旅×自転車 記事

人気の「ハマイチ」。周辺のグルメや宿泊施設など、観光スポットをご紹介!

サイクリング経験者であれば、浜名湖の周りを走る「ハマイチ」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

浜名湖の周りには、絶景スポットや名産品をおいしくいただけるお店、浜名湖を一望しながらくつろげる旅館など、静岡観光を楽しめる場所が多く存在します。

今回はこれからハマイチにチャレンジする人に向けて、おすすめの観光スポットや宿泊施設をご紹介します。

ハマイチとは?

画像出典元:静岡県観光公式サイトハローナビしずおかより
走行距離 約67km
獲得標高 上り 264m 下り264m
所要時間 時速10kmで約7時間
難易度 中級者向け

ハマイチとは静岡県にある「浜名湖を一周すること」の略です。浜名湖は静岡県浜松市と湖西市にまたがる巨大な湖。その外周は約67kmにも及び、波が穏やかな浜名湖畔の波打ち際を走ります。

温暖な気候で1年中サイクリングが楽しめる浜名湖

浜名湖の魅力は温暖な気候と豊かな自然。

春はうららかで温暖な気候と共に、夏は海の香りが漂う中でサイクリングを楽しめます。1年を通して気候が穏やかなので、自転車乗りには絶好のスポットと言えるでしょう。

また浜名湖周辺は平坦な道が続き、舗装も行き届いており、とても走りやすいのが特徴です。

ただし距離が少々長いため、中級者または、ステップアップしたい初心者サイクリスト向けと言えます。一日で走り抜けることも可能ですが、観光やグルメを堪能しながらのんびりと走ることを想定すると、1泊2日の旅がおすすめです。

疲れたら遊覧船や天竜浜名湖線で輪行することもできますよ。

以下では、家族でハマイチを走ったサイクリストのレポートをご紹介しているので、参考にしてみてください。

ハマイチをサイクリングするときの適切な服装や装備は?

前述したように「ハマイチ」は、サイクリスト初心者から中級者へのステップアップとなるサイクリングロードと言っても過言ではありません。

そのため、服装や装備は万全に用意していくことをおすすめします。

【夏】日焼け対策万全のスタイルが絶対!

波打ち際を走るため、夏場は日陰が少なく日光を浴びる時間が長いので、紫外線対策は必須。

日焼けが気になる方は長袖のウェアやネックゲイザー、手袋などといった日焼け対策万全のスタイルがおすすめです。日焼け止めクリームもお忘れなく。

また波打ち際は風が強く吹くため、空気抵抗が少ないウェアを選んだほうがより走りやすいでしょう。

【冬】フル装備の防寒スタイルがおすすめ!

穏やかな気候とはいえ、冬場の波打ち際は風が冷たいので、防風性と防寒性を重視したスタイルが必要です。

ダウンやウィンドブレーカーなど、防寒性の高いサイクルウェアや防寒用の手袋などはマスト。

また、汗をかいたらこまめに拭き、風邪を引かないように対策しましょう。

冬場でも波が高い日には道に波が迫ってきます。無理な走行は控え、冬場も靴下の替えを持って行ったほうが賢明です。

以下では、おすすめのサイクルウェアについてご紹介しています。各季節ごとにまとめているので、こちらも併せてチェックしてください。

ハマイチに来たら訪れてみたい、絶景ポイント3選

浜名湖サービスエリア

静岡県の新たな観光名所である「浜名湖サービスエリア」では、静岡のグルメやお土産を購入することができます。

一般道から入場することができるので、ハマイチの途中でも立ち寄れます。

また高台にあるので、浜名湖を一望することが可能です。ご当地グルメを購入したら、ベンチに座って食べてみてはいかがでしょうか。

URL https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=31
料金 入場無料
住所 〒431-1401 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米47-1

志ぶき橋

画像出典元:浜松市公式サイト

志ぶき橋は、舘山寺温泉街と舘山を結ぶ小さな橋です。

舘山寺門前広場とともに温泉街のシンボルとなっています。

特に、朱塗りの志ぶき橋と浜名湖に沈んでいく夕日が重なる景色は、感動するほどの美しさです。

URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/w-shinko/yeel/2020/vol3/syonai.html
料金 無料
住所 〒431-1209 静岡県浜松市西区 浜名湖

弁天島

浜松のシンボル的存在「夕日爛漫・赤鳥居」があるのが弁天島です。

元々は無人島でしたが、1899年に海水浴場や旅館ができたのをきっかけに観光名所として生まれ変わりました。今もなお、地元住民や観光客に親しまれている歴史の長いスポットです。

また、弁天島の南側には赤鳥居があり、冬場は赤鳥居の間に夕日が沈んでいく神秘的な景色が見られます。

春から夏にかけての温暖な時季は「いかり瀬」という赤鳥居が立つ干潟で、潮干狩などのレジャー体験ができますよ。

URL http://www.bentenjima.jp/info/index.html
料金 弁天島:無料

弁天島海浜公園⇔いかり瀬:大人1200円(中学生〜)/子ども600円(4歳〜小学生まで)

住所 静岡県浜松市西区

ハマイチに来たら一度は食べておきたい絶品グルメ3選

うなぎ「さくめ」

女子高生がキャンプやアウトドアを楽しむ姿を描いた人気アニメ「ゆるキャン△」の聖地としても有名なお店です。

浜松の特産品であるうなぎをうな重を堪能することができます。

サイクリングロード沿いの浜名湖佐久米駅周辺にあるため、サイクリングの途中で寄って腹ごしらえするのにも便利。

「さくめ」のうなぎは臭みがなく、骨もきれいに処理された身はふっくらで脂がのっており、まさに絶品。

そのおいしさに魅了された常連客で賑わい、お店には開店前から行列ができるほど。

近くに立ち寄った際は、ぜひ一度食べてみてください。

URL(食べログ) https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22011080/
営業時間 昼:11:00〜14:00
夜:16:00〜19:00
※鰻が無くなり次第終了
※夜の部はお休みも多いので要電話確認■定休日
月曜または火曜
両方休む週もあり、不規則なので要問い合わせ。店内に2ヶ月分の予定が貼ってあります。
住所 〒431-1401 静岡県浜松市北区三ヶ日町佐久米724−1

舞阪港和彩旬鮮 浜菜坊

画像出典元:浜菜坊公式サイト

浜松の特産品は、うなぎだけではありません。

実は浜松市の舞阪漁港は、「しらす」の漁業量が全国有数の漁港としても知られています。

こちらの漁港でとれた新鮮なしらすをふんだんに使った、生しらす丼を楽しめるのが「浜菜坊」です。

新鮮なしらすは香り豊かで、プチプチッとした食感。この新鮮なしらすの味はハマイチを走るサイクリストたちの疲れを癒してくれるでしょう。

生しらす丼以外にも、釜揚げしらす丼やしらすのかき揚げなど、しらすを堪能できるメニューが沢山あるので、しらすが好きな方は浜菜坊に是非足を運んでみてください。

URL http://www.hamanabo.co.jp/
営業時間 ■月~日
昼:11:30~14:00
夜:17:00~20:30(最終入店20時)
(時間より早く受け付けを終了する場合があります。)
■定休日
火曜日・第2水曜日
住所 〒431-0214 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3101

石松餃子本店

石松餃子本店
画像出典元:石松餃子ホームページ

昭和28年創業の浜松餃子の老舗「石松餃子」。

キャベツや豚肉、皮やタレなど素材に徹底的にこだわった大人気B級グルメです。

「石松餃子」は皿の中央にもやしが添えられていることに加え、甘めのたれが特徴。

ジューシーな餃子と一緒に食べれば、相性抜群。サイクリングの疲れも吹き飛ぶ美味しさです。

URL https://1402.jp/shop/honten.html#joho
営業時間 ■平日
11:00~14:30(L.O.14:00)
17:00~20:30(L.O.20:00)
■土・日・祝
11:00~21:30(L.O.21:00)■定休日
年中無休
住所 〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口252-1

ハマイチのサイクリストにおすすめな宿泊施設3選

自転車の旅において、最も懸念されるのが大切な自転車の保管場所。

以下で紹介する宿は、「サイクリストウェルカムの宿」として浜名湖観光圏整備推進協議会に認められた宿です。(参考:浜名湖一周サイクリングWEB

  • サイクリストの利用を歓迎
  • 自転車の持込み・保管スペースの提供
  • メンテナンス工具等の常備・無料貸出
  • 荷受けサービスの提供

など、サイクリストにとって嬉しいサービスや設備がたくさん。

このため「自転車の置き場をどうしよう」などといった心配もなく利用できます。

ホテル 掬水亭

掬水亭
画像出典元:掬水亭ホームページ

お刺身など、浜松でとれた新鮮な海産物をつかった料理を味わえるホテルです。

昼は山と浜名湖、夜は空に輝く満天の星々と、時間帯によって趣きが変わる魅力的な温泉もあります。

日帰り入浴にも対応しているため、汗を流しにサイクリングの後に寄るのもOK。

入浴のみの利用や、昼食と夕食と温泉を楽しむことができる0泊2食プランなど日帰りプランも数多く用意されているので、自分の旅行スタイルにあった利用ができます。

URL http://www.kikusuitei.co.jp/
料金 1泊6,600円~(食事つき)
住所 〒431-1209静岡県浜松市西区舘山寺町398

浜名湖グランドホテル さざなみ館

浜名湖グランドホテル さざなみ館
画像出典元:かんざんじ温泉さざなみ館ホームページ

浜松市動物園の目の前に位置する、好立地なホテルです。

食事が部屋食と個室会場、レストランの中から選ぶことができ、お子様と一緒でも安心。

また、全客室が浜名湖を向いており、窓から浜名湖を一望できるのも魅力です。

URL https://hamanako.izumigo.co.jp/
料金 1泊6600円~(素泊まり)
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町260-1

割烹旅館 琴水(きんすい)

割烹旅館 琴水(きんすい)
画像出典元:割烹旅館琴水ホームページ

明治40年に創業した歴史のある割烹旅館 琴水。

月の名勝地として有名な旅館で、創業当初から数々の映画監督や文豪たちが、この琴水に泊まり、映画史や文学史に名を残す代表作や受賞作を生み出したと言われています。

落ち着いた雰囲気の客室で、板長が1品1品こだわりを持って料理した美味しい食事を楽しむことができます。

URL https://kinsui.jp/
料金 素泊まり7,500円~
住所 〒431-1402 静岡県浜松市北区北区三ヶ日町都筑595-1

四季折々の景色を堪能できる「ハマイチ」に挑戦しよう!!

今回は周辺のグルメや絶景スポットなど、ハマイチの魅力を紹介しました。

ハマイチは静岡県にあるサイクリングコースのなかでも人気があり、サイクリング初心者でも比較的走りやすいコースです。

穏やかな湖や波の音を楽しみながら走ると、身も心もリフレッシュできますよ。

このほかにもTABIRINでは、サイクリングに初めてチャレンジする方におすすめのサイクリングマップやコースをご紹介しています。

『コース・マップ検索』『都道府県検索』機能をぜひ利用してみてください。

また今回ご紹介したような、各地のレンタサイクル情報やサイクリストに優しい宿の情報をまとめた『旅×自転車情報』もおすすめです。

ハマイチのサイクリングにはもちろん、他の地域をサイクリングする際にはぜひ活用してみてくださいね。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー