をまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

鎌倉の歴史とは?レンタサイクルの手ぶら旅がおすすめ

鎌倉の歴史は非常に古く、旧石器時代には既に集落があったといわれています。

都市としての成立は12世紀末。源平の戦いに勝利した源頼朝は、征夷大将軍となり鎌倉に幕府を開きました。その最盛期には、およそ3万人が鎌倉に暮らしたとされています。

都市の役割を終えた後、江戸時代の中期になると鎌倉の観光地化が始まります。明治期には横須賀線が開通し、関東有数のリゾート地として多くの人が集まるようになりました。

もともと都だったこともあり、鎌倉には細く入り組んだ路地が少なくありません。速度は出せないものの、レンタサイクルで周遊するにはぴったりの地域といえるでしょう。

続いて、鎌倉市でレンタサイクルを提供している場所を紹介します。

鎌倉周辺のレンタサイクル情報一覧

鎌倉の各所では、レンタサイクルのサービスが提供されています。

おススメは鎌倉駅前にあるレンタサイクル「くらりん」。1974年から続くお店で、全部で150台ほどの自転車を保有しています。

スーツケースなど大きな荷物も預けられるため、自転車旅の起点とするには最適の場所です。

その他、以下の通りレンタサイクル施設が点在しています。

名称 最寄駅・施設 車種 営業時間
レンタサイクル鎌倉駅前店(レンタサイクルくらりん) JR鎌倉駅 シティ・電動 8:30~17:00
レンタサイクル鎌倉湘南 JR鎌倉駅 シティ・電動・ミニベロ
※子ども乗せ可
9:00~19:00
山本商会 JR鎌倉駅 シティ・電動
※子ども乗せ可
9:00~18:00
SASUKE JR鎌倉駅 電動・ミニベロ 10:00~18:00
KAMAKURA BREEZE JR鎌倉駅 シティ・ミニベロ・ビーチクルーザ― 9:00~18:00
GROVE鎌倉 JR鎌倉駅 ロード・MTB 10:00~19:00
鎌倉ゲストハウス 京急バス梶原口停留所 シティ
亀時間 京急バス九品寺停留所 シティ

鎌倉は坂道が多いため、スムーズに移動したい方は電動アシスト付きの自転車の利用をおススメします。

レンタサイクルで訪れたい鎌倉の社寺3選

ここからは、レンタサイクルで巡りたい定番の観光スポットを紹介します。まずは神社仏閣から見ていきましょう。

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

「鶴岡八幡宮」の始まりは、1063(康平6)年にまでさかのぼります。河内源氏の2代目・源頼義が、京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)より分社する形で建立しました。

1180(治承4)年、頼義の末裔である源頼朝は鶴岡八幡宮を整備し、鎌倉幕府の拠点とします。こうして八幡宮は鎌倉武士たちの信仰を集め、流鏑馬(やぶさめ)をはじめとする多くの祭事をとり行うようになりました。

八幡宮の周辺では、源氏の邸があった「源氏山」や頼朝の墓がある「白旗神社」など、幕府ゆかりの史跡を多く目にできます。


高徳院(こうとくいん) 鎌倉大仏

「高徳院」にある鎌倉大仏は、高さ約11.31m(台座を含めると13.35m)を誇る仏像です。詳しい建立年は不明ですが、13世紀の半ばごろには完成したとされています。

奈良・東大寺の大仏と比べるとひと回り小さいものの、この鎌倉大仏には大仏殿がありません。屋外に置かれた大仏は迫力満点で、背後にある緑の野山(後光のようであることから「後光山」と呼ばれます)とあわせて見事な景観を楽しめます。


明月院(めいげついん)

「あじさい寺」として知られる「明月院」が建てられたのは1159(平治元)年のこと。平治の乱で没した山内首藤俊通(やまうちすどう としみち)を供養するために作られました。

境内には数千本の紫陽花が植えられており、6月の開花時期には多くの観光客でにぎわいます。春は桜、秋には紅葉も見られるなど、一年を通して花々が楽しめるスポットです。

仏像に興味がある方は、境内奥の「明月院やぐら」も必見。室町時代の武将・上杉憲方(うえすぎ のりかた)の墓と伝えられており、やぐらの内壁には釈迦如来像や多宝如来の姿を認めることができます。

レンタサイクルで訪れたい鎌倉のおしゃれな撮影スポット3選

ここからは、鎌倉でおしゃれな写真が撮れるスポットを紹介します。

由比ガ浜海岸(ゆいがはまかいがん)

鎌倉市の南部にある「由比ヶ浜海岸」は、湘南エリアでも人気の海水浴スポットです。

1884(明治)年に横須賀線が開通して以来、海水浴のメッカとして多くの観光客が訪れるようになりました。約900m続く浜辺の周辺には、おしゃれなカフェやショップが点在しています。美しい海岸線を眺めながら、リラックスした時間を過ごせるでしょう。

また周辺には宿泊施設が多くあります。一泊して江の島方面に足を延ばしてみるのもおすすめです。

小町通り

鎌倉駅の東口から鶴岡八幡宮にかけての「小町通り」には、飲食店や土産物屋などが数多く立ち並んでいます。

小町通りでぜひ訪れたいのがスイーツのお店。お団子やお饅頭といった和菓子はもちろん、ソフトクリームやワッフルなどの洋菓子も人気です。

鎌倉では条例により食べ歩きが禁止されているものの、多くの店先にはベンチが設置されており、座って食事ができます。

江ノ電

鎌倉の海沿いを走る「江ノ島電鉄」は、鎌倉駅から藤沢駅までを結ぶ全長約10kmのローカル線です。明治の開業以来、「江ノ電」の略称で地域の人々に愛されてきました。

湘南の海を背景に、江ノ電のレトロな車両が走っていく光景は写真映え必至。人気漫画や映画の舞台となったこともあり、外国人も多く訪れる観光スポットとなっています。

鎌倉駅から海岸線沿いを走ると、七里ヶ浜周辺から腰越周辺エリアまで江ノ電と並走することができます。

鎌倉高校前駅付近では坂道の上から踏切と海を臨むことができ、その景色は写真映えすること間違いありません。


レンタサイクルで訪れたい鎌倉グルメの名店3選

続いて、鎌倉でおすすめの食事処を3つピックアップしました。地元の食材を使った美味しいグルメを堪能してください。

つるや

江ノ島電鉄「和田塚駅」近くにある鰻の名店です。文化人に愛されたお店として知られており、小説家・川端康成や女優・田中絹代も足を運びました。

ふっくらした鰻に秘伝のタレを絡めたうな重は絶品。評判通りの美味しい味で、何度食べても飽きません。

なお、注文を受けてから鰻をさばくため、1時間ほど待つことになります。旅行で訪れるときは、あらかじめ予約を入れておくと待ち時間なしで食事ができるでしょう。

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-3-27
営業時間 11:30〜19:00(L.O.19:00)
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)

ビストロ オランジュ

こちらは鎌倉駅前にあるビストロ料理のお店。本場パリで修業したシェフが腕を振るい、伝統的なフランス料理を提供しています。

鎌倉野菜や湘南牛、葉山豚といった地元の食材を使用しており、フレンチを通して和の味わいを堪能できるのも大きな特徴。2階のテーブル席のほか、1階にはカウンター席も用意されており、シェフとの会話を楽しみながら食事ができます。

住所 神奈川県鎌倉市御成町2-13
営業時間 ランチ  11:00~15:30(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
※日曜日ディナーは17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 月曜日


しらすや

湘南の海では昔からシラス漁が盛んです。網元である「勘浜丸」が直営する「しらすや」では、近くの腰越漁港(こしごえぎょこう)で朝に水揚げされたばかりのしらすを味わえます。

メニューは日によって変わるものの、生しらすと釜揚げしらすをご飯に乗せた「二色丼」は定番の一品。そのほか、しらすのかき揚げが付いた「しらすづくし定食」もおすすめです。

住所 神奈川県鎌倉市腰越2-10-13
営業時間 11:00~22:00(L.O 21:30)
定休日 木曜日


レンタサイクルでの鎌倉観光にオススメの宿泊施設3選

江の島ホテル

「江の島ホテル」は、江の島の島内に唯一建てられたリゾートホテルです。和モダンテイストの客室は全部で17室。すべてが海に面しており、早朝はヨットハーバーや漁港に人が集まる様子を眺められます。

また、館内のレストラン「アイランドグリル」では、地元の食材を使った本格イタリアンを提供。落ち着いた雰囲気のなかで、ここでしか味わえない料理を楽しめます。

ちなみに、江の島ホテルは2021の4月にリニューアルオープンしたばかり。目の前のスパ施設「江の島アイランドスパ」と一体化し、天然温泉や露天プールでより贅沢な時間を過ごせるようになりました。


KKR鎌倉わかみや

「KKR鎌倉わかみや」は、江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」近くにあるリゾートホテル。海の見える和室20室と、デラックスツインを含む洋室8室を用意しています。

ホテル自慢の温泉「熱海の湯」は、その名の通り熱海の源泉を直送したもの。効能豊かな温泉で旅の疲れを癒せます。

そのほか、屋内温水プールやテニスコートも併設しており、仲間や家族と一緒にアクティビティを楽しめるのも魅力です。


かいひん荘鎌倉

「かいひん荘鎌倉」は、江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」近くにある旅館です。

華やかな外観の建物は、1924(大正13)年に別荘として建てられたもの。優れた洋風建築として、国の有形文化財に指定されています。

夜には懐石料理が提供され、木の温もりあふれる客室で、和の情緒を感じることが可能です。


鎌倉×レンタサイクルでゆったりとした旅の時間を

古都・鎌倉には歴史や文化を感じられるスポットが数多く集まっています。

あまり先を急ぎ過ぎず、レンタサイクルでゆっくり観光を楽しみましょう。地元の人々の温かいもてなしを受けながら、心安らぐ旅の時間を過ごせるはずです。

TABIRINでは、鎌倉の他にもさまざまな観光地を紹介しています。各地のレンタサイクル情報もまとめているので、手ぶら旅をする上での参考にしてみてください。

※本記事は以下のサイトを参考にしています。
鎌倉観光公式ガイド(鎌倉市観光協会)

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー