旅×自転車 記事

【2021年】富士ヒルクライムとは?初心者のための完走ガイド

自転車レースが開催される季節になってくると、こんな思いが芽生えていませんか?

「ちょっと実力がついてきたから試しにレースに出てみたいな」

「レースに参加したいけど、初心者でも完走できるイベントはないかな」

そんなサイクリング初心者の方におすすめのサイクルイベントが富士ヒルクライムです。

この記事では富士ヒルクライムがどんな大会なのか、初心者でも本当に完走できるのか、エントリーの方法などを解説します。

近々開催されるイベントについてはこちらの記事からご覧ください。

富士ヒルクライムとは?

画像出典元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより

富士ヒルクライムは、毎年6月に世界遺産・富士山で開催されるサイクリングイベント。

世界遺産・富士山のふもとから五合目までを結ぶ富士スバルラインを駆け上がるという、毎年1万人近くのサイクリストが参加する大人気のイベントです。

富士山と聞くと過酷なレースだと思われがちですが、実は初心者の方でも楽しめるヒルクライムコースとなっています。

富士山を望みながらのサイクリング!

富士ヒルクライムの魅力はなんといっても世界遺産にも登録された富士山を走る気持ち良さです。

富士山の壮大な景色とコース後半から見える南アルプス山脈の大自然は圧巻!

大会参加料の3%は富士山の保安活動に寄付される、環境に優しいサイクルイベントでもあります。

サイクルエキスポも開催!

画像出展元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより

レースだけではなく、大会前日にはサイクルエキスポが開催されます。

過去にはジャイアント、スペシャライズドなど大手サイクルメーカーも出展!

当日は自転車の試乗やサイクルグッズの買い物ができるため、大会に参加しない方でも楽しめるイベントになっています。

オンラインイベントも開催!

画像出典元:Amazon商品ページより

今年はオンラインでも富士ヒルクライムが開催されます。

それが「Mt.富士ヒルクライムbyTATTA」です。

スマートフォンのアプリ「TATTA」を使用して、スマートトレーナー (※)を使えば自宅にいても富士ヒルクライムを楽しむことが出来る、バーチャルイベントとなっています。

コロナ禍の現在、遠出を躊躇われている方も是非参加してみてはいかがでしょうか?

※スマートトレーナーとは、ローラー台ひとつでタブレット端末やスマホに繋げることで、ペダルにかかる負荷を自動的に調節できる器具のこと。自転車の後輪をスマートトレーナーに固定し、サイクリングアプリ(TATTA)をインストールしたスマホやタブレット端末などを接続します。すると仮想空間に登場する勾配に合わせて自動で負荷が変わります。詳しい記事は以下からご覧ください。

Mt.富士ヒルクライムbyTATTA
開催期間 2021年5月31日(月)~6月6日(日)
URL こちらから
参加料 3,300円
特典 Mt.富士ヒルクライム参加賞と達成者の中から抽選で3名、翌年のMt.富士ヒルクライム出走権をプレゼント
募集期間 3月1日(月)~5月30日(日)23:59

富士ヒルクライムの開催情報・コース概要

大会名 「富士の国やまなし」第17回Mt.富士ヒルクライム
開催日 2021年6月6日(日)※受付は前日のみ
会場 富士北麓公園(山梨県富士吉田市)
URL こちらから
参加資格 12歳(大会当日の年齢)以上の健康な男女で、本コースを制限時間内で完走できる体力のある方
募集期間 [本大会]
2月12日(金)20:00~3月31日(水)23:59
[3776mチャレンジ]
3月1日(月)12:00~4月11日(日)23:59
[Mt.富士ヒルクライム by TATTA]
3月1日(月)12:00~5月30日(日)23:59

車両条件

使用可能車種 ロードレーサー、クロスバイク、小径車、MTB、軽快車※カゴ、両足スタンドを外すことが条件
使用不可車種 リカンベント、タンデム自転車、ステップ付きのBMX、ピストバイク、電動アシスト自転車

※ヘルメットやグローブは必ず着用義務が定められています。

ここからは富士ヒルクライムのコース情報や参加クラス、アクセスなど、気になる情報を以下で細かく紹介していきます。

富士ヒルクライムのコース概要

画像出展元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより
スタート 富士北麓公園(標高1,035m)
ゴール 富士山5合目
距離 25km
標高差 1,270m
勾配 平均5.2%、最大7.8%
1合目

標高1,405mの富士スバルライン1合目までは急勾配が続く上に距離も長く、第一の難関といわれていますが、大迫力の富士山山頂を間近で見ることができます。

2合目

2合目から3合目の途中の標高1,663mにある樹海台駐車場からは青木ヶ原樹海と河口湖のパノラマが展開されます。

3合目

3合目からは徐々に勾配は緩やかになり、4合目にある第一給水所の大沢駐車場は標高2,018m、南アルプスや八ヶ岳を望むことができます。ここまでくると、ゴールはもうすぐです。

4合目

4合目からの大きく曲がったヘアピンカーブを抜けると、富士山5合目ゴールです。

完走した人しか味わえない、標高2,305mから見下ろす町並みや富士五湖が足元に広がり別世界の大自然の絶景を堪能できます。

富士ヒルクライムは初心者でも大丈夫!

富士ヒルクライムのコース「富士スバルライン」は、勾配が一般のヒルクライムより緩やかで、初心者の方でも参加しやすいコースです。

また総距離25kmに対して、制限時間も3時間10分と長めに設定されていますので、初めての方でもマイペースにゴールを目指すことができます。

フィニッシャーリングでモチベーションUP!

画像出典元:FUNRiDE公式HPより

本格的に表彰台を目指すのは難しい初心者も、目標のタイムを定めてヒルクライムにチャレンジしたいですよね。

そんな参加者のモチベーションをあげるために富士ヒルクライムでは、完走タイムごとにカラーを分けてフィニッシャーリングが授与されます。

完走タイムごとのカラーは以下の通りです。

 

ゴールド 65分(1時間5分)切り
シルバー 75分(1時間15分)切り
ブロンズ 90分(1時間30分)切り
ブルー 完走者全員

初心者でもブロンズは狙える

画像出典元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより

富士ヒルクライムに挑戦する人は、まずはブロンズカラーのフィニッシャーリングの獲得を目指しましょう。

ブロンズカラーの制限タイムは1時間30分ですが、富士ヒルクライムの例年の平均完走タイムは1時間49分と実は大差がありません。

また2017年〜の完走率は98%と、毎年驚異の完走率となっています。

上記の完走タイムと、距離毎のスプリットを参考にブロンズ獲得の計画を立てましょう。

富士ヒルクライムにエントリーしてみよう

画像出展元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより

それでは早速富士ヒルクライムにエントリーしてみましょう。

ここでは富士ヒルクライムへのエントリー方法と注意点を解説します。

富士ヒルクライムのエントリー方法

富士ヒルクライムの参加申し込みはインターネットの公式HPからのみとなっています。余裕を持って、早めのエントリーがおすすめです。

申込期間:2021年2月12日(金)20時00分~3月31日(水)23時59分まで

▼インターネットエントリーはこちらから▼

富士ヒルクライムの参加料/エントリー時の注意点

エントリーには「RUNNET」の無料会員登録が必須になります。(登録はこちらから。)

また富士ヒルクライムでの参加料はエントリーと同時に支払わなくてはいけません。
支払い料金は以下の通りです。

主催者選抜 11,000円
一般の部 (19歳以上) 11,000円
一般の部 (18歳以下) 7,000円

参加料の支払いは、クレジットカード、コンビニ、ATMで可能です。

前日の準備を怠らないように注意!

画像出展元:Mt.富士ヒルクライム公式HPより

無事にエントリーを済ませ、トレーニングを積んだらあとはレースへの準備です。

自分の実力を最大限に発揮するためにも、抜かりのないようにしましょう。

メンテナンス道具はもちろんのこと、以下の物は準備しておいた方が良いでしょう。

  • 冬用ジャケット
  • 冬用長ズボン
  • タオル
  • レース中や終了後の補給食
  • 小銭

富士山5合目は、6月とはいえ晴れていても気温が10℃前後と冷え込みます。

レースで汗をかくと、身体が余計に冷えてしまうのでタオル・防寒具を忘れずに。

またレースを完走するためには、途中のエネルギー補給が重要です。BCAAやクエン酸のゼリー、ジェル系の補給食をレース中に補給することをおすすめします。

今年こそ富士ヒルクライムに参加してみよう!

今回の記事を読んで、富士ヒルクライムに出場することに対してハードルが下がったのではないでしょうか?

今年はオンラインでも実施され、より多くの方が富士ヒルクライムへと参加するでしょう。

是非この機会に富士ヒルクライムに参加してみてはいかがでしょうか?

当メディア・TABIRIN(たびりん)は「旅×自転車」をコンセプトにしたメディアです。

今回ご紹介した富士ヒルクライムの舞台、山梨県はもちろん、全国のサイクリング旅のレポートや記事もありますので、是非ご覧ください。

もしこの記事を読んで旅をしたくなったら…

そんなあなたにはTABIRIN (たびりん)の『都道府県検索』『旅×自転車情報』がおすすめです!

都道府県別のサイクリング情報やコースやマップの情報など、自転車旅に役立つ情報が沢山あるので、今度の旅のお供に、是非活用してみてくださいね!

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー