旅×自転車 記事

静岡県の自転車観光プラン|富士山麓・伊豆半島などを走る5つのコースを紹介

日本列島の中央に位置する静岡県は、毎年1億5,000万人近くの人々が訪れる一大観光地です。

温泉宿が軒を連ねる伊豆半島に、美しい高原地帯が広がる県央部。さらに県西部に広がる浜名湖は、自転車旅にもぴったり。

もちろん、いずれのエリアからでも、晴れていれば霊峰富士を仰ぎ見ることができます。

今回は、そんな「ふじのくに」静岡県の自転車観光プランを紹介します。5つのモデルコースを参考に、旅の計画を立ててみてください。

なお、以下のページでは全国のレンタサイクル情報を掲載しています。

静岡県自転車観光プラン特集をご紹介!

旧東海道を走り浜松城を目指そう!浜松歴史探訪プラン

コース概要 鷲津駅~新居関所(あらいせきしょ)史料館~舞坂宿脇本陣(まいさかしゅくわきほんじん)~浜松城
総距離(Googleマップ測定) 約22km
獲得標高(Googleマップ測定) 約89m
難易度 初心者向け

旧東海道の史跡を辿りながら、浜松城へと向かうショートコースです。歴史が好きな方におすすめです。

JR鷲津(わしづ)駅をスタートし、東海道本線沿いを東に進みます。途中、旧東海道・新居関所跡(あらいせきしょ)に立ち寄ってみましょう。

浜松市に入ると見えてくるのは、お隣・舞坂宿(まいさかしゅく)の遺構です。

終着地の浜松城は、かつて徳川家康が武田家打倒の拠点とした場所。

江戸後期には浜松藩主・水野忠邦も在城していました。近くにある浜松八幡宮は、立身出世のパワースポットとして知られています。

鷲津駅近くのレンタサイクル情報はこちらをご覧ください。


新居関所(あらいせきしょ)跡・新居関所資料館

湖西市にある新居関所(あらいせきしょ)跡は、日本で現存する唯一の関所建物。徳川家康の命を受け、慶長5(1600)年に建てられたものです。

現在、市による建物の復元作業が進んでおり、当時の様子をリアルに体感できます。

関所資料館では特産市などの定期イベントも開催されているので、自転車を降りて立ち寄ってみましょう。

舞坂宿脇本陣(まいさかしゅくわきほんじん)

舞坂宿(まいさかしゅく)は、東海道五十三次のうち、日本橋から数えて30番目にあたる宿です。

脇本陣というのは、本陣の宿が一杯で使えないときに、予備的に泊まる場所のこと。

旧東海道のなかで脇本陣の遺構が存在するのは、ここ舞坂宿だけです。主屋が復元・公開されており、無料で中に入ることができます。

浜松城

浜松城は、永禄11(1568)年に徳川家康が築いた城です。駿河国に攻め込んできた武田信玄を迎え討つべく、家康はここ三方ヶ原に拠点を置きました。

なお、後に信玄に敗北を喫した「三方ヶ原の戦い」は、城から北に10kmほど進んだ場所で行われています。

家康が城を移った後は、江戸時代を通して25人の大名たちが浜松城を継ぎました。

その多くが幕府に重用されたことから、浜松城は「出世城」の異名も持ちます。

歴代城主たちに思いを馳せつつ、天守閣から浜松市内を眺望してみましょう。

海の幸と海景を堪能しよう!駿河湾プラン

コース概要 静岡駅~久能山(くのうざん)東照宮~清水魚市場河岸の市~三保松原(みほのまつばら)
総距離(Googleマップ測定) 約30km
獲得標高(Googleマップ測定) 約113m
難易度 初心者向け

JR静岡駅をスタートしたら、県下有数の名所・久野山(くのうざん)東照宮を訪れましょう。将軍・徳川家康が眠る神社であり、出世運や上昇運のご利益があるとされています。

ランチにおすすめの場所は清水魚市場。隣接する河岸の市にはたくさんの食堂が軒を連ねており、新鮮なマグロや海鮮丼など、贅沢な海の幸が味わえます。

パワーを充電してから、目的地の三保の松原に向かいましょう。

富士の歴史を構成する地として、世界文化遺産にも登録された場所です。眼前の波しぶきと富士山に、日本の原風景を感じることが出来るでしょう。

久能山(くのうざん)東照宮

久能山(くのうざん)東照宮は、江戸幕府の初代将軍・徳川家康を祀る神社です。

東照宮というと、栃木県の日光市にある日光東照宮が有名かもしれません。しかしながら、本家本元はここ久能山にあります。

国宝にあたる社殿は、極彩色、総漆喰、権現造(石の間造り)を特徴としており、近世初期の名建築に数え上げられます。

ちなみに、久能山東照宮の神宝とされる洋時計は、慶長16(1611)年にスペイン国王フェリぺ3世から贈られたもの。

幕府による日西外交の象徴として、あるいは日本最古のゼンマイ式時打付時計(時刻を鳴らす時計)として、非常に貴重な品です。

清水魚市場河岸の市

清水港といえば、神戸・長崎と並ぶ日本三大美港のひとつ。

水揚げ量日本一を誇るマグロをはじめ、桜エビやシラスなどの魚介類が集まります。

そんな清水港の台所にあたるのが、ここ清水魚市場です。

建物内には鮮魚店やとれたての魚介を使った海鮮丼を提供する食事処など、およそ30店舗が立ち並び、年間100万人以上が訪れています。

三保松原(みほのまつばら)

三保松原(みほのまつばら)は、清水港からすぐ近く(水上バスあり)、小さく突き出た三保半島に位置します。

日本でも有数の景勝地であるほか、2013年に富士山が世界遺産に名乗りを上げた際は、その構成遺産として三保松原も登録されました。

また、三保松原には「羽衣伝説」の地としても知られます。

かつて天女が衣をかけたとされる「羽衣の松」は、代替わりを経つつも現存。付近には自転車道も整備されており、景観を楽しみながら三保半島を一周できます。

遊覧船に乗ってお手軽ハマイチ!浜名湖プラン

コース概要 鷲津駅~浜名湖ガーデンパーク~舘山寺(かんざんじ)温泉~浜名湖遊覧船~みっかび瀬戸港~鷲津駅
総距離(Googleマップ測定) 約30km
獲得標高(Googleマップ測定) 約67m
難易度 初心者向け

浜名湖一周サイクリング、通称「ハマイチ」をアレンジしたプランです。

浜名湖一周は70km弱なので、初心者でも完走できない距離ではありません。とはいえ、旅を楽しむためにはゆとりも必要です。

観光名所を巡るなら、ぜひ遊覧船によるクルーズを取り入れてみてください。三ケ日と館山寺をつなぐ航路を使えば、走行距離を約30㎞にショートカットできます。

寄り道をするなら、四季折々の花が咲く浜名湖ガーデンパークや、日帰りで入浴できる舘山寺温泉がおすすめ。もちろん、浜名湖名物のうなぎも各所で堪能できますよ。

鷲津駅近くのレンタサイクル情報はこちらをご覧ください。


浜名湖ガーデンパーク

浜名湖の東に位置する公園です。春にはフジやナノハナ、初夏にはバラやアジサイ…と、一年を通して色とりどりの花が咲き誇ります。

園内には花壇だけでなく展望塔やこども広場まであるため、年齢を問わずに楽しめるのも魅力のひとつ。お腹が空いたら、食事処で名物のうなぎ丼が味わえます。

プリザーブドフラワーなどの体験教室も定期開催されているので、訪れる際は事前にホームページをチェックしてみましょう。

舘山寺(かんざんじ)温泉

浜名湖北東部に位置する舘山寺(かんざんじ)温泉は60年以上の歴史を誇り、その湯は神経痛やリュウマチに効能があるとされます。

もちろん一泊しても良いのですが、先を急いでいる方は日帰り温泉を利用しましょう。おおむね1,000円前後の入浴料金で、気持ちよくひと風呂を浴びることができます。

浜名湖遊覧船

舘山寺の港からは、浜名湖遊覧船が定期運行しています。浜名湖を横断する瀬戸航路なら、自転車の積載も予約なしで可能。湖西の三ケ日港までは片道約30分で到着します。

湖上からの眺めは素晴らしいの一言です。サイクリングとクルージングを組み合わせることで、「ハマイチ」とは違った魅力が引き出せるでしょう。

伊豆の山水でヒルクライムを満喫!修善寺温泉プラン

コース概要 伊豆高原駅~筏場(いかだば)のわさび田~浄蓮(じょうれん)の滝~修善寺温泉
総距離(Googleマップ測定) 約51km
獲得標高(Googleマップ測定) 約1,000m
難易度 中級者~上級者向け

次に紹介するのは伊豆半島を走るプランです。スタート地点は伊豆急行線・伊豆高原駅。なお、伊豆急行線はサイクルトレインが定期運行しており、自転車をそのまま車内へと持ち込めます。

筏場(いかだば)のわさび田や、浄蓮(じょうれん)の滝などの景勝地を経由。多少のアップダウンを含むものの、伊豆半島の大自然が凝縮されたコースは走りがいがあります。

目的地の修善寺温泉に到着したら、疲れた体をゆっくり癒しましょう。最寄りの駿豆線・修善寺駅からもサイクルトレインが運行しているので、帰路を心配する必要もありません。

伊豆高原駅近くのレンタサイクル情報はこちらをご覧ください。


筏場(いかだば)のわさび田

伊豆は伝統的にわさびの生産が盛んです。ここ筏場(いかだば)のわさび田では、東京ドーム3個分ほどの敷地に、約1,500枚の棚田が広がっています。

青々とした落葉樹に囲まれながら、耳をそばだてると聞こえてくる清流のせせらぎ。日本の原風景と呼ぶにふさわしい場所です。

運が良ければ、実際にわさび農家が作業している様子を見学できます。近くにはお土産屋さんがあり、お土産のわさびが購入できるほか、収穫体験できるチャンスもありますよ。

浄蓮(じょうれん)の滝
画像出典元:伊豆市観光情報サイトより

自転車で伊豆を訪れたのであれば、ぜひ天城峠(あまぎとうげ)を目指してみましょう。

演歌「天城越え」で知られるほか、川端康成の小説「伊豆の踊子」の冒頭も、この天城の情景から始まります。

途中に見える浄蓮(じょうれん)の滝は、高さ25m、幅7m、滝つぼの深さ15mの名瀑です。

周囲を断崖と木々に阻まれているものの、近くの展望デッキから神秘的な光景を見ることができます。

修善寺温泉

無事に天城の峠を越えたら、ゴールに待ち受けるのは修善寺温泉です。伊豆半島の中でも最古の温泉であり、その発祥は1,000年以上も前にさかのぼります。

修善寺に参拝するもよし、美味しい蕎麦を食べるもよし。自転車を降りて、穏やかなひと時を楽しみましょう。

温泉街の中心部にある「独鈷の湯」(とっこのゆ)は、かつて弘法大師が岩を砕き、湧出させたという言い伝えを残す場所。修善寺温泉のシンボルとして愛されています。

東京五輪のタフなコースを実走!富士山麓プラン

コース概要 御殿場駅~忠ちゃん(ちゅうちゃん)牧場~富士裾野(ふじすその)ビクトリーロード~富士山資料館
総距離(Googleマップ測定) 約40km
獲得標高(Googleマップ測定) 約585m
難易度 中級者~上級者向け

東京オリンピックの男子自転車ロードレースは、東京都調布市を出発し、富士山麓を周回するコースで争われます。

全長約234kmの過酷なコースレイアウトのうち、麓の区間をほんの少しだけ実走してみましょう。

JR御殿場駅を出発し、469号線を西へ進むと、広大な忠ちゃん(ちゅうちゃん)牧場に到着。名物のジンギスカン焼きやソフトクリームで腹ごしらえができます。

エネルギーを充填し終えたら、オリンピック開催を記念して名付けられた「富士裾野(ふじすその)ビクトリーロード」を走ります。

ゴールの富士山資料館で、富士山の歴史や地域文化を学んでください。

御殿場駅近くのレンタサイクル情報はこちらをご覧ください。


忠ちゃん(ちゅうちゃん)牧場
画像出典元:裾野市公式ウェブサイトより

御殿場駅から約15km、標高800mの富士山麓に、面積6万㎡の牧場が広がっています。

名物のジンギスカン焼は、自家製ダレが効いているともっぱらの評判。夏場はソフトクリームが最高です。

なお、すぐ近くには自然動物公園「富士サファリパーク」も位置しています。家族で訪れたときは立ち寄ってみるのもおすすめです。

富士裾野(ふじすその)ビクトリーロード

裾野市の市道4155線、通称「富士裾野(ふじすその)ビクトリーロード」です。東京オリンピック自転車競技ロードレース(男子)のコースに含まれることから、「ビクトリーロード」の愛称が付けられました。

なお、その先の「富士エバーグリーンライン」は有料道となっており、自転車の乗り入れはできません。とはいえ、ほんの少し道を駆け上がるだけで、レースの過酷さが伝わるはずです。

富士山資料館
画像出典元:裾野市公式ウェブサイトより

「富士裾野ビクトリーロード」のすぐそばには、富士の歴史や文化を伝える「富士山資料館」があります。

常設企画展のほか、シーズンごとの特別展や、野鳥観察会などの講座も開かれています。

富士山の撮影スポットでもあるので、記念写真を収めておきましょう。

サイクリングだからこそ発見できる静岡県の魅力

温暖な静岡県は、一年を通してサイクリングが楽しめる場所です。山や湖、海などの豊かな風景は観光客を飽きさせません。

県の観光サイトでは、訪れる目的や地域に合わせて、さまざまな観光名所を紹介しています。記事内で取り上げたモデルコースも参考にしつつ、あなたらしい旅の計画を立ててみましょう。

なお、TABIRINでは静岡県の他にも全国各地の自転車観光プランを紹介しています。興味を持たれた方は、ぜひ以下のリンクから記事をご覧ください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー