旅×自転車 記事

淡路島でLet’sサイクリング!おすすめの観光スポットやグルメまとめ

瀬戸内海に浮かぶ、兵庫県の離島「淡路島」。

通称「アワイチ」という呼ばれる淡路島一周コースが有名な、サイクリング好きなら一度は訪れたい場所です。

サイクリングに適した温暖な気候で、美しい景観と豊かな自然環境。

花と緑の中で碧い海を見ながら、まるで南国に来たかのような感覚で、ゆったりと走ることができます。

そんな淡路島のグルメをはじめ、魅力的な観光スポットや温泉など、一気にまとめてご紹介します。

淡路島近郊のレンタサイクルはこちらです。

淡路島 グルメ | サイクリング中のパワーチャージに!

淡路島には瀬戸内海でとれる新鮮な海鮮、淡路の綺麗な空気で育った淡路牛など、美味しいものがたくさん。素材を活かした美味しい料理を堪能できるスポットを紹介します。

GARB COSTA ORENGE ガーブ コスタオレンジ

海岸沿いの国道31号線「淡路サンセットライン」で、海の景色を楽しみながら走るとたどり着くイタリアンの名店。ミシュランガイドにも掲載された経験を持つ、凄腕シェフが淡路島でとれる素材を活かしてつくる、本格イタリアン料理を味わえます。

ディナータイムには淡路島の海を見ながら、新鮮な海の幸や野菜を使った絶品料理が楽しめる「サンセットディナーコース」がおすすめ。ロケーションと味、どちらも最高です。またランチメニューは「パスタランチ」「ピッツァランチ」「メイン(パスタ+メイン料理1品)ランチ」の3つがあり、全て日替わり。その日に仕入れた新鮮な素材を活かしたメニューを楽しむことができます。イタリアンが好きな方、非日常体験を味わいたい方におすすめです。

URL こちらから
料金 ディナーコース 7,700円 ランチコース 1,700円~2,500円
住所 兵庫県淡路市郡家1033−1

道の駅あわじ
画像出典元:淡路島観光協会公式HPより

明石海峡大橋を一望できる絶景スポットとして有名な「道の駅あわじ」。「しらす丼」「淡路牛丼」をはじめとする淡路島の名物料理を堪能できるので、淡路島の名産品を楽しみたい方にもぴったり。また、名物以外にも淡路島で取れた新鮮なアナゴやタイを使った天ぷらやラーメンなどバラエティ豊かなメニューも。「淡路の食事で迷ったら、とりあえずココ!」というくらいメニューが豊富です。淡路バーガーなど子供に人気のメニューも多いので、小さなお子様連れの方にもおすすめです。

URL こちらから
料金 しらす丼 900円 淡路島牛バーガー 500円 など
住所 兵庫県淡路市岩屋1873-1

のじまスコーラ

少子化の影響を受け、2010年に閉校となった淡路市立野島小学校を、地域活性化のシンボルとして改装した、自然やアート、美味しい料理を堪能できる複合施設です。

3階建てで、各フロアには飲食店が立ち並びます。

  • 保存料や着色料を一切使わず、原材料も淡路産にこだわったベーカリー。
  • 淡路牛、淡路産の野菜や魚介を使った本格派イタリアン。
  • 淡路の海を一望できるテラスでいただく淡路牛の高級バーベキュー。

など、どれも淡路産の食材を楽しめるものばかり。

その他、のじまスコーラは淡路島でその日に採れた新鮮な野菜や、オリジナルジェラート、お土産、特産品なども販売しています。旅行の最後に寄るのもおすすめですよ。

URL こちらから
料金 各店舗のHPをご覧ください。
住所 兵庫県淡路市野島蟇浦(ひきのうら)843

淡路島 景色 | 淡路島が誇る絶景をサイクリングで楽しむ

淡路島には、有名な観光名所「うずしお」をはじめ、一生の思い出づくりにぴったりな絶景スポットが沢山あります。そんな淡路島が誇る絶景のなかから4つのスポットを紹介します。

気になるスポットがあったら、サイクリングコースにぜひ組み込んでみてください。

鳴門のうずしお(うずしおクルーズ)

「うずしおクルーズ」では、淡路島の代名詞「うずしお」が発生するスポットのすぐ近くを船で通過し、世界最大級の「うずしお」を目の前で見ることができます。

春と秋の大潮時には、直径20mにもなる大渦が出現。その迫力はすさまじく、今にも吸い込まれてしまいそうな感覚になります。

自然の力がつくりあげる神秘的な光景は、世界中でも淡路島でしか体感することはできません。淡路島に行った際は、ぜひ一度行ってみてください。

クルーズの所要時間は30分程です。乗船場の近くにある「道の駅 福良」の駐輪場に自転車を預けて、乗船しましょう。

URL こちらから
料金 大人(中学生以上)2,500円 小学生1,000円(大人と同伴必須)
幼児大人1人につき1人無料※大人の人数を超えた分は子供料金
住所 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館

慶野松原(けいのまつばら)

約5万本もの淡路黒松と白い砂浜が特徴の海岸「慶野松原(けいのまつばら)」。

これまで「日本の渚百選」「日本の水浴場88選」「日本の夕日百選」に選ばれたほか、テレビや映画のロケ地にも採用される絶景スポットです。

1928年には、鑑賞上の価値が高い土地として認められ、国の名勝に指定されています。

また、1997年に「瓦(かわら)ぬ愛を」をコンセプトに整備された「プロポーズ街道」もあります。

街道沿いに飾られた瓦には、様々なカップルによって書かれた愛のメッセージが沢山。

永遠に変わらない愛が欲しい、カップルや夫婦におすすめのスポットです。

URL こちらから
料金 無料
住所 兵庫県南あわじ市松帆古津路970番地67

水仙の丘

「水仙の丘」は約4,000㎡に約10万本のラッパスイセンが咲き誇る丘陵地です。

黄色い「ラッパスイセン」や白色の「タイハイスイセン」、「スズランスイセン」など、合計17種類のスイセンが植えられています。

丘陵地の斜面が半円状に広がっており、満開のスイセンが一帯を美しく彩っています。

毎年3月中旬から4月上旬ごろが見頃で、満開のラッパスイセンが丘を埋め尽くすその景観は淡路島百景にも選ばれています。

春に淡路島へ行った際には、この美しい花の名所へぜひ立ち寄ってみてください。

URL こちらから
料金 大人300円 中学生以下無料
住所 兵庫県淡路市多賀369-9

絵島

絵島は、淡路島の北端に浮かぶ砂岩でできた島です。元々は淡路島と陸続きでしたが、波の作用で島となりました。

周囲はわずか400mほどの小さな島で、島全体が凸凹していたり、島の側面は小さな穴が開いています。

景勝地として有名で、夜間にはライトアップされ神秘的な雰囲気を醸し出します。

パワースポットとしても有名なので、近くに立ち寄った際には、ぜひ訪れてみてください。

URL こちらから
料金 無料
住所 兵庫県淡路市岩屋884-4

淡路島 歴史 | サイクリングで淡路島の軌跡を振り返る

古事記や日本書紀では、日本で初めて誕生した陸地が淡路島だと紹介されており、古くから「淡路島で神が生まれ、日本が始まった」と言い伝えられています。

そんな淡路島の歴史が学べるスポットをご紹介します。サイクリングで日本の歴史に触れてみませんか?

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

2016年4月25日、日本遺産に認定された神宮です。

古事記では、国生みの神功を果たした「伊弉諾大神(いざなぎおおかみ)」は、淡路島多賀の地に幽宮(かくりのみや)を構え余生を過ごしたといわれ、現在の伊弉諾神宮の本殿にまつられています。

境内にある「夫婦大楠(めおとおおくす)」には、日本で初めての夫婦イザナギとイザナミの神霊が宿るといわれ、安産や夫婦円満などのパワースポットとしても有名です。

毎月22日は、拝殿や正門、大鳥居、夫婦大楠などを、10基のライトが照らし、さらに参道に300個のろうそくが灯され、幻想的な雰囲気に包まれます。

事前に予約が必要ですが、夜の特別参拝も行っていますよ。夫婦やカップルにおすすめのスポットです。

URL こちらから
料金 参拝料 無料 夜間特別 参拝1人3,800円
住所 兵庫県淡路市多賀740

洲本城跡

洲本城跡は、戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の拠点となった城です。

城郭は戦国時代の様式をよく表しており、保存状態も良く、1999年には「国の史跡」、2017年には「続日本100名城」に指定されています。

大手門を南に、天守を北の最も奥の最高所に設けて紀淡海峡を見下ろし、はるか彼方に大阪・堺の市街地を望むことができます。

歴史のロマンを感じたい方におすすめです。

URL こちらから
料金 無料
住所 洲本市小路谷1272-2

野島断層保存館(北淡震災記念公園)

1995年、6,434人の死者を出した、戦後初の大都市直下型地震「兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)」で現れた断層を、ありのままの姿で保存・展示しています。

断層によるさまざまな地形の変化が観察でき、将来起こりうる大地震に備える大切さが学べます。

地震の悲惨さを忘れず、後世に伝えていくためにも訪れてみていかがでしょうか。

URL こちらから
料金 大人730円 中学高校生310円 小学生260円 幼児無料
住所 兵庫県淡路市小倉177番地

淡路島 温泉 | サイクリングの疲れを癒す、温泉を堪能

淡路島には景色のいい露天風呂が沢山。瀬戸内海や明石海峡大橋などの美しい景観を眺めながら、温泉でゆったりと過ごすのは最高のリラクゼーションを与えてくれることでしょう。

そんな淡路島のおすすめな温泉を、3つ紹介します。

美湯 松帆の郷

淡路島の玄関口・岩屋に位置する日帰り温泉施設・美湯松帆の郷は、世界一のスケールを誇る大橋の眺望と、神経痛や筋肉痛などに効能がある「天然ラドン温泉」を楽しめる複合リゾート施設です。

露天風呂からは明石海峡大橋を一望でき、夜にはライトアップされたロマンティックな大橋を見ることができます。

サイクリスト専用の駐輪場(サイクルラック)も完備しているので、サイクリングの途中でも気兼ねなく立ち寄れますよ。

URL こちらから
料金 大人700円 小学生以下400円 4歳以下無料
住所 兵庫県淡路市岩屋3570-77

淡路島うずしお温泉 うめ丸

淡路島うずしお温泉 うめ丸の炭酸水素温泉は、お肌の表面を柔らかくし、古い角質や汚れを落として、お肌をツルツルスベスベにする作用があるといわれています。淡路島でも屈指の「美人の湯」と評判です。

露天風呂からの景色は鳴門海峡、大鳴門橋を一面に見渡すことができる絶景が広がります。

「誰にも気兼ねなく温泉に浸りたい!」という方は、事前予約が必要ですが、貸切の檜風呂と岩風呂がおすすめ。45分2,000円(税別)で利用可能です。

日帰り入浴のみの利用はできませんが、淡路島で取れた新鮮なタイのしゃぶしゃぶを堪能できる食事と、専用の個室がセットになった「日帰りプラン」であれば、日帰りでの入浴が可能です。

URL こちらから
料金 個室・食事込みの日帰りプラン利用者のみ利用可能(1人6,600円~)
住所 兵庫県南あわじ市阿那賀1137-9

パルシェ 香りの湯(淡路島いちのみや温泉)

パルシェ香りの湯は、源泉は深さ1,200メートルの花崗岩の地増から湧出している淡路島一宮温泉を楽しむことができます。

そのお湯はやわらかく身体に刺激が少ないほか、石鹸の泡立ちがよいのが特徴です。

淡路一宮温泉の泉質は、炭酸水素(重曹)・イオン・ラドンなどが弱アルカリ性(PH8)の単純温泉です。

露天風呂には、ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなど四季折々のハーブが浮かべられていて、香りを楽しめます。

URL こちらから
料金 大人 730円 12歳未満 410円 3歳未満 無料
住所 〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1

他にも淡路島の情報を発信中

淡路島の魅力をグルメ、景色、歴史、温泉の4つに分けてたっぷりと紹介いたしました。

山にも海にも恵まれた淡路島は、自然を感じながらサイクリングを楽しむことができます。

景色が良いことに加え、サイクリングの汗や疲れを流す温泉や、地元で取れた海の幸を使った料理も楽しめる、サイクリング旅の醍醐味を全て一気に味わえる淡路島。

そんな淡路島でアウトドアを楽しんでみるのもおすすめですよ。


またTABIRIN(たびりん)では淡路島のある兵庫県のサイクリング情報も公開中です。旅行の際には是非活用してくださいね。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー