旅×自転車 記事

夏の自転車ひとり旅をエンジョイ!おすすめの都道府県を5つ紹介

家族や友人に気兼ねなく、自分の行きたいところに行けるひとり旅は、ゆったりとした時間を過ごすことができますよね。

今回は人気のサイクリングロードがあるうえ、初心者でも苦労せずに走れる地域を中心に、夏の自転車ひとり旅におすすめな都道府県と、おすすめの観光スポットをご紹介します。

おすすめ都道府県①【静岡県】海岸沿いや浜名湖一周を楽しむ

東海道新幹線の停車駅が6つもある静岡県。

都内からもアクセスしやすく、気軽にひとり旅がしやすい場所です。

街中でも平坦な道が多く、のんびりと自転車旅をしたい方におすすめの地域でもあります。

なかでも、通称「ハマイチ」と呼ばれる、浜名湖を一周するサイクリングロードは隠れた有名スポット。

もし道中で疲れたら、遊覧船に乗って半周だけ走ることもできますよ。

おすすめスポット1:浜名湖かんざんじ温泉

ハマイチの本場、浜名湖は海水と淡水がぶつかり合う汽水湖です。全国的に知られるウナギの産地でもあり、鰻丼やうなぎパイが有名です。

浜名湖かんざんじ温泉は、元々景勝地として知られた舘山寺地区を盛り上げるべく、戦後に温泉の掘削を実施。その後、温泉地として発展をしてきました。

「ハマイチ」のサイクリングに疲れたら、浜名湖の名産を堪能し、温泉で身も心も癒しましょう。

名称 浜名湖かんざんじ温泉
URL こちらから
住所 静岡県浜松市西区舘山寺町1832-1

おすすめスポット2:伊東温泉

熱海駅から電車で約20分ほどの場所にある伊東温泉も有名スポット。

源泉の数は国内3位を誇り、湧き出る温泉の量は本州一を記録しています。

規模が大きいホテルでも温泉は源泉かけ流しとなっているなど、どこでも本格的な温泉を堪能できます。

特におすすめなのが、道の駅「伊東マリンタウン」です。

目の前に相模湾が広がり、日帰り温泉があるほか、海鮮丼が食べられるレストラン、お茶やビール、干物など伊豆の名産品が集まったお土産屋さんなどがあります。

名称 伊東マリンタウン
URL こちらから
料金 大人 (※中学生以上・タオル無し)平日:1,000円
土日・祝日(※中学生以上・タオル無し):1,400円
※詳しい料金につきましては上記のURLよりご覧ください。
住所 静岡県伊東市湯川571-19

おすすめ都道府県②【茨城県】四季折々の風景を楽しむ自転車旅

茨城県は東京都心から近い場所にありながら、田舎を思わせる雰囲気が残るエリアです。

電車、高速バス、車、飛行機など、さまざまな手段でアクセスできるのも魅力。

茨城県にはナショナルサイクリングロードに指定されている、全長180kmに及ぶ「つくば霞ヶ浦りんりんロード」をはじめ、サイクリングロードが数多くあります。

水戸偕楽園、霞ヶ浦など素晴らしい景色が見られる観光スポットが多いほか、アンコウなどの名産にも恵まれており、ひとり旅の穴場スポットと言うべき場所です。

おすすめスポット1:かやば観光農園

「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のルートとなっている、かすみがうら市は果樹園が点在していることでも有名です。

8月中旬頃から梨狩りができるので、サイクリングの途中に寄り道してみてはいかがでしょうか。

夏バテや熱中症対策にも良いとされる梨は、サイクリングで疲れた身体を癒してくれるでしょう。

梨や巨峰、栗などを扱っている総合農園「かやば観光農園」では、「幸水」「豊水」「新高」「南水」など栽培している梨の種類が豊富。味比べをして楽しむこともできます。

名称 かやば観光農園
URL こちらから
料金 梨農園の入園料は大人600円、小学生500円、3歳〜小学生未満400円(持ち帰りの場合は、500円/kg)
住所 茨城県かすみがうら市市川325

おすすめスポット2:大洗海岸

北部まで足を伸ばしたいという方には、茨城の海岸線を走る全長約95kmの「ひたち・大洗シーサイドルート」の1つ、大洗海岸がおすすめです。

最寄り駅の大洗駅に隣接する「うみまちテラス」ではレンタサイクルの貸し出しのほか、お土産品の販売などを行っており、「大洗町ブランド」として人気の梅シロップやちりめん山椒なども購入できます。

レンタサイクルを利用して、大洗海岸沿いを海風を感じながら気持ちよく走るもよし、大洗町を巡って地元の名産を堪能するのもよし。

大洗海岸を旅行する際には、足を運んでおきたい場所です。

名称 うみまちテラス
URL こちらから
住所 茨城県東茨城郡大洗町桜道301

おすすめ都道府県③【滋賀県】琵琶湖を一周するビワイチで爽快サイクリング旅

日本最大の湖、琵琶湖を擁する滋賀県。

その琵琶湖を一周する、通称「ビワイチ」のルートは、ナショナルサイクルルートにも指定されているサイクリングコースです。

レンタサイクルができるスポットも多く、平坦な道も多いことから、女性や子ども連れでもチャレンジすることができます。

また滋賀県は琵琶湖のほか、彦根城や安土城跡など歴史に触れるスポットや、比叡山延暦寺や近江神宮など一度は訪れておきたい神社仏閣なども点在しています。

自転車旅の途中にルートを変更して、以下のスポットへ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

おすすめスポット1:おごと温泉

「ビワイチ」の西南に位置するおごと温泉は、アルカリ性の単純温泉で、なめらかな美肌になると人気の温泉です。

京都から電車で20分、大阪からは1時間程度というアクセスの良さに加え、比叡山の近くにもあるという好立地にあり、多くの観光客が訪れています。

日帰り温泉スポットも数多くあり、ふらりと立ち寄って自転車旅の疲れを癒すこともできますよ。

なかでも、琵琶湖を一望できる露天風呂が自慢の老舗温泉宿「湯元館」は、近江牛や近江米など地元の食材をふんだんに使った会席料理を一緒に味わえるのでおすすめです。

名称 湯元館
URL こちらから
料金 日帰りプランは昼の会席料理付きで5,800円〜
住所 滋賀県大津市苗鹿2-30-7

おすすめスポット2:マキノ高原メタセコイア並木

「ビワイチ」のルートから程近い、琵琶湖の西に位置するマキノ高原。

その通り道であるメタセコイア並木道は、約2.4kmにわたって約500本のメタセコイア(日本名:アケボノスギ)が植えられ、四季折々の美しい表情を醸し出し、多くの観光客が訪れています。

紅葉が美しい秋も魅力ですが、新緑に染まった真っ直ぐ伸びる道路を走るのは爽快。身も心も洗われる気分になるでしょう。

並木道沿いにある「マキノピックランド」では、さくらんぼやブルーベリーなど旬の果物やマキノ産のお茶を原料にしたジェラートを味わえるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 マキノ高原のメタセコイア並木
URL こちらから
料金 無料
住所 滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野

おすすめ都道府県④【愛媛県】サイクリスト憧れの聖地で癒しの旅

愛媛県は世界中のサイクリストから注目されている、瀬戸内海の小島を繋ぐ「しまなみ海道サイクリングロード」があります。

島を周回するコースや短距離を走るコースなど、様々なルートが用意されているので、初心者でもトライしやすいのが特徴です。

また愛媛県は、夏目漱石が書いた「坊っちゃん」の舞台になったといわれるエリアで、歴史はもちろんのこと、道後温泉や伊予灘など観光スポットも多数存在する魅力溢れる地域となっています。

道の駅よしうみ いきいき館

「しまなみ海道サイクリングロード」の途中、大島の南に位置する「道の駅よしうみ いきいき館」。

うに丼など瀬戸内海の海の幸を堪能できるレストランや、新鮮な魚介類の七輪バーベキューなど地元ならではのグルメも充実しています。

地元で採れた野菜や海鮮物など、特産品も充実。土日には、こちらの名物「じゃこ天」の実演販売もされているので、お土産に購入してみてはいかがでしょうか。

名称 道の駅よしうみ いきいき館
URL こちらから
料金 無料
住所 愛媛県今治市吉海町名4520-2

奥道後温泉

道後温泉は言わずとしれた、四国でも有数の温泉街。

そこから程近い奥道後温泉は、自然豊かな山あいにあります。道後温泉駅から無料送迎バスを出している旅館もあるので、アクセスは簡単です。

奥道後温泉は、美肌をつくると言われるアルカリ性単純硫黄泉で、「美人の湯」としても愛されています。温泉の湧出量も多く、宿では源泉かけ流しが楽しめると人気です。

なかでも「壱湯の守」は、西日本最大級の露天風呂を有しており、その広さはなんと約千畳分。目前には山や渓谷のパノラマビューを堪能できます。温泉と絶景をのんびりと堪能して、エネルギーを充電しましょう。

名称 壱湯の守
URL こちらから
料金 一人旅プラン7,700円~
住所 愛媛県松山市末町267

おすすめ都道府県⑤【鳥取県】自然のスケールの大きさに感動する旅

山陰地方に位置する、鳥取砂丘で有名な鳥取県。

山陰地方の玄関口とも言われる米子市にある「米子鬼太郎空港」は、羽田空港との定期便があり、片道80分と日帰り旅行も十分に可能なエリアです。

浦富海岸や鳥取砂丘を通る全長140km以上の「鳥取うみなみロード」や、なだらかな道が続く全長約18km程の「日野川サイクリングルート」、2022年5月開催予定のワールドマスターズゲームズ2021関西のロードレースのコースになっている「WMGレガシールート」といった本格的なコースがあるなど、自転車旅を堪能できるコースがいくつもあります。

特に「鳥取うみなみロードは」は2020年に整備が完了したばかり。車の交通量も比較的少なく、日本海の美しい風景を眺めながら走れるルートなのでおすすめです。

周辺にはメジャーな観光地が数多くあるため、ひとり旅でも飽きずに十分満喫できるでしょう。

おすすめスポット1:皆生(かいけ)温泉

皆生(かいけ)温泉は、「鳥取うみなみロード」のなだらかな道程に位置し、温泉開発100周年を迎えた温泉街です。

令和3年4月から100周年と101年目のイベントが開催されるなど、大きな盛り上がりを見せています。

皆生温泉の泉質は海に隣接していることもあって、ナトリウムやカルシウム塩化物泉で、いわゆる塩の湯です。保温効果があるほか、美肌の湯としても知られています。

また、目の前が海水浴場になっており、夏は水着を着た状態で旅館から砂浜に出ていくこともできます。

女性に人気の温泉宿「皆生菊乃家」は、日本海を一望できる露天風呂が特徴です。日帰り入浴はできませんが、宿泊して自転車旅の疲れをゆっくり洗い流しましょう。

名称 皆生菊乃家
URL こちらから
料金 1泊素泊まり5,500円~
住所 鳥取県米子市皆生温泉4-29-10

おすすめスポット2:とっとり花回廊

「日野川サイクリングルート」を走るなら、ぜひ立ち寄って欲しいのが、日本最大級のフラワーパーク・とっとり花回廊。

東京ドーム約11個分の広さを誇り、最大の特徴は1周1kmの屋根付き回廊です。

鳥取が誇る大山を一望でき、色とりどりの花々とのコントラストを楽しむことができます。

夏の夜には「ムーンライトフラワーガーデン」と呼ばれる14,000個の灯りでライトアップされた夜間庭園でのイベントが開催され、ロマンティックな景色も堪能できますよ。

名称 とっとり花回廊
URL こちらから
料金 大人1,000円・小中学生500円
住所 鳥取県西伯郡南部町鶴田110

思い切って夏のひとり旅に行ってみよう!

今回は日本でも有数のサイクリングロードを擁する都道府県をご紹介しました。

ひとり旅をするのであれば、気兼ねなく行きたいところに行くのが一番です。

今回紹介した都道府県や観光スポット以外にもひとり旅に適した観光地はたくさんあります。

あなたが行ってみたいと思った場所に、思い切ってひとり旅をしてみましょう。

TABIRIN(たびりん)では、今回取り上げた5つの県を始めとする全国の自転車観光プランを紹介しています。記事を読んで興味を持たれた方は、以下のリンクから記事をご覧ください。

またTABIRINではサイクリングに便利な『旅×自転車情報』を発信しています。

また、地域のコースを『コース・マップ検索』『都道府県検索』で検索できます。是非旅のお供に活用してみてください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー