旅×自転車 記事

【埼玉県】本庄地域(本庄市・美里町・神川町・上里町)を自転車でデイトリップ! 

埼玉県最北端に位置する本庄地域(本庄市・美里町・神川町・上里町)。豊かな自然に恵まれ、いにしえの古墳から古戦場や城跡、見応えのある近代建築まで、歴史的な見どころも多いエリアです。

この度、エリア内のおすすめスポットを巡る6ルートのサイクリングガイド『デイトリップbyペダル』が完成! 4月より現地配布が始まりました。

https://tabi-rin.com/archives/map/53808

本庄地域ってこんなところ

初心者から上級者まで楽しめる多彩なサイクリングルート

本庄市・美里町・神川町・上里町の1市3町からなる本庄地域は埼玉県の最北端。群馬県との県境には利根川が流れ、サイクリストの皆さんならよくご存知の「利根川自転車道」の一部にもなっています。また両岸に桜並木が連なる「こだま千本桜」の「小山川河川敷」、神秘的な緑色の人造ダム湖「神流湖」を目指すヒルクライムルートなど、ポタリングを楽しむ初心者ルートからヒルクライムチャレンジルートまで、幅広いサイクリングが楽しめます。

太古の遺跡から洗練された街並みまで、歴史を携えながら進化するまち

エリア内からは2万年前の旧石器が出土し、中山道の宿場町として栄えた歴史を今に伝える蔵や建物も数多く残る本庄地域。古き良き日本の原風景を宿す穏やかな風景や上越新幹線・本庄早稲田駅周辺に整備された新しい街並みなど、様々なまちの表情に出会えるのもこの地域の大きな魅力です。

地元食材をふんだんに使った料理も堪能

豊かな自然に恵まれた本庄地域は県内でも有数の野菜や果物の生産地。今回紹介するルート上にも複数の農産物直売所があり、新鮮な野菜や加工品などが購入できます。多くの飲食店では地元産の野菜を取り入れたメニューや地元に伝わる郷土料理を提供。古民家や蔵を活用したレストランやカフェで一息つくのもおすすめです。

バラエティにとんだサイクリングルートは全6ルート

今回ご紹介するのは次の6ルート。初心者でも楽しめる短いルートから上級者向けのロングライドまで、幅広いラインナップがそろっています。

①児玉郡市広域周遊ルート(1市3町ルート)

全長約62km ルートの難易度★★★☆

②中山道の宿場町、本庄ルート(本庄市ルート)

全長約19km ルートの難易度★☆☆☆

③児玉の原風景を回るルート(本庄市ルート)

全長約12km ルートの難易度★★☆☆

④ブルーベリーと遺跡の里みさと漫遊ルート(美里町ルート)

全長約20kmルートの難易度★★☆☆

⑤山あり!川あり!ダム湖あり!神川チャレンジルート(神川町ルート)

全長約44km ルートの難易度★★★★

⑥上里歴史巡りルート(上里町ルート)

全長約14km ルートの難易度★☆☆☆

そこで今回はアイアンマントライアスロンにも出場するmizuさん@mzk_cyc、旅とヨガを愛するyukoさん@yuko_s_worldyogaのおふたりと一緒に、それぞれのルートの見どころをご紹介します。

①児玉郡市広域周遊ルート

(全長約62km 難易度★★★) 1市3町ルート

本庄市・美里町・神川町・上里町の1市3町をぐるっと一周、本庄地域の魅力がギュッとつまった約62km。本庄駅南口からスタートし、小山川河川敷を経由。春には約1100本の桜が咲き誇る「こだま千本桜」は圧巻です。

ルートのハイライトは中盤、小山川沿いから杉ノ峠までの連続カーブ。上級者でも走りがいのあるルートです。

この日、mizuさん@mzk_cycがランチに訪れたのは「ふれあいの里いずみ亭」。地元で採れたそばの実を乾燥、製粉からそば打ちまで全て自家で行う本格そばの店です。店内奥には景色の良いカウンター席。ひとりでも気兼ねなく、香り豊かな手打ちそばを堪能できる特等席です。また、店頭では地元野菜や手作り雑貨などを販売しています。

ルート後半にはお土産探しや軽食、水分補給にトイレ休憩など、幅広い用途で利用できる「関越自動車道・上里SA」に立ち寄ります。このサービスエリアは徒歩でも施設利用が可能。自転車の持ち込みはできませんので通用口の手前にあるラックに置いて入場してください。

そしてルート終盤には「利根川自転車道」に接続。真っ直ぐに開けた土手上は見晴らしも良く、フィナーレを飾るのに最適なライド。全長約62km、変化にとんだロングライドを締めくくります。

  • 実際のルートはこちらをチェック!
②中山道の宿場町、本庄ルート

(全長約19km 難易度★☆☆☆) 本庄市ルート

かつて中山道の宿場町として大いに栄えた本庄エリア。このルートではエリアに点在する蔵や商家、産業遺構などを探しながら、のんびりとサイクリングを楽しみます。標高差も少なく、初心者でも走りやすいルートです。

序盤に立ち寄る「マリーゴールドの丘公園」はその名の通り、秋にマリーゴールドが咲き誇る公園。春には芝桜、夏にはひまわりやアジサイ、冬にはイルミネーションが、四季折々に公園を彩ります。公園は小高い丘の上にあり、本庄の街並みを一望できる展望スポット。天気が良ければ赤城や榛名、妙義の上毛三山や、男体山、浅間山なども望めます。

このルートの目玉は、明治時代に本庄の産業や暮らしを支えた歴史的建造物の数々。「旧本庄警察署」や「旧本庄商業銀行煉瓦倉庫」など、見応えのある文化財を巡ります。

この日のランチは明治22年築の味噌・醤油蔵をリノベーションしたカフェ「cafe NINOKURA」へ。体に優しいメニューが並び、ヘルシー志向のyukoさん@yuko_s_worldyogaはとても気に入った様子。居心地が良くてついのんびりしてしまいます。

このルートのテーマは「写真」。マリーゴールドの丘公園のほかにも、桜の「若泉第一・第二公園」、「ぼたん寺(立岩寺)」などの花の名所も多いエリアです。また、歴史的価値の高い建造物もフォトジェニック! ぜひカメラを持って“街ポタ”してみてください。

  • 実際のルートはこちらをチェック!
③児玉の原風景を回るルート

(全長約12km 難易度★★☆☆) 本庄市ルート

江戸時代後期に活躍した盲目の国学者・塙保己一は本庄市の児玉エリア出身。このルートでは街の人々が今も敬愛してやまない保己一ゆかりの地を巡ります。

また、この辺りは明治時代から昭和にかけて養蚕業で栄えたエリア。その象徴が明治27年(1984)に建設され、蚕室と飼育法の手本として、近代日本の養蚕業の発展に大きく貢献した「競進社模範蚕室」。当時の蚕室の様子を見学できる貴重な絹産業遺産です。

養蚕を営んでいた家には、屋根の上に温度や湿度を管理する「高窓」が設置されたものもあり、ルート上には「高窓の里」と呼ばれる家並みも見られます。のどかな風景に溶け込むように並ぶ高窓の家は、まるで映画の世界に紛れ込んだよう。まさに古き良き日本の原風景です。

ルートに上に一部、急な坂道がありますが、穏やかな風景を楽しみながらのんびりいきましょう。

  • 実際のルートはこちらをチェック!
④ブルーベリーと遺跡の里みさと漫遊ルート

(全長約20km 難易度★★☆☆) 美里町ルート

約40haという広大な植栽面積を誇る美里町のブルーベリー農園。6月下旬~8月下旬には町内約20の観光農園で摘み取り体験が楽しめます。ルート上にも複数の農園があるので、時間があればぜひ立ち寄ってみて。オフシーズンならジャムやジュースなどの加工品をお土産に。

また、美里町は旧石器時代から古代、中世にいたるまでの多くの遺跡や古墳が点在する遺跡の町でもあります。グラウンドやテニスコートなど、多数の施設で構成された遺跡の森総合公園の一角にあるのが「遺跡の森館」。展示棟では町内で出土した文化財を展示。町のシンボルともいえる施設です。

ルート南端の円良田地区はあんずの里。「円良田物産センター」ではあんずアイスなども販売しています。

ルートからは正面に浅間山や榛名山、赤城山などが見えるスポットもあり、爽快なライドが楽しめます。ただし急な上り坂や砂利道、踏切などもあるので気をつけて走行しましょう。

  • 実際のルートはこちらをチェック!
⑤山あり!川あり!ダム湖あり!神川チャレンジルート

(全長約44km 難易度★★★★) 神川町ルート

今回の6ルートの中で最も上級者向けのルートがこちら。「道の駅オアシス神川ありの実」を起点に、神山中腹にある標高約500mの「城峯公園」を目指します。ルートは神流川に沿って進みます。途中、mizuさん@mzk_cycが休憩に立ち寄ったのは「ヤマキ醸造」。100年の歴史を誇る味噌や醤油、豆腐の老舗です。

直売と喫茶「糀庵」でmizuさん@mzk_cycが手にしているのは甘塩っぱい味噌ソフトクリーム。ヒルクライムを前にエネルギーをチャージ!

売店では、醤油や味噌をはじめ、お土産も販売していました。

店を後にするといよいよこのルートのハイライトに向かいます。急な上り坂を漕ぎ続けていると、突然現れたのは「神流湖」。下久保ダムによってできた人造湖です。美しいエメラルド色をした湖面は息を飲む美しさ。しばらくそのままダム沿いを走り、「城峯公園」に向かいます。ここからはノンストップの上り坂、ハードな道のりが続きますがいよいよ目的地・城峯公園に到着。先ほど見た神流湖を眼下に見下ろす展望台もあります。園内は冬桜の名所。10月下旬から12月上旬にかけ、真っ赤に染まった紅葉と薄桃色の八重桜が美しいハーモニーを見せてくれます。

傾斜のきつい山道が続く走りごたえのあるルートですが、途中交通量の多い場所も経由します。走行には十分に気をつけましょう。

  • 実際のルートはこちらをチェック!
⑥上里歴史巡りルート

(全長約14km 難易度★) 上里町ルート

縄文時代の石器や古墳時代からの多くの土器が出土している上里町。また古刹に遺る文化財や古戦場跡など、歴史的価値の高い文化財が数多く残されています。このルートでは、上里町の歴史をテーマに走ります。

町内には数多くの古墳が点在していますが、小さな古墳がまとまって作られた「古墳群」として形成されています。ルート上にもこんもりとした盛土のような古墳がありますので注意して見てみてください。

社伝によると和銅4年(711)に創祀されたという「池上神社」。元弘年間(1331~34)に新田義貞が金窪城の鬼門除けとして再建したといいます。参道は緑に囲まれた古社らしい佇まいです。

いにしえから刻まれてきた歴史のある上里町ですが、新しい歴史も刻み続けています。関越自動車道・上里サービスエリア周辺に新しく開発された「このはなパーク上里」はスイーツや煎餅の直売所、レストランやイチゴ狩りもできるエリア。南欧のような華やかな雰囲気に、yukoさん@yuko_s_worldyogaも思わずパシャリ!

標高差は約20mと、6ルートの中で一番平坦なルート。全長も約14kmと短いので初心者でも無理なく楽しむことができるルートです。

  • 実際のルートはこちらをチェック!

本庄地域(本庄市・美里町・神川町・上里町)のサイクリングルートいかがでしたか?
テーマも様々、サイクリング初級者から上級者まで楽しめるルートが揃っています。
さあ、あなたも今度の週末、自転車で本庄地域をデイトリップしませんか?

マップはこちら

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー